ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウォンテッド(映画)

2008-09-28 22:26:44 | 映画
(C) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

今回の記事は『ウォンテッド』(2008年、監督:ティムール・ベクマンベトフ)です。
話題の最先端アクション・ムービーは、あり得ないアクションの連続でとにかく度肝を抜かれます!

■内容紹介 ※goo映画より
上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。
謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織に、暗殺者としてスカウトされたのだ。
会社を辞め、訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として頭角を現す。
そして彼は父を殺した敵であり組織の裏切り者でもある、クロスの暗殺任務に就くが……。

1を倒して、1000を救う

ウォンテッド

WANTED


■感想
またひとつ、度肝を抜かれるアクション・ムービーが誕生しました。
それがこの映画、ウォンテッドです。
とにかく、あり得ないアクションの連続です。
そして激しい激しい。
印象としてはスタイリッシュかつパワフル!
これはもう、魅了されること、間違いなしです。

この映画では、フォックス役のアンジェリーナ・ジョリーがとにかくかっこいい!
ウェスリーに見せるどこか余裕のある笑みがかわいいと思っていたら、突然、凄味のある表情に変わり、激しいアクションをこなすこなす。
アンジーはアクション・ムービーの女性役が本当に似合います。
近年を代表するかっこいい女優さんです。

そんなアンジーにやや押され気味の主役・ウェスリーを演じたジェームズ・マカヴォイ。
彼も良い味が出ています。
ジェームズ・マカヴォイと言えば、僕の中ではナルニア1章のタムナスさん役(親切で優しい半獣役)、つぐないのロビー役(麗しのキーラ・ナイトレイの悲しい恋人役)と、かっこいい役のイメージが強い。
それが今回はダメ男を演じています。
前記2作の役の印象は微塵も感じません。
さすがは若手実力派。演技の幅が広い。
ウェスリーの人の良さそうな「I'm sorry」というセリフが印象的でした。
そんなウェスリーも、映画後半では見事な変貌を遂げます。

ストーリー面もひねりがあって面白かったです。
と言っても、マトリックスのように難解ではなく、ストーリーは分かりやすい。
加えてテンポ良く進んでいくので、観ていて飽きるなんてことはまずありません。
ラストも意外な展開となっていて驚きます。
キーワードは2人の意外な関係性です。
ウェスリーの強化訓練が拷問だったり、人殺しの理由が運命に従う為だったりと、「これはどうかな……」という設定やシーンもありはするんですが、全体としては良く出来た映画だったと思います。
暗殺という舞台を描いているだけあって、どこかダークな印象もあり、ドラマは意外と深い。
そこに、ベテランのモーガン・フリーマンが善悪不明の人物を演じていることで、ダークな印象をより強めています。


映画データ
題名ウォンテッド
製作年/製作国2008年/アメリカ
ジャンルアクション/サスペンス
監督ティムール・ベクマンベトフ
出演者ジェームズ・マカヴォイ
アンジェリーナ・ジョリー
モーガン・フリーマン
テレンス・スタンプ
トーマス・クレッチマン
コモン
クリステン・ヘイガー
マーク・ウォーレン
デヴィッド・オハラ
コンスタンチン・ハベンスキー
クリス・プラット
ローナ・スコット、他
メモ・特記R-15指定
おすすめ度★★★★
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒ウォンテッド - goo 映画

■TrackBack Center(他の人の感想を見たい人はココで)
+⇒「ウォンテッド」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« gooモバイル版テンプレート機能 | トップ | オススメの本、教えてくださ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くちびる (萩 ますび)
2008-09-28 23:55:40
シネコンで
予告観たときに興味持ちました
アンジェリーナは唇が魅力的
「トゥーム・レイダー」のアクションとは
ちょっと違ったセクシーさが
今回の映画では出てるのでしょうか
彼女、ジョン・ボイトさんの娘さんなのですね
知らなかった!
ジェームスさんは「ナルニア」の時と
印象が違いますね
さすが演技派
ダークさ。 (Matthew)
2008-09-29 04:53:02
コメント&TBいただき、ありがとうございました。
次回作も、もちろん楽しみですが、出来れば最後のシーン、アンジェリーナだけは、ウェスリーに救ってほしかったです。ウェスリーとフォックスのこれからの関係も、楽しみだったので
あれがフォックスのケジメなのでしょうが、本当に残念。
コメントありがとうございます。 (ichi-ka)
2008-10-02 05:58:41
>ますびさん
予告編はインパクトがありましたね。予告編で流れていた映像は映画本編早くに見れます。何だか意外。
今回のアンジーはとにかく目が魅力的だったように思います。唇はどうだったんだろう? ちょっと意識してなかったので分からない。

>Matthewさん
確かにです! そんな拳銃なんかに気を取られていないで何とか助けてほしかった。
けれどやっぱりあれがフォックスのけじめだったのだと思います。今までずっと織機の指令に従って人を殺してきた。それが自分や仲間に限ってだけ曲げるなんてことはできなかったのでしょう。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

『ウォンテッド』 (Matthewの映画日記?)
予告を観た時から楽しみにしていた、『ウォンテッド』観て来ました。 あらすじは、 主人公ウェスリーは、パニック障害と闘いながら、嫌味な上司からのイビリに絶え、同僚に恋人を寝取られていても、文句も言えないような小心者の青年だ。 そんな彼の前に、一人の美女...
ウォンテッド (Movies 1-800)
Wanted (2008年) 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、アンジェリーナ・ジョリー 冴えないサラリーマンが凄腕の暗殺者の血筋を引いていると知り、その能力を覚醒していく物語。 カーブ球を投げるかのごとく、曲がる弾...
「ウォンテッド」弾丸が曲がる! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 ロシアの新鋭、ティムール・ベクマンベドフ 監督のハリウッド進出第1弾。「ウォンテッド」(東宝東和)。相変わらずアンジー姐さんは、エロカッコイイ!(^^;  ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、会社では女性上司に、いじめの如くイビリ倒され、家では同...