市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

オラの山の紅葉

2018-11-30 06:27:50 | 里山
 標高605mのホヲキノタ山のモミジ、この地に移植して8年ぐらいになるだろうか、1mぐらいだったのが、今は立派な木になった。東向きの葉から順に紅葉している。
 

 ブルーベリーも一部紅葉している。
 

 ダンコウバイやコアジサイは黄葉が終わり始めて、枯れ葉となり、散り始めた。

 山はだんだん寂しくなっていく。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 家山林道の紅葉 | トップ | ナンバン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

里山」カテゴリの最新記事