泣きの一便で...下御岳「ルリビタキ1級~初段」登れた!

2022年11月03日 | ボルダリング
二日続けて下御岳です。
今日は秋晴れの行楽日和ということで、御岳も混むだろうと思って家を早く出ました。
寒山寺駐車場に午前7時45分ころに到着。少しまったりします。そして昨日と同じボルダーへ。
今日は「ルリビタキ1級~初段」をトライしに来ました。出だしは昨日のヒタキマントルと同じで、右のカンテ沿いに登って行くカッコいいラインです。多分、岩を見たら一番最初に見いだせる課題だと思います。
しかし今日は暑かった!東京は最高気温24度になったとか。
この岩はずっと陽が当たるのでホールドが暖まります。ホールドを握っただけで湿気ってしまう状態で、ぬめりまくりでした。出だしからホールドが悪いのでズルズルズルズル。おかげで指皮がどんどん薄くなり、痛いのなんのって...。12時半頃、太陽の傾きで木陰になり、ホールドが少し冷めた時を狙ってトライしましたが、右ガバまであと一手で左手が吹っ飛び、ネコパンチ状態で左手も右手も流血。瀕死状態。(笑)

この場所で偶然にN君ご家族と遭遇しました。もう何年も会っていなかったのでは。ご家族は川原で昼ご飯を食べ、N君だけボルダー参戦。〇〇〇キーは子守かな。まぁしかしN君は強すぎ!ルリビタキ1級~初段、オオルリ初段、オオルリ返し2段をあっという間に登って行きました。しかしなんであんなに体が軽いのだろう。うらやましい限りです。私は毎日酒飲んでるからだめだろうけど...。(笑)

ぬめるホールド、そして流血してた私はすでに諦めかげんでした。N君にも「もうおしまい。」と宣言していました。また次回でいいかと。しかしN君の登りを見て一発奮起。幸い岩も丁度木陰になる時間が長くなって、ホールドもフリクションが少し良くなっている。それじゃぁ泣きの一便だぜ!気合だぜ!
しかし指皮痛くて握るのを頭が拒否してる、しかももうヨレヨレ、ちっくしょう!根性だぜ~。で、やっと登れた・・・。動画だと後半はヨレヨレで恥ずかしいくらいです。でも一日で登れてよかった。ホッ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

下御岳 ヒタキマントル1級

2022年11月02日 | ボルダリング


南川ボルダーへ通っていましたが、
全然できなくて気分転換でやって来ました。
久しぶりの御岳です。
下御岳エリアは初めてです。
最初、ククリヒメ初段のある岩へ行きましたが、
岩の周りはかなりの草で覆われていて、しかも
昨日の雨で湿気っていて、登る気になりませんでした。
早々に撤収して対岸に移動。
ヒタキマントルの岩は遊歩道のすぐ横にあって、
陽が長く当たり、寒い冬はかなり居心地は良いの
かなと思います。今日は暑かったですが…。笑


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ムカつく天気

2022年10月16日 | ベースキャンプ
10月15日土曜日にM君と南川ボルダーへ。
私は莫逆2段をトライしたくて。登れないけど...。笑
M君は寂声初段のRP態勢。
昨日、一昨日と雨だったが、沿岸部より降った雨は少ないので、
一縷の望みを賭けて行ってみました。ただ一週間前の週間天気予報
と真逆になるなんて、ホント、ムカつく天気じゃないの!
途中の道路などは乾いていて、これだったらいけるかもと...。
ところがやはり岩場は濡れていました。山間の沢沿いなので、
乾きも遅いし、湿気も多いのかなぁ。
諦めて、すぐにベースキャンプ飯能店へ。しかし、外ボルダーの
つもりがジムになったせいか、モチベーションが上がらずに、
たいして登れない。3級までしか登れず。いつものように3級おじさん
になったのでした。モチベーションじゃなくて実力だろってか?当たり。(泣)
ただ、M君とのスラブ3級のセッションだけは楽しかったなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

