ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イーグル・アイ(映画)

2008-10-27 04:26:12 | 映画
(C) 2008 DREAMWORKS LLC. All Rights Reserved.

今回の記事は『イーグル・アイ』(2008年、監督:D・J・カルーソー)です。
面識のない二人が謎の女性から脅迫めいた指示を受け、行動させられる破目に。この女性は二人の全てをリアルタイムで監視している!?
シャイア・ラブーフ主演作。今回のシャイア君は頼りないイメージがない!!

■内容紹介 ※goo映画より
「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」
それは突然かかってきた1本の電話。
その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。
謎の女性からの電話により引き合わされた二人はまったく面識のない男女。
彼女は秒単位で二人に指示を出してくる。
FBIに追われる自体に追い込まれ、愛する者を奪うと脅迫された二人は理由も分からぬまま指示に従うよりなかった。
そんな二人の行動はリアルタイムで彼女に把握されていた。
全てを知る彼女の目的と正体とは……?

全ては見られている。

イーグル・アイ

イーグル・アイ


■感想
この映画、予告編の段階では『ウォンテッド』とイメージが被っていたのですが、まったく別物の映画でした。
作風がまるで違う。
ウォンテッドはかなり型破りな新世代アクション・ムービーだったのに対し、この『イーグル・アイ』は王道を行くような正統な映画だった。
イーグル・アイはアクションの目玉のひとつとして激しい激しいカー・チェイスがあります。
これは奇抜ではなく純粋に激しいアクションシーンです。
また、国家の陰謀を匂わせつつ、向かっていくストーリーの先は、いかにも愛国心溢れるアメリカらしいテイストでした。
展開はかなりサスペンス色が強く、面白く見れました。アクションシーンも純粋に見入ってしまいます。
主人公はシングルマザーと青年という少し不思議な組み合わせ。
ラブラブにはならないけれど、少しずつ深まっていく二人の絆のドラマは見ていて気持ち良かったです。
この二人、最後にはどうなってしまうのか? それは見てのお楽しみです。

今回の主役のひとりを演じるのは、シャイア・ラブーフ。
最近、何かと目にするシャイア君、意外といろんな映画にひっぱりだこなのかも。
僕の中ではシャイア・ラブーフはどこか頼りないイメージがありました。
『トランスフォーマー』から始まり、『インディ・ジョーンズ4』までしっかり張り付いていたイメージでした。
それが今回、シャイア君、頼りなくないぞ!
たくましくもなかったけれど、頼りなくもなかった!
おお、一皮むけたのかも。
そんなシャイア君をぜひ見てやってください!

最後に総評を。
『イーグル・アイ』は、ふつうに面白かった映画です。
あくまでも、「ふつうに」であり、「すごく」はつきません。
この映画に対し、不満を抱く人はきっといないでしょう。
万人受けはしそう。
けれど大満足とまで感じた人も少ない気がする。
確実に平均点の上はいっているのだけれど、何かが物足りない。
そんな映画でした。
まあ、映画館で観て損はない映画です。

映画データ
題名イーグル・アイ
製作年/製作国2008年/アメリカ
ジャンルアクション/ドラマ/サスペンス
監督D・J・カルーソー
出演者シャイア・ラブーフ
ミシェル・モナハン
ロザリオ・ドーソン
マイケル・チクリス
アンソニー・マッキー
ビリー・ボブ・ソーントン
イーサン・エンブリー
アンソニー・アジジ
キャメロン・ボイス、他
メモ・特記製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ
おすすめ度★★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒イーグル・アイ - goo 映画

■TrackBack Center(他の人の感想を見たい人はココで)
+⇒「イーグル・アイ」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« アルカナ途中報告 | トップ | 20世紀少年 第1章(映画) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
評価 (萩 ますび)
2008-10-29 00:42:49
厳しい評価ですね
宣伝を観る限りでは
面白そうだけど
「特別」ではないのですね
うーんどうしようかな観るのやめようかな・・・
ich-kaさんの評価はいつも適格ですしね
しっかしシャイアくん凄い活躍ですね
公私ともにと言っておきましょう
ますびさんへ (ichi-ka)
2008-10-30 05:49:58
コメントありがとうございます。
それほど厳しく書いたつもりはないんですが、確かに最後の総評を読むとそんなイメージを受けそうな内容になってますね。これはちょっと反省しないとな…。
『イーグル・アイ』ですが、つまらない映画では決してありません。観て損はないので機会があったら是非に。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

「イーグル・アイ」“オチ”はイマイチ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。予告編はとっても面白かった(まあ、意地の悪いこと(^^;)、「イーグル・アイ」(角川映画/角川エンタテインメント)。聞くところによるとスピ様は、10年前からこの企画を温めていたとのこと。う~ん、その気になればもっと早く...
イーグル・アイ (Movies 1-800)
Eagle Eye (2008年) 監督:D・J・カルーソ 出演:シャイア・ラブーフ、ミッシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン 見知らぬ女からの電話で指示に従うよう強要された男女が、理由もわからないままテロ犯罪に巻き込まれていく様子を描いたサスペ...
【映画】イーグル・アイ (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編が面白そうだったので ▼感想 手塚なら手塚と先に言ってくんないと・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ アリアという謎の女性の電話で引き合わされた互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事...