自分第一主義

書きたいことを書く

中島宏之#3(2008) パワプロ再現

2022-03-01 16:53:57 | 日記
中島 宏之(なかじま ひろゆき、本名:中島 裕之(読み同じ)、1982年7月31日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。NPBにおいて2人目、パシフィック・リーグにおいて史上唯一の、遊撃手としてのシーズン100打点達成者。バットを高く掲げ後方に倒す特徴的な構えをしていた。相手の呼吸に合わせて間合いをとるため逆に自分の呼吸を読ませないように考えた結果、左腕が上がって口元を隠すフォームに行き着いたという早いボールカウントから積極的に踏み込んで打ちに行く傾向があり、ファーストストライク時の打率が高く広角に長打を打ち分けることができる。これは高校時代に練習で打球が左翼後方のテニスコートやプールに飛び込むことが多く、他の部から苦情が頻出したことから監督に「危ないから右に打て」と指示されて取り組んだという。本人曰く「ゴルフのピッチング・ウェッジを打つ感覚」で右手を押し込む強さを加減して打球の飛距離を調節できると言い、宮本慎也からは「天才」と評された。10打席に1つ近い割合で四球を選ぶ選球眼も兼ね備える。一方でバントは苦手としており、犠牲バントのサインが出ると「(投手が)楽なところに投げてこないかなぁ」と毎回思うという。また、狙った場面で犠牲フライを打つ技術も持ち合わせている西武時代は遊撃手としてプレーし、守備では下半身と地肩を活かしたプレーを特徴とする。レギュラーに定着した頃は失策数も多かったが、ゴールデングラブ賞を受賞した2008年から守備練習を増やした結果徐々に堅実さが加わり、2010年にはリーグ2位の守備率を記録するなど例年守備率を向上させている。2008年は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。西武の後輩野手たちからは「打撃のアドバイスを求めても、返答は擬音が多くてわかりにくい」「時々何を言っているのか理解できないことがある」と言われている。球場に来た長嶋茂雄から打撃指導を受けた際、長嶋独特の擬音を交えた指導にほかの西武の選手が首をかしげる中、中島のみ「長嶋さんの理論がわかりました」と語ったという女性人気が高く、2010年のバレンタインデーにはチームNo.1となる120個のチョコレートが届いた。一方でファン感謝デーなどの際にいきなり女性に尻を揉まれるといったことも頻発しており、試合だけでなくこれらの行事などでもファウルカップを着用しているシーズンオフにはチームメイトの伝を頼って海外に一人旅に出ることが多く、2008年にはアレックス・カブレラの出身国であるベネズエラ、2009年は同じくヒラム・ボカチカのプエルトリコに旅に出ている。その当時は特にスペイン語ができるわけでもないのに物怖じせずに旅に出る姿勢から、金村義明から「絶対メジャーリーグ向きだ」と評された。2013年に米国に渡ったときにはスペイン語、英語とも片言レベルながら外国人選手と交流できるようになっている2022年開幕前の時点において2004年限りで消滅した大阪近鉄を含むNPB13球団との対戦歴のある唯一の現役選手となった。(Wikipediaより)
サクラメント中島

21本塁打→弾道3
対右投手打率.309→ミート74
21本塁打×ラビットボール→パワー66
25盗塁→走力75
デフォルト→肩力65
簡易レンジファクター:4.615→守備力80
12失策→捕球66
得点圏打率-打率=.284-.331=-.047→チャンスG
対左投手打率-対右投手打率=.390-.309=.081→対左投手A
前後五年ケガ二回→ケガしにくさB
盗塁成功率83.3%→盗塁A
本塁打以外の得点÷本塁打以外の出塁=(75-21)÷(161-21+55+12)=0.261→走塁D
デフォルト→送球D
124試合出場→回復D
BABIP:122→ラインドライブ
デフォルト→広角打法固め打ち粘り打ち初球○調子安定
15併殺→併殺
オールスター出場→人気者
0犠打→チームプレイ✕
ゴールデングラブ賞→守備職人積極守備
サード出場1試合→サブポジサード

WAR6.5で2008年がキャリアハイ

ミッドランド中島
でも良かった。

大きめのミス!
髪の毛をチャラチャラさせるのを忘れた!
あと名前が中島宏之のままになってる(2008年は中島裕之)!
ちなみに俺は宏之の方が好き。

レンジファクターが意外と良かった。





最新の画像もっと見る

コメントを投稿