市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

ホヲキノタ山の様子

2018-11-04 07:06:27 | 
 2週間ぶりのホヲキノタ山、畑の中にニホンカモシカが侵入した様子。防獣ネットがつぶれていた。でも、食べられて困る野菜は少ない。

 私道の入り口はアナグマらしき痕跡が。
 

 早朝の気温は10℃を下回っている。
 

 ツクツクボウシかな、虫の息。まだ生きてはいた。急に冬が来てちゃんと子孫が残せたかいな。
 

 草木は色づき始めている。
 
 

 冬はもうすぐだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鳴沢の道の駅 | トップ | 晩秋の山野草達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事