登れた!「寂声 初段」 南川ボルダーA岩

2022年05月04日 | ボルダリング

千と千尋の神隠しに出てきた「カオナシ」に似ていると思うのは私だけかな。笑



前回トライした南川ボルダーA岩の「寂声 初段」が登れちゃったです。

前回のトライから2回ほどA岩へ行くも、染み出しや結露などで登れず。モチベーションもだだ下がりでした。
晴れが続いて次の休みに期待してたら、前日に雨とか前々日あたりに大雨とか。ったく・・・。泣
とても良い間隔で雨降ってましたからね~。(-_-;)
今日も沢の水が乾燥期より増えていて、ほんの少し岩側に流れ込んでいました。岩場に影響はありません。

南川ボルダーA岩はRCTさんが開拓し、anboさんが再整備後、anboさんや和久さんが未登ラインや追加した新ラインをFAしたりしているボルダーです。かなり被っていて、最初見たときにはこんなのできるわけがないと思っていた岩でした。
前回は抜け口手前までムーブが繋がったのですが、最大の核心は抜け口から。今日はその抜け口ムーブのバラシをするつもりでした。抜け口のリップから悪いホールドばかりで、下には斜めってる岩が張り出しています。こんなところで落ちたら大変だ!すごくやばい!

最初はどうしても出来ず、しかもとても怖い!(T_T)
リハーサルして少しずつ高度を上げていきました。やっとのことでムーブをバラシ終わったときにはすでにヨレているし、指皮もほとんど逝っている状態でした。しかも昨日ベースキャンプで長物13aのムーブバラシをしてクタクタになっていたし。笑
本当は次回に期して、これで帰ろうかとも思ったのですが・・・でも、ままよ。やってやるぜ。年寄りをなめんなよ~ってんで、通してのトライを開始。しかし・・・やはりこの課題は私には厳しい。出だしの2手目で何回も落ちる始末でした。弱い自分が情けない。

右手中指にも穴があき、もうダメだと悲壮感が漂う中、今日最後と決めたトライ。
2手目はギリギリ。トラバースひぃ~ひぃ~、指皮ヒリヒリ。そして左指が開き加減なのでリップ取りは一か八か。あら?止まったよ。行くしかねぇじゃねぇか~。左デッド、と、止まった~。一連のムーブで乗りあがる・・・ヨレていて持ち感が全然ダメだ!やばい!左手が抜けそうだ~! は、早く右手をあのホールドへ・・・。でもヨレていて届かない!やばい死ぬ~!額に青筋を立てながら?上のホールドへ手を伸ばす・・・。ホントに落ちて死ぬかと思った。笑

こんな課題は私にはすぐできない。長期戦だと思っていましたが、トライして本当によかったと思います。良い天気、良い連休になったなぁ。
62歳、まだまだがんばりたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「寂声 初段」手強し。南川ボルダーA岩

2022年04月17日 | ボルダリング


できません。(T_T)
フィジカル、度胸、マットが足りない。それじゃあ登れるわけないだろってか。
一手目、二手目と悪い!振られで力尽きる。(泣)
そして最後の抜けはもの凄く怖い。(まだリハーサルしてないけど…。笑 )
とてもおもしろい?課題だと思います。
登れるのかなぁ?手強し!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「寒雷切 初段」登れた! 南川ボルダー(畑井ボルダー)

2022年04月06日 | ボルダリング
「寒雷切」は、anboさんがラインセットしてFAし、岩場はRCTさんが
開拓したものです。RCTのサイト及びYouTubeのanbo vlog を参照して
いただければと思います。
ただ本来、このボルダー(畑井ボルダー)のあるこの川は高麗川で、
RCTさんは南川畑井ボルダー、anboさんは南川ボルダーと記載されています。
南川地区という意味なのでしょう。


しかしまぁ、登れてしまうとは…。しかも一日で…。
寒い時期に、このボルダーを見に来てはいましたが、どっかぶりと
ボルダーチックなムーブ、それと寒さで絶対にできないものと思って
いました。今日も来秋目標でトレーニングとムーブバラシのつもりで
来たのですが、まさかできちゃうとは。
先日の雨で右手のスタートホールドに流れ込みがあったので、雑巾で一生懸命
拭きながらトライ。
一番苦労したのは、3手目を取った後、足を解除した際の振られでした。
振られを止められなくて何回も落ちました。弱い。(泣)
諦めかけていたところ、解除しないで行っちゃったらどうだろうと試した
ところドンピシャ。もっと早く気付けってか。(笑)
しかし指皮が削られてとても痛くヒリヒリで、しかもすでにヨレヨレ。
もうダメと諦めかけましたが、泣きの一便、今日の最後と決めて行った
トライで登ることができました。うれしい!
しかし、最後のスラブはやばかった。笑


