市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

ナンバン

2018-12-01 07:28:55 | 山菜
 先日、千頭へ行ったときに、土産物店で売っていたのでいつものように購入。ナンバン(青唐辛子)。めちゃ辛いけど。癖になる。

 みじん切りにして、味噌と和えて、砂糖とみりんで味付け。ご飯によく合う。
 みじん切りをそのまま瓶詰保存。ラーメンに入れたり、野菜炒めに入れたり、カレーに入れたり。とにかく激辛になる。
 

 寒い時にはちょっと入れるだけで、額から汗が出て、全身がポカポカ。暖房食品じゃわい。

 数十本入って¥100也。価値ある一品だ。

 歳とると刺激のあるものが欲しくなる。でも身体に悪いかな。


  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オラの山の紅葉 | トップ | 2重傘を差している富士山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山菜」カテゴリの最新記事