ice-coffee

ちょっとBlogお休みしております。
復帰時にはまたよろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「龍馬伝」 第7話

2010-02-15 10:01:34 | 大河ドラマ
「遥かなるヌーヨーカ」

帰ってきたとたん いろんな事が起こりすぎじゃ~~~^^;

ほんとうに(笑) 

お江戸1年間留学して 土佐の帰ってきた龍馬さん

武市半平太@大森南朋の異様なほどの攘夷論者の先生として

そして ばったり出会った平井加尾@広末涼子は 丸髷になっていなかった事や

岩崎弥太郎@香川照之が学問塾の先生になっていて

その弥太郎に金魚の糞のようについて行った河田小龍@リリー・フランキーに出会い

さらに 父・八平@児玉清が心の臓が悪くなっていたことやで

1853年6月に土佐へ帰ってきた早々 龍馬の周りに変化がおきて

お口あんぐり≪浦島太郎≫坂本龍馬@福山雅治さんでした^^



今回は弥太郎のシーンで
 
加尾に結婚申し込んであっさり断られた時や

がっくりきている弥太郎の前に天晴れ龍馬がやってきた時に

久しぶりに あのトルコ風BGMが流れて 

また鶏があざ笑うかのようなシーンに 笑ってしまいました^^

香川弥太郎さんを見ていると パーカーそっくりに見えてきまして

あの人形劇「サンダーバード」のパーカーです(笑)

これからは パーカー弥太郎と呼ばせてもらいます~~~^^  

そんなパーカー弥太郎が龍馬にいやみたっぷり鼻息荒く「お江戸でなにしちょったか?」って聞き

剣術修行に励んでおった龍馬が答えたのを

「ふん。わしゃ~下士の上 いや日ノ本を動かしちゃる~!」

お江戸行きが決まっていたので ますます強く言ってます~~~~^^ 


昨日は オリンピックやら(上村愛子選手お疲れ様でした。)
「龍馬伝」を3回見たら おねむの時間となりUPできなくって^^;
今日は またいつもの体操に そろそろいく時間となりましたので
続きは 後ほどUPします。よろしくお願いいたします。

政治的に何かあったわけじゃないのに
お話のネタがてんこ盛りだった7話でした。


追記2010.2.16.

やっと戻ってまいりました Blogに^^;
冬季オリンピックや 毎週涙の「コードブルー」を見ていたら
昨日(月曜日)はいつのまにか終わり
FMの「ジェットストリーム」を聞きながら眠っておりましたわ^^
最近「ジェットストリーム」を聞きはじめて
案内役(ナレーション)が 大沢たかおさんになっていて びっくり。
ということで 「龍馬伝」話題てんこ盛りに行きたいと思います(笑)


パーカー弥太郎なれば ジョン龍馬?^^;

そろそろジョン中浜万次郎が出てきそうな前フリ

龍馬に興味をもった河田小龍@リリー・フランキーは 坂本家に居つき

龍馬の黒船体験に興味津々

そこでその体験を表現しようとする龍馬でしたが

「お~~~」とか「ばしゃ~~ん」とか 身体で表現しておりましたけども 

さっぱいわかりませんわな~~^^;皆さんには。

そこでいつ作ったのか 丸太をきって作った黒船や 絵を持ってきて

皆にみせましたが  へたくそ~~~~!^^;

乙女ねえやん@寺島しのぶのいうとうりでございます。。

あの桂プラモデルと比べると 小学生低学年の夏休みの工作並みでございました(笑)


明るい坂本家

みなが わやわやと食事して

みなが 黒船の話を興味津々と聞いて

親父様@八平@児玉清の身体を皆が労わり

そんな様子を河田小龍は 暖かい 愛情にあふれ 敬い 居心地のいい家と申します。

泣かせますわ~ここのシーンは。

ほんとに、 良い家でございます坂本家は。


リリー・フランキーさん 「龍馬伝」と「コードブルー」に2夜連続ご出演でございました^^

引っ張りだこでございます~児玉清さんと兄の権平@杉本哲太さんも^^ 



今回のメインイベントは
(1854年 河田小龍との出会い)
龍馬 弥太郎 半平太 三者が集った河田小龍宅でのシーン

よう~性格がでてて おもしろかったですわ。

相変わらず 嫌味たっぷりな弥太郎に 

グサっときて 激昂する半平太に

おろおろ両者をなだめようとする龍馬に。

皆の個性が 火花ちらして それをおもしろがっている 厠にいる河田小龍でございました。


(1855年父の死)
そして龍馬の父の 愛情に溢れた龍馬のへの理解

龍馬にとって 父が早くに逝ってしまったことがこれからの人生に影響があったのかしら?