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南川、薪ボルダー「静寂」V6、1級

2022年03月14日 | ボルダリング
先週、左足にケガをして登れない(まともに歩けない・・・)状況になっています。
本当は先週末に行きたいボルダーがあったのですが、おあずけ。(泣)

2月27日に登った南川の薪ボルダー「静寂」をアップしました。
薪ボルダーはRCTさんが開拓し、「静寂」は、anboさんがラインセットしFAした課題です。
前にアップした「閑寂 初段」と同じく左からトラバースしてきて、途中から「玉響 2級」登る課題となりますので、
映像的にはみなさん見覚えのあるものとなってしまいます。

薪ボルダー「静寂」V6、1級

南川の薪ボルダーです。

youtube#video

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南川、某ボルダー「桐」2級、他

2022年03月05日 | ボルダリング


このボルダーは、南川をウロウロしていたところ、偶然にも見つけた岩場です。
スケールのある垂壁フェース花岩(仮称)、小粒だがピリッと辛い桐岩(仮称)、その他石灰岩のボルダー等がある岩場となります。岩名は、この地域に合わせたもの(仮称です)としました。



上画像の花岩(仮称)の垂壁フェースのホールドにはコンクリートで固めた様なホールドがありましたので、先人がトライしていたものと思われます。
試登してみると、右の苔だらけの脆そうな所を使わずに上まで行けましたが、最上部辺りのホールドが苔で覆われており、怖くて行けませんでした。掃除しないと…。

私が今回登ったのは桐岩(仮称)で、苔に覆われていたものを掃除して登りました。
傾斜はありませんが、逆層っぽくなっているピリッと辛いフェースを登るものです。
3つ設定しましたが、先人が登られているかどうかはわかりません。
ただ、調べても出てこないので、初登なのかな?(笑)



いずれもSD
ピンク〜「桐」2級くらい。m(__)m
     リーチにより簡単かもしれません。二手目を取ったら上に行かない限定。
黄色〜 「八十五」3級くらい 狭いけど立つ!
緑 〜 「理不尽」3級くらい スタートホールドを下にしてわざと難しくしました。(笑)

YouTube動画
南川ボルダー「八十五」「理不尽」3級

いずれにしても、先に登られている方がおられるのであれば、それに従います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南川ボルダー「玉響」2級

2022年03月01日 | ボルダリング
2月27日に登った「玉響」(たまゆら)です。
出だし核心。
スタートはSDですが、下地が極少量の沢水が流れ込んでいるのか、
ずっと少量の水溜りになっています。
落ちていた枝を何本か橋渡しして、その上にマットを置きスタートしました。

南川ボルダー「玉響」2級

玉響(たまゆら)

youtube#video

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南川ボルダー 「閑寂」初段、他3本登れた!

2022年02月27日 | ボルダリング


先日記事に載せた「斜光 2級」の薪ボルダーへ再び行ってきました。
この岩場はRCTさんが開拓し、anboさん、和久さんが追加ラインセットした岩場です。
寒い場所なので今日の暖かさを待ち、満を持しての再訪問です。
私の最初の思惑は、1つでも登れれば良いくらいに思っていましたが
既存の課題の4つが登れてしまいました。自分でも驚きです。
じじぃが今だ伸びてるのか…?(笑)
登れたのは、

玉響(たまゆら) 2級
響銅八重鋺(さはりやえまり)1〜2級
静寂(しじま)V6、1級
閑寂 和久旭さんFAです。初段くらいとのこと。
   是非、初段でお願いします。
   閑寂は第2登なのかな〜?

南川ボルダー「閑寂」初段


この岩場は高さもほどほどで、私にはとても良い岩場でした。
しかし、響銅八重鋺辺りのフェースは、少々脆いので気をつけたほうが
良いと思われます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする