新・兼好法師2世のつれづれ草~斜に構えて世の中を見る~

台風15号の爪痕深く・・・

関東を直撃した台風15号。

予想以上の被害をもたらせて去って行った。

この15号、関東直撃の台風としては最強クラスだったという。

その被害も最悪のものであったように見える。

未だ停電で電気製品が使えず。

この猛暑の中で、エアコンや冷蔵庫が使えないつらさは如何ばかりか。

交通網のマヒで、陸の孤島と化した成田空港。

ゴルフ場の鉄製の柵が倒れて、10件ほどの家が損壊。

他にも、堤防の崩壊、床上床下浸水のお宅も数知れず。


ここ数年、台風などの被害は増大化しているように思える。

つい先日に九州北部豪雨、三重県の豪雨、そして今回の台風15号。

いずれも想像を超えた大きな被害である。

地球温暖化の影響だろうか、と思えてならない。


こういう災害を見聞きするたびに、国はもっと防災・減災にカネを使うべきだと思う。

自然災害は人智ではどうしようもない部分がある。

そういうものには、最大限の手当てをするのが本来の税金の使い道では?


人智で防ぐことのできる戦争は、起こる確率が事前災害に比べるが極端に低い。

こういう防衛費には速やかに、惜しみなくカネを使うのに・・・・・。


自然災害で一番苦しむのは、被害にあわれた方々である。

この国民の苦しみを、真っ先に救うのが国の仕事であるはずが・・・・。

マスコミでは全く報道されない国の救済対策。

まさか、臨時国会を開いてそれから「激甚災害」に指定してから、カネを出すなどという「呑気」なことをしてくれては困るのだ。


被災地の方々は、今この時に苦労され困っているのだ。

電光石火のごとく、救済の手を差し伸べてほしいものである。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事