市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

晩秋の山野草達

2018-11-05 06:54:20 | 野草
 秋も深まってきて山野草達が時々やってくる厳寒に耐えながら花を咲かせている。 

 数週間前のイヌコウジュ。
 

 今はナギナタコウジュ。どちらも香りが強い。この香りをいい香りと感じるか嫌な匂いと感じるかは微妙なところ。
 

 薄紫色のノコンギク?
 

 真っ白のノコンギク?
 

 ヒメジョオン?
 

 コウヤボウキ。いつも同じ場所に現れる。この花を見ずに冬は迎えれない。精巧な紙細工のような花にいつも感心する。
 

 ホソバハグマかいな。いつも調べるがびしっと決まらない。
 

 そろそろ山の花は終わりかな。次は春を待つしかない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ホヲキノタ山の様子 | トップ | 竜馬ヶ岳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野草」カテゴリの最新記事