新・兼好法師2世のつれづれ草~斜に構えて世の中を見る~

自民県連「離党、議員辞職を」河井案里氏秘書「百日裁判」へ広島


そろそろ河井案里氏も年貢の納め時だな。

雲隠れしたり、突然現れて謝罪もどき会見をしたりしていたが、公設秘書が逮捕起訴され、100日裁判の申し立てがなされた今、潔く辞職するのがベストな道であろう。

裁判で有罪が確定してから、連座制の適応をうけて失職するよりは政治家らしいのではあるまいか?

恋々と議席にしがみついているのは、非常にみっともないことだ。

選挙の時支援をしてくれた自民党や公明党からも離党・辞職を求める声が出始めた。

まあこれも、自分たちの次の選挙に悪影響がないようにしたい、という思いもあるのだろうな。

河井氏を支援した責任も、取ってもらわねばなるまい。


最近耳にした情報では、河井案里氏は自分が辞職(または失職)後に、自分の後継者を立てる準備をしているという。

これは勘弁してほしいよな。

政治のルールというより、人間としての最低の規範すら守れない人間の後継者などに国民の生活を任せることなどできるものか。

河井氏と同類、同程度の人間が後継者になるのは、火を見るより明らか。

どうせまたルール破りの選挙戦をするに違いない。


自分の身の処し方もわからない御仁が、偉そうに後継者などと言うのは、国民にとっては迷惑以外の何物でもない。

どこまで有権者を愚弄するのか?

バカにするのも程度ものだ。


夫の克行氏ともども出家でもして、どこかに引きこもって反省の余生を送るのが一番いい道だ。



ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「政治・社会」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2018年
人気記事