新・兼好法師2世のつれづれ草~斜に構えて世の中を見る~

台風15号による被害の復旧が遅れている

先日の台風15号による大きな被害の復旧作業が遅れているようだ。

千葉県では、数十万戸が停電をしているという。

東京電力は、今日中の復旧は厳しいと発表している。

電気が止まって3日目になる。

エアコンも扇風機も冷蔵庫も、そして携帯・スマホの充電もままならない生活。

さらに断水で水も自由に使えない状況である。

この猛暑の中での生活の苦しさは、察して余りあるものがある。

こういう災害の復旧は、自治体だけでは限りがある。

国が大胆かつこころ細やかな援助をすべきではないか?

が、国会議員たちは、内閣改造などという緊急性のないことに熱中している。

「大臣になりたい病」の議員たちは、被災地には何の関心もないのであろう。


この猛暑の中、被災者の方々がどんな暮らしを強いられているのかを、敏感に感じ取り、速やかに手を差し伸べるのが本物の政治家であると思っている。

この国には、己の「カネ」と「票」にならないことは、スルーする政治家どもの如何に多いことか!!


ともあれ、被災地の皆さんがご健康であることを祈るばかりである。



ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事