新・兼好法師2世のつれづれ草~斜に構えて世の中を見る~

藤井聡太2冠、高校を自主退学していた「将棋に専念したい気持ちが強く」3月卒業予定も1月末で


ずいぶん思い切ったことをしたものだ。

2ヶ月辛抱すれば、高校卒業・・・・できたのに。

と思うのは、ふつうの人間だけかもしれない。

藤井2冠のような非凡な才能を持った人間には、学歴など取るに足りないことだろう。

学校で余計な時間と神経を使うよりも、将棋に専念して実力を養う方が価値的なんだろう。

その辺がプロのプロたる所以であると思う。

平凡な言い方だが、『名より実』を取ったのだ。

実力の世界には、学歴などと言うものは無価値に等しいのだろう。


そう思うと、芸能界ではろくに授業や講義に出席できないのに高校生や大学生を名乗っている連中もいる。

まるで高校生や大学生であることが、自分の仕事のステータスを上げているように錯覚しているのかも・・・。

以前に、広末涼子が一芸入試で早稲田大学に入学したが、ほとんど授業に出ないまま退学した。

彼女のせいで、本当に勉強しようと思っていた人間が人生を変えられたのかもしれない。


またプロゴルファーの石川遼は大学進学するよりもプロゴルファーの道を選択した。

どちらがどうだと言うつもりはないが、プロの道への執念は違うのは明らか。

更に言うと、楽天の田中将大投手は大学進学よりもプロの道を選んだ。

彼のライバルだった斉藤祐樹は大学に進んで野球をした。

その後の二人の人生は、天地雲泥の差ができてしまった。


今回の藤井2冠の判断は正しかったと私は思う。

またその判断の正否は、時間がしっかりと証明してくれるであろう。


蛇足ながら・・・・

私事だが、音楽を始めたころは音大を出てないことを引け目に感じていた。

が、師匠であるS先生に厳しく教えられた。

「音楽の世界では、実力が物を言う。音大を出たからと言って使い物にならないものもいるし、音大を出てなくてもいい仕事をしている人もいる。学歴に拘る暇があったら、力をつけろ!」と。

それで吹っ切れたのか、色んな事にチャレンジした。

独学で色々な管楽器もマスターし、編曲も作曲も、そして自分独自の指導法や指揮法、全て人並み以上にはやれるようになったと思っている。

蛇足ながら、一言書かせてもらった。




ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

小松音楽教室 さえ
おはようございます😃
「音楽の世界では、実力が物を言う。音大を出たからと言って使い物にならないものもいるし、音大を出てなくてもいい仕事をしている人もいる。学歴に拘る暇があったら、力をつけろ!」と。
私もそう思います。
本だけでは、頭デッカチになり、実力の面では❓です。
やはりいろんな経験も必要かと思います。
「ブランド」だけでは、だめなんです。
間違えていたらすみません💦
先生、もう少しですね。
どうか、お身体を大切になさってください。
icanplaythepiano
さえ先生へ

おはようございます。
お気遣いありがとうございます。
受験の戦いも、あと2週間ほど。
体と相談しながら、最後まで走りきりたいと思います。

親の猛反対で音大にいけませんでしたが、色々な人のお陰で、音楽の色々な世界で勉強をさせてもらうことが出来ました。
S先生に励まされたのが大きかったです。

実力さえあれば、やっていけるのだ・・・・と今さらながら思っています。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「人生」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事