マジカル・ミスってるツアー

MMT社
ビョンホンと賢太郎と山Pとするめイカ面達と水どうと猫の非常識の中の常識的日常(2018現在)

トゥインクルフェス・その3

2008-11-21 11:03:23 | ラーメンズ
フィナーレだ。

出演者全員で、締めの歌を合唱。

マイクの数は限られていて、司会のみの数本しか用意されていない。

それでも大部屋扱いの自分は、舞台上段隅で余韻に浸りながら歌っていた。

いつか、この観客全員を自分にむかせたい。

しかしそんな夢心地な気分が、だんだん覚醒していく。

観客1300人の、顔が、体が、瞳が、自分から見て左端一点に集中されていくのが見える。

舞台中央ではなく。

左端にだ。

異様な光景。

観客が注目している先には、黒くでかい男が左右前後に揺れている。

そして、その男の放つオーラに吸い寄せられるが如く、

ある者は、歓喜の雄叫びをあげ、

あるものは、高揚感一杯の笑顔を作り、

ある者は、心酔しきって拝め奉る仕草をし、

老若男女全てがこの男の、虜となり陶酔しきっている。

彼は本日の役回りで、決してカッコいいイケテル立場ではなかったはずだ。

厳密に言えば、分厚い着ぐるみを着て汗だくで前フリをし、司会者より目立つ発言を避け、自分達のネタでは一言三言しゃべるだけで、終始控えめのスタイルを貫いていた。

そして、私服もまったく垢抜けでなく、訛りに訛っている。

なのにだ。

何故、この男が、こんなにも大勢の人間の心を一瞬の内に、鷲づかみに出来るのであろう。

誰か答えを教えてくれ!!




[解答]

「だって賢太郎じゃない」
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トゥインクルフェス・その2

2008-11-19 12:08:13 | ラーメンズ
「Shineちゃん」の襷をかけていた、でっかい鳥。
  (仁ちゃん読みは、ローマ字読み「シネ」)


中身は、賢太郎君でした。

目の前で、若いお姉ちゃんに「かわいいっ!!」と言われ抱きつかれ、

一緒に踊り狂っておりました。

でっかい鳥と何度もすれ違っていた私・・・。

「あの中身賢太郎っぽいのよね。踊り方なんてそっくりだよね」

と、会話していた(有)大吟醸と美仁クラブの面々。

ニオイを嗅ぎつけるのが、ちょっと遅かった。

残念!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

トゥインクルフェス

2008-11-18 01:27:08 | ラーメンズ
本日のトゥインクル・10周年記念イベント

ラーメンズの出し物は「路上のギリジン」でした。

あーー笑った、笑った。



♪ぎりぎりぎりぎりぎりじんじん

ぎりぎりじんじんじん

赤坂BLITZ行きました

並んで待ってます

500円で飲み物買わされます

ギムミーパイプ椅子


鳥のきぐるみ人間が

タオルを配ってる

音楽一気に流れ出し

はしゃいで踊りだす

♪くるくる回るデカキチン

踊りがおかしいよ

まるで誰かさん

会場盛り上げ係りで

本気で踊ってます

賢太郎のわけないか

でもやっぱり賢太郎(やー!!)


♪踊りがうまいんです

きぐるみが似合うんです

あなたにとって楽しめる

素敵な日にしたいんです


だけれども仁ちゃんに

最後の おいしい処

全て持っていかれたら 立場はないんです


ぎりぎりぎりじんじん ぎりぎりじんじんじん



仁ちゃんの、「魅せられて」は凄すぎた。

兎に角、彼の天然は、どんな人間も勝つ事が出来ない。

たとえ「天才」と崇められてる人でも・・・・。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

だって賢太郎じゃない

2008-11-13 10:54:28 | 小林賢太郎・(有)大吟醸
「私は特別な人間なのだ」


この思い込みの力は凄まじい。

そんな人間が身近にいれば、

その力の影響を受けて周りの人間も、様々な変化を生じていく。


「もしかしたら、私の方が特別な人間なんじゃないか・・?」

そう意識しないまでも、確実に心の中に一滴の異質な感情が産み落とされる。


又逆に、強烈な個性に飲み込まれ、自我を失っていく弱い人間もいるだろう。



「神様からのお告げを受けた」と言ってのける人達。

冗談としての発言だとは、あながち思えない。

選ばれし人間としての自覚、能力や才能があるという自信、そして示したいという欲。


そんな、クサくて、うざくて、重たい個性の持ち主達が、大好きである。


謙虚で礼儀正しく思いやりがあっていい人なんかの賢太郎君は、いらない。

「だって賢太郎じゃない」の一言で地球がニヤケちゃう様な、

もっともっと銀ちゃんでいて欲しい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

演劇ぶっく・136号

2008-11-08 22:57:06 | 小林賢太郎・(有)大吟醸
演劇ぶっく・136号



「当時の自分へのアドバイスを一言」

  もうちょっと人の話を聞きなさい。



当時と言うのは、俳優への第一歩を踏み出した頃という設定。


小林賢太郎は、[俳優]なんだ・・と改めて認識。


そして、やっぱり彼は、優等生的な発言で、綺麗にまとめている。


周りにムカつかれても妥協しない姿勢は、完璧さを目指せば必要な事。

常に成長せねばならぬと、自分を追いたて頑張る事、努力する事をやめない。

自分の仕事に責任を持ち、観客を楽しませる事を念頭におく事を忘れず。



うーーー、本当に、厳しく真面目なご意見。


しかし、今回の「TRIUMPH」は、終わり心地がないとの事。

少々、不完全燃焼気味の、お写真は、なんとも魅力的に写っていて、いい感じでございます。

ボクにしか出来ない「最高級のコント」期待してます。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いい犬悪い猫変な兎

2008-11-04 21:08:59 | 小林賢太郎・(有)大吟醸
3匹の冬の装い
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加