ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交渉人 THE MOVIE(映画)

2010-03-14 21:14:00 | 映画
(C)2010「交渉人 THE MOVIE」製作委員会

今回の記事は『交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦』(2010年、監督:松田秀知)です。
米倉涼子主演の人気TVドラマの映画版特別編。
コミカル要素を交えつつも緊迫したサスペンス・ドラマがなかなか面白かった。
個人的にはクールな悪役を演じている反町隆史さんがかっこ良かった。

■内容紹介 ※goo映画より
2億6,000万円が現金輸送車から強奪される事件が発生。
犯人は人質をとりショッピングモールに立てこもった。
捜査一課特殊捜査班の宇佐木玲子は犯人との交渉に入るが、交渉は一方的に打ち切られ、その後モールは爆発してしまう。
その数週間後、玲子は羽田空港で、先の事件で人質になっていた木元祐介を見かける。
彼の行動を不審に感じた玲子は祐介の乗る飛行機に同乗。
するとその飛行機はハイジャックされてしまい……。

乗員・乗客159人の命を守る──
それが最後の任務。


交渉人 THE MOVIE

交渉人 THE MOVIE


■感想
映画『交渉人 THE MOVIE~』を観て来ました。
TVドラマ・交渉人は第1期も2期も観ていたのですが、結局ドラマのレビューは書かずじまい。
けど、映画のレビューは書きます。

交渉人は米倉涼子さんが主演の心理サスペンスドラマ。
緊迫感溢れるサスペンスあり、刑事ドラマ風の熱血あり、クスリとくるコミカルあり、時にアクションもあり。
テレビドラマ版の交渉人はドラマとして面白かったので、もし観たことない方はレンタルでも何でも良いので観てもらいたいオススメのドラマです。

映画は時系列的にはTVドラマ第2期の後の話という位置付けですが、厳密にドラマの続編という内容ではありません。
映画の物語はそれ1本で完結している特別編といった感じです。
なのでドラマを見ていない人がいきなり観ても楽しめる内容だったと思います。
(もちろんドラマ見てからの方が格段に楽しめますが…)

交渉人の主人公・宇佐木玲子を演じている米倉涼子さんは、もうすっかりクール・ビューティー女優さんとして板についたなーという印象。
目がパッチリしていて可愛い感じの人なのにこうもかっこいい役が似合ってしまうとは。
胸元ががばっと開いた服なのにやらしい感じは出てなく、むしろかっこ良く思えてきます。
優秀だけどどこか隙もあり、厳しい性格だけど女性らしい優しさも持ってる宇佐木玲子は、ホントに米倉さんの当たり役だなと思います。

陣内孝則さんが演じる桐沢管理官は真面目な役柄なのですが、陣内さんが演じるとコミカルに見えてくるから不思議。
けどそれで妙なギャップが出ていて、かえって良いとも言える。
第1期ではちょっと嫌な役だったのに、最近じゃもう良い人にしか見えません。

第2期では少々パッとしなかった筧利夫さん演じる木崎ですが、映画ではコミカル全開で大活躍。
(ただ事件解決に対しては大して役に立っていない気もしなくもない…)
完全に交渉人のコミカル要員になっちゃってるなー、この人。

レギュラー陣以外のキャストも何だかんだで豪華。
何気にブラッディ・マンデイのJ(成宮寛貴)が搭乗していたりとか(嘘だけど)、意外なところで意外な人が出てくる。
何だか楽しいキャスティングです。
木崎さんのフィアンセが星野真理ちゃんだったりとか、機長が柳葉さんだったりとか。
何かすごいな。

そんな出演陣の中でレギュラー陣ばりに光っていたのは、反町隆史さんだったと個人的には思う。
知的でミステリアスな悪役を演じているんですが、これがまたかっこいい。
反町さんの低音ボイスって何だかいいな。
低音のクールな笑いがまたかっこ良かった。

物語も先の読めない展開で面白かったです。
映像の迫力に関しては、やはりハリウッド映画などと比べて見劣りするものがありますが、シナリオ面はかなりいい線行ってたんじゃないかなーと思います。
所々それはちょっと無理があるんじゃ…という展開もなくはないけど、それほど気にはならない程度だった。
それよりも、この映画で一番気になったのは当初の主犯格の御堂の真意ですね。やっぱり。彼、あの後何をするつもりだったんだろう? あれも計画の内ってことはないですよね…。

『交渉人 THE MOVIE』は映画館で観るほどの作品ですか? と訊かれると、「好きな人は」としか言えないのが本音かもしれない。
ぶっちゃけこれがテレビの2時間スペシャルだったとしてもおかしくはないぐらいだったと思う。
けど同じくドラマからの映画化作品『ライアーゲーム ファイナル~』(次の次の次の次の次ぐらいにレビュー予定。…っておい)と比べると、よっぽど映画館で観るほどの作品として仕上げていたと思う。
所々でテレビ版よりスケールアップしてる箇所が映画交渉人には確かにあったから。
(ライアーゲームファイナルは完全に早く続きが観たい人向けの作品だった。あれが最終回2時間スペシャルで放送されたとしてもおそらく気づかない)

映画データ 
題名 交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦 
製作年/製作国 2010年/日本 
ジャンル サスペンス/アクション 
監督 松田秀知 
出演者 米倉涼子
陣内孝則
筧利夫
高橋克実
笹野高史
高知東生
塚地武雅
八神蓮
城田優
伊武雅刀
林丹丹
安めぐみ
中山恵
永池南津子
反町隆史
林遣都
成宮寛貴
星野真理
柳葉敏郎
橋爪功
津川雅彦、他
メモ・特記 『交渉人 THE NEGOTIATOR』の劇場版 
おすすめ度★★★★
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒交渉人 THE MOVIE - goo 映画



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 歌詞のつぶやきとJASRAC | トップ | エンドロール/SOPHIA(音楽) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

映画 交渉人 THE MOVIEをみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
交渉人 THE MOVIE タイムリミ...