Model 107

1985年の107
じっくり時間をかけてお気に入りの一台に仕上げます。

GW前の旅行 4月26日~29日 2017年

2017-05-02 | Weblog
GWの始まる前、一足お先に旅行に出掛けてきました。

いつものお気楽な独り旅行ではなく家族とですけれど…

そば屋を営んでいる家族は私のようにのんびりと「下道(したみち)」を走って行く訳にはいきません。

目的地までは一気に飛行機で移動しレンタカーで周遊します。

飛行機嫌い(乗るのが…です)の私には試練です。

出雲縁結び空港でレンタカーに乗り換えて第一目的地「足立美術館」へと向かいます。

生憎の雨降りですが一日の雨くらいすでに覚悟はしています。

開館間もない美術館にはまだお客さんの姿もまばらです。

GW中は大勢のお客さんで賑わうことでしょう。

美術館の展示品観賞、その方面の興味はほとんど無く、家族に付いて歩くだけです。

確かに、庭の景観は素晴らしく、これだけの美しさを保つには毎日大変な努力が払われていることが分かります。



館内にはレストランと茶室が何箇所かあります。

各レストランの価格設定がランク分けされているように感じました。

特に茶室の「お茶」はなんと!¥1500 でありました。

さすがに価格を見て止めました。

このレストランのメニューはやけにリーズナブルと感じました。

独りで移動中、私はまず食事はしないのですが、今回は付き合いで仕方なくモンブランを食べてみました。

その出来栄えはかなり本格的なものでちょっと感動しました。



瀬戸大橋を渡りやってきたのは「丸亀城」です。

石垣好きの私が飽きないように配慮してくれたルートのようです。

こちらは「現存十二天守」の一つ、重要文化財であります。

*家族旅行の際、私はドライバーに徹し言われたとおりに走るのみです。

雨はまだやむ気配はありません。



丸亀城の次に訪れたのは「高松城」別名を“玉藻城”(たまもじょう)と言いいます。

私はこちらの名称の方が好きです。

以前訪れた時には天守の石垣を積みなおしている最中でした。

工事はすっかり終わり、天守石垣は展望として開放されています。

四国の城は海城と呼ばれる立地形態のものが多いのですが、玉藻城は最も海城らしい趣のある城です。

*以前、玉藻城のピンズを購入しましたが、今回も色違いを3個購入してきました。全6色のうち4色を手に入れたことになります。次回、残り2色を購入するつもりです。



こちらは天守を結ぶ「鞘橋」と呼ばれる連絡通路?です。

天守補修中は通行できなかったのですが、今はこうして天守まで通行することが出来ます。

天守石垣補修に伴って、全長が“長く”変化したそうです。



天守展望から「鞘橋」を見ます。

屋根の色が茶色に変わっている部分が「延長」された所でしょうね。



本日は高松に宿泊です。

ホテル近くのアーケード通りを歩きます。

すごいゴージャスなアーケード街にビックリです。

縦と横のアーケードを結ぶ地点には「クリスタル・ドーム」と呼ばれる交差点?があり、角地にはティファニーやルイ・ビトンなどの超有名店があります。

ホテルの方に教えて頂いたちょっと路地に入ったお店に入店。

写真は「カワハギ」の刺身と肝です。

これは本日一番の美味でありました。

ビールに続き「ヒレ酒」なども頂いてすっかり酔っ払ってしまいました。



明けて翌日、一番で訪れたのが「今治城」です。

昨日の天気から一変、とても気持ちの良い晴れ日で気分も上向きます。



赤矢印のが海水を掘りに取り入れている部分です。

こうして天守から眺めると、「なるほど…海城なんだ」と理解できます。



天守を見上げます。

まだ八重桜がしっかりと咲いていました。

得した気分です。



かなり早いペースで移動です。

今度は「宇和島城」に移動です。

高速道路での移動ですので楽チンです。

宇和島城は海に近い「山城」といった立地です。

勿論、現存十二天守の一つであります。

宇和島城は初めての観賞です。

宇和島は真珠の養殖でも有名です。



瞬間移動で松山に到着です。

本日は松山に宿泊です。

ホテルにチェックインしてから、歩いて松山城へと向かいます。

天守の開放時間は過ぎているので、外から眺めるだけです。

今回はロープウェーを利用して山頂へ向かいました。



更にホテル前から市電に乗り「道後温泉」へと向かいます。



私は何度も訪れた場所ですので今更…ですが家族は初めてなのでご案内します。

多くの方々がこの場所で記念撮影をされていました。



更に一夜明けて、しまなみ海道を走り道の駅へと向かいます。

しまなみ海道人気ランキング一位の「多々羅しまなみ公園」に立ち寄り柑橘類などを少量購入します。

今回は飛行機での移動ですので、オミヤの購入は程ほどにしないとなりません。



しまなみ海道からグイグイと山陽道を走り「錦帯橋」に到着です。

錦帯橋も何度も訪れている場所でありますが、家族は初めてなので「ご案内」します。

赤矢印は「岩国城」であります。

家族は「岩国城」には興味が無いとのことで、カットします。



関門橋のPAで橋と門司のコントラストを見せてあげようとしたのですが、生憎関門橋は補修工事中で、イマイチの外観でありました。



門司港レトロを案内します。

出光美術館に立ち寄りたかったようです。

以前、私が訪れた時には開館時間に間に合わず、入館することが出来ませんでした。

出光美術館の観賞は初体験です。

「海賊と呼ばれた男」で知名度がアップしたでしょうね。



門司港からさらにクルマを走らせ、「角島大橋」をご案内します。

ここはクルマから降りずに橋を往復して終了!です。

更に「元乃隅稲成神社」を見たいとのリクエストでご案内します。

ガイドブックやパンフレットの写真では余程素敵な場所のように写っているのでしょうね。

内心、「こんなところまで来てしまって、明るいうちにホテルにチェックインできるかなぁ~」と、ハラハラします。

勿論、顔には出さず余裕のふりをしていますが…

高速道路を走り、なんとか明るいうちに下関のホテルに到着です。

下関に宿泊するのは初めてです。

食事は「ふく専門店」で食事がしたかったようです。

ホテルの方の紹介のお店に行きます。

「ヒレ酒」サービス券に釣られたようなものです。



下関の朝は、ホテルから歩いて行ける「唐戸市場」に行ってみました。

一般観光客の為にどこの店舗も「握り」が綺麗に置かれていてトレーを持ってすしを物色する観光客で賑わっています。



この建物は「海響館」という水族館です。

綺麗な建物です。



唐戸市場の向にある神社。

「亀山八幡宮」です。

そこにはさすが下関なフグの像が建立されています。

気持ちの良い朝の一時を下関で過ごし、山口宇部空港へと向かいます。

最終日の本日は宇部空港でクルマを返却し東京へと戻ります。

こうして一気に書きますとかなり慌しいように思えるでしょうが、朝早く出発し明るいうちに到着…のペースでわりとのんびりと旅行できました。

5月1日~2日は仕事をし…明日(5月3日)からは、千葉のガレージでバーベキューなどしながらゴロゴロ過ごします。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小頓別駅 天北線 9月2日 2... | トップ | ガレージ でのGW 5月3日... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事