みなで 土佐の浜辺へピクニックの最後のシーン

龍馬に向けた父の愛情溢れるまなざし

義母・伊與@松原智恵子、権平@杉本哲太、千野@島崎和歌子、千鶴@大鳥れい、

そして乙女ねえやん みなも愛情溢れ  泣かされました。。

龍馬は 一心にみなの愛情たっぷりに育ち

本当に 幸せで 良い人だったんだわ~~。


岡田以蔵@佐藤健の露出シーンも今回ちょっと増えたみたいだし^^

先が気になる「龍馬伝」でございました。。




 
「龍馬伝」HP


坂本龍馬  福山雅治(子役:濱田龍臣)

岩崎弥太郎 香川照之(子役:渡邉甚平)

武市半平太 大森南朋(子役:桑代貴明)

平井加尾  広末涼子(子役:八木優希)


坂本乙女  寺島しのぶ(子役:土屋太鳳)
   八平  児玉清
   権平  杉本哲太
   伊與  松原智恵子
   千野  島崎和歌子
   幸   草刈民代
   千鶴  大鳥れい
   春猪  前田敦子(子役:松元環季)


岩崎弥次郎 蟹江敬三
   美和  倍賞美津子

平井収二郎 宮迫博之(子役:ささの貴斗)
武市冨    奥貫薫
   智   菅井きん


下士
岡田以蔵  佐藤健
望月亀弥太 音尾琢真
望月清平  本田大輔
島村衛吉  山雄介
河原塚茂太郎 原田裕章
井上正太郎 小久保丈二
溝渕広之丞 ピエール瀧
那須信吾  天野義久
池内蔵太  桐谷健太
沢村惣之丞 要潤
近藤長次郎 大泉洋
中岡慎太郎 上川隆也

上士
山本忠兵衛 上杉祥三
柏原綱道  団時朗
柏原唯八  高島大幹
小塚広衛  谷川昭一朗
大月主税  モロ師岡
前原惣兵衛 藤重政孝
柴田備後  北見敏之
後藤象二郎 青木崇高
吉田東洋  田中泯

山内容堂(山内豊信) 近藤正臣

岡本寧浦 ベンガル
河田小龍  リリー・フランキー
坂崎紫瀾  浜田学(土陽新聞の記者)

江戸
千葉定吉  里見浩太朗
   佐那 貫地谷しおり
千葉重太郎 渡辺いっけい

長州藩
桂小五郎  谷原章介
金子重之輔 尾関伸嗣
吉田松陰  生瀬勝久




脚本 福田靖、
演出 大友啓史
音楽 佐藤直紀
題字 紫舟
主題歌 リサ・ジェラルド
語り 香川照之


視聴率と演出家と副題
 7話 渡辺一貴 20.2% 「遥かなるヌーヨーカ」2010.2.14.
 6話 真鍋斎   21.2% 「松蔭はどこだ?」2010.2.7.
 5話 真鍋斎   24.4% 「黒船と剣」   2010.1.30.
 4話 大友啓史 23.4% 「江戸の鬼小町」2010.1.24. 
 3話 真鍋斎   22.6% 「偽手形の旅」 2010.1.7.
 2話 大友啓史 21.0% 「大器晩成?」 2010.1.10.
 1話 大友啓史 23.2% 「上士と下士」 2010.1.3.

「龍馬伝」 1話  2話  3話  4話  5話  6話

過去記事
映画「ハゲタカ」
「ガリレオ」1~10話(完)
「坂の上の雲」1~3話
「天地人」13~47話(完)
「篤姫」1~44話・他

コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 2010冬クールドラマ視聴率一... | トップ | TV^^ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

大河ドラマ「龍馬伝」第七回『遥かなるヌーヨーカ』 (徒然”腐”日記)
感想というか呟きというか。家族で見ているんで、時折ボソっと突っ込みやら何やらそれぞれ色々呟いてます。そういうのが苦手な方はスルーお願い致しますタイトルを見て先週ダンナが呟いた「ヌーヨーカ・・・・・?ヌーヨークじゃないんだ・・・・・」うん、確かにちょっと...
龍馬伝第7話(2.14) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
土佐に戻った坂本龍馬@福山雅治が武市半平太@大森南朋らの変貌に驚き、 坂本八平@児玉清が息子龍馬の成長を感じ、安心して亡くなったというお話。 黒船襲来に対して、龍馬が『日本も黒船を作ればいい』と 龍馬なりの答えを出したのがよかったと思う 思想家というより、...
天地開闢以来日本国は愛おしき国ならば美しき異国に渡りし者も必ず戻り来たらん(河田小龍) (キッドのブログinココログ)
米国の捕鯨船ジョン・ホーランド号に救助され、米国に滞在したジョン万次郎らが長崎経由で故郷である土佐国に帰ったのは嘉永五年(1852年)だった。 海の男として米国紳士に可愛がられたジョン万次郎は米国秘密諜報部員として故国に逆潜入したのである。 土佐藩主の命を受...
【龍馬伝】第七回 (見取り八段・実0段)
龍馬は15ヶ月振りに土佐へ帰ってきた。龍馬くんは剣術の才あり。いずれまた江戸へ戻って剣術を磨かれたし。と書かれた千葉定吉からの手紙を龍馬は父・八平に渡す。すぐにでも、また旅立たせなくては、と言う八平は実はかなり悪い病を抱えていた。武市の道場に顔を出した...
「龍馬伝」第7回 (日々“是”精進!)
   第7回「遥かなるヌーヨーカ」江戸での剣術修行を終えた龍馬は土佐に帰る。土佐では、半平太がかつての仲間たちから“先生”と呼ばれるようになっていた。一方、弥太郎は加尾に結婚を申し込むが断られてしまう。龍馬が弥太郎と共に絵師の小龍を訪ねると、彼の話を聞...
龍馬伝 七話 (Simple*Life ドラマ感)
視野を広く持つって言うことはいろんな面において大事なんだなぁ。 って今日見ていて思いましたよ。 江戸から土佐に戻ってきた龍馬は いなかった間の土佐の風景にびっくりするやらなんやらですけど、 特に武市の変わりようと言ったら・・・ あの後、先生先生と持ち上げら...