自分第一主義

書きたいことを書く

松井稼頭央#7(2002) パワプロ再現

2022-02-27 14:43:18 | 日記
松井 稼頭央(まつい かずお、本名:松井 和夫(読み同じ)、1975年10月23日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投両打)・コーチ。2022年からは埼玉西武ライオンズのヘッドコーチシーズン長打NPB記録保持者。日本人初の内野手メジャーリーガー全身バネとも称される高い身体能力を持ち、プレーの美しさ、パフォーマンスの高さで人を魅了する能力を持つ選手。俊足、巧打、長打、強肩、好守を持つ、いわゆる5ツールプレイヤーとして評価され、「史上最強の一番打者」とも称された。『江川卓・スカウティングレポート2000』では、PERFORMANCEの3つの項目である「打力(Hitting)」、「守備力(Fielding)」、「走力(Running)」で、5つ星評価でFielding、Runningが5、Hittingが4.5、『江川卓・スカウティングレポート2001』ではFielding、Running、Hittingすべて5という評価が付いており、日本球界最強のオールラウンド選手と呼ばれた。一方で多くの怪我を経験し、30歳前後からは離脱が増えている。広角に打球を打ち分ける技術を持ち、コンパクトなスイングながら打球をスタンドまで放つ能力を有する30メートル走3.6秒、一塁到達までメジャー移籍前は3秒台中盤、メジャー移籍後も4.0秒を記録した俊足を誇り、ベースランニングも滅法速かった。「盗塁にはホームランを打ったぐらいの価値がある」と言い盗塁への関心が特に高く、「塁上の飢えた狼」、「盗塁を心理劇からミュージカルに変貌させる男」という異名を取っている。「数多く走るのではない、成功すること。そうでないと走るべきではないです。」と語っており、2001年にはシーズン26盗塁で盗塁死はなく、盗塁成功率100パーセントを記録するなど、2002年開幕前の時点では309盗塁で盗塁成功率.841を記録。成功率が高いのは、他の選手とのスピードの違いであるという。MLB移籍後も2007年には盗塁死は4度のみで(32盗塁)、同年まで盗塁試行数71回中62回成功。MLBのスカウトには年に150試合出られれば60盗塁以上するポテンシャルがあると評されていた。MLB通算盗塁成功率も102盗塁で.850を記録。この記録はMLB歴代8位の記録である(2013年終了時点)。楽天移籍後も俊足は健在で、2011年のキャンプではベースランニングのタイム、ノックの捕球→送球動作でも、チーム一速い内村賢介を上回る数値を計測し、2013年にもキャンプでの30メートル走でチーム2位の記録を出した。2011年開幕前の時点で306盗塁、盗塁成功率は300盗塁以上で日本歴代2位の.814を記録。2014年終了時点で345盗塁、盗塁成功率.818、日米通算では447盗塁、盗塁成功率.825としている。メジャー移籍前の西武での守備位置は遊撃手一筋で、他の守備位置は1試合も守っていない。守備範囲の広さ、肩の強さなど高い身体能力を活かした守備を見せる小学生時代から多くの怪我に見舞われており、PL学園時代の思い出は試合より怪我とどう闘ったかしか思い出せないくらいだという。高校時代に怪我で出場機会に恵まれなかったことが試合を休んでレギュラーを譲ってはいけないという教訓になっているといい、シーズン全試合出場に拘り怪我や体調不良があっても試合を休まず、1996年から西武最終年の2003年まで全試合出場を続けた。ぎっくり腰の状態で打席に立ったこともあり、また当時の守備走塁コーチである笘篠誠治は、オールスターで負傷しても後半戦開幕戦に出場を志願した松井に対しサイボーグと称したこともある。西武時代晩年には腰痛等の影響で指名打者での出場もあり、本塁打を打った際に足を引き摺りながらベースランニングするといった光景も見られた。小学生時代から高校生時代まで日本代表に選出されたことは無く、日本代表に選ばれたのはアテネオリンピックの予選時が最初である。日の丸がついたユニフォームへの憧れを強く抱いていたといい、日本代表のユニフォームに袖を通した時には、胸に何か熱いものが去来したという。(Wikipediaより)
ミスターレオ

36本塁打→弾道3
対右投手打率.342→ミート85
36本塁打×ラビットボール→パワー80
33盗塁→走力81
デフォルト→肩力85
簡易レンジファクター:4.129→守備力56
9失策→捕球72
得点圏打率-打率=.327-.332=-.005→チャンスD
対左投手打率-対右投手打率=.313-.342=-.029→対左投手G
前後五年でケガ4回→ケガしにくさF
盗塁成功率75.0%→盗塁C
本塁打以外の得点÷本塁打以外の出塁=(119-36)÷(193-36+53+4)=0.388→走塁B
全試合出場→回復B
デフォルト→送球B
本塁打÷打数=0.062→パワーヒッター
デフォルト→固め打ち
デフォルト→サヨナラ男
ツーストライク打率.269→粘り打ち
119得点→チャンスメーカー
33盗塁→かく乱
112三振→三振
長打÷安打=0.456→強振多用
盗塁企図数44→積極盗塁
オールスター出場→人気者
ゴールデングラブ賞→守備職人積極守備

WAR9.2で2002年がキャリアハイ

自分が野球見始めたときにはもう外野守ってたなあ。かっけえフォーム。






最新の画像もっと見る

コメントを投稿