自分第一主義

書きたいことを書く

山田哲人#23(2015) パワプロ再現

2022-01-22 13:57:28 | 日記
山田 哲人(やまだ てつと、1992年7月16日 - )は、兵庫県豊岡市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。元チームメイトのウラディミール・バレンティンは、大砲と呼ぶには小さい山田が本塁打を量産出来る理由について、「ボールを遠くに飛ばすのに重要なことは、体のサイズではなくボールの下を叩くこと」「バックスピンをかける技術に長けており、それは持って生まれた才能である」、ブラッド・エルドレッドは「山田は大きな体を使ってボールを遠くに飛ばすタイプでなくスイングスピードを利用して本塁打を打つタイプのパワーヒッター」「一番の特長はコンパクトに打っていく中で凄いバットスピードを生み出せることであり、正しいバット軌道の中でボールを捉えることができる。選球眼も良いのでボール球に手を出さない」と分析している2015年には盗塁成功率89.5%を記録し、盗塁数と盗塁成功率の高さによって、リーグ平均に比べて4.2点のプラスを生んでおり、また、ベースランニングではリーグ平均に比べて8点分のプラスを記録するなど、BsR(盗塁とベースランニングの得点貢献合計)では両リーグトップの数値を残しており、盗塁でもベースランニングでも得点貢献度が高い2015年には二塁手としてリーグ2位の守備率.989を記録した他、UZRで17.6を記録している。NPBにおける日本人右打者シーズン最多安打記録保持者であり(193安打 = 2014年)、史上初の本塁打王と盗塁王の同時獲得者(2015年)、日本プロ野球史上、唯一のトリプルスリー複数回達成者(3回)である。そのため、「ミスター・トリプルスリー」という愛称がつけられている。また、平成生まれのプロ野球選手として初の最多本塁打を獲得している。東京オリンピック野球金メダリスト。(Wikipediaより)
ミスタースワローズ

38本塁打→弾道3
対右投手打率:.321→ミート80
38本塁打→パワー84
34盗塁→走力82
デフォルト→肩力65
UZR18.2→守備力88
9失策→捕球72
得点圏打率-打率=.345-.329=.016→チャンスC
対左投手打率-対右投手打率=.347-.321=.026→対左投手C
翌年・翌々年ケガ→ケガしにくさE
全試合出場→回復B
盗塁成功率:.895→盗塁A
本塁打以外の得点÷本塁打以外の出塁=(119-38)÷(183-38+81+1+5)=0.349→走塁C
デフォルト→送球D
本塁打王→パワーヒッター
デフォルト→固め打ち
119得点→チャンスメーカー
ハイボール打率-ローボール打率=.427-.235=.192→ハイボールヒッター
34盗塁→かく乱
111三振→三振
7月打率-3、4月打率=.434-.269=.165→調子極端
オールスター出場→人気者
0犠打→チームプレイ✕
盗塁企図:38→積極盗塁

2015がwar10.4でキャリアハイ

できーーーん!
出来ねえ出来ねぇ出来ねえよおおぉぉ!

プルヒッター
初球○
逆境○取り損ねて、
2015年フルイニング出場の事実を見逃して(フルイニング出場なら回復Aにしたい)
これでも三回目のトライなのに…

山田は3BAACCCのイメージかな。
パワプロの山田の打撃フォーム、ホームベースから離れすぎだろ。バントの構えした時アウトコースボール二個分ぐらい届いてないぞ。
山田は初球打ちのイメージ強い。プレミア12の時も東京オリンピックの時も。
テレビで見てて
「うわ。これ完全に初球狙ってる顔だ。」って思った。
川端とかもそういうとこあるよね。

まあ…完成でいいかな。妥協も必要って言うし。







最新の画像もっと見る

コメントを投稿