ICANジャパンブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」活動しているICAN日本事務局の日記。

2018年11月 「今日の事務局」(随時更新)

2018年11月13日 17時57分46秒 | 今日の事務局

11月10日(土)、11日(日)

ワールドコラボフェスタ2018にイベント出展をしました!


栄のオアシス21で2日間、開催されたワールドコラボフェスタ2018に出展をしました。2日間に渡り開催されたイベントでは、数多くの国際協力団体や国際交流団体が大集合し、様々な国の文化や雰囲気を直接肌で感じることが出来ました。中でも来場者参加型イベントのスタンプラリーでは、イベント来場者が各ブースを周り、環境や貧困問題などの今この世界で起こっている問題や、それらの問題に対し、「持続可能な社会を実現するためにはどうすればよいか?」を考えるクイズなどが準備されており、「今この世界ではどのようなことが起こっているのか?」「私たちはこれから何ができるのか?」を実際に知り、考え、行動をするきっかけとなりました。ブース出展に参加したボランティアのRさんは「持続可能な社会を実現するために、今後自分には何ができるのか。考えるとても良いきっかけとなった。また来年も是非、参加したい!
」とお話をされていました。


2018年10月「今日の事務局」(随時更新)

2018年10月20日 12時44分15秒 | 今日の事務局

10月20日(土)

紛争地イエメンの子どもたちを応援する街頭募金

今回の街頭募金活動では、社会人のボランティア1名にアイキャンスタッフ3名を加えた計4名で街頭募金活動を行いました。愛知県内の学校イベントと日程が重なってしまったこともあり、募金活動にはボランティアさん1名と、少ない人数の中での募金活動となりましたが、参加して頂いたボランティアさん、アイキャンスタッフを含め、皆様人数以上の力を発揮して下さったお陰で、実りのある街頭募金活動となりました。初めて募金活動に参加をしたアイキャンスタッフからは、「自分の声が届いてチラシを受け取ってくれたり、ご寄付をして下さることはとても嬉しい。これからもこの現状を知ってもらうため、声を出し続けることを辞めない」との決意も聞くことができ、非常に充実した街頭募金活動となりました。



10月8日(月)

AHIオープンハウス2018にイベント出展しました!

アジア保険研修所で行われたAHIオープンハウス2018にイベント出展をしました。オープンハウスでは水がめを頭の上に乗せ、中の水をこぼさないよう競い合う水がめレースや、子ども限定参加の借り物競争など、様々なイベントが開催されとても盛り上がりがありました。当団体のブースにも多くの方が足を運んで下さり、パヤタスのお母さんたちが作った商品や、商品一つ一つに込められている想いや背景などを知っていただくとてもいい機会となりました。ブースに足を運んでくれた子どもの中で「残り少ない自分のお小遣いの中から、お昼ご飯を我慢してでもこのクマを買う!」と言ってくれたのを耳にし、改めてパヤタスのお母さんたちが作る商品から溢れている魅力を再確認できた非常にいいイベントとなりました。


2018年9月「今日の事務局」(随時更新)

2018年09月29日 18時39分35秒 | 今日の事務局

9月29日(土)

フィリピン駐在員による帰国報告会

フィリピン駐在員による帰国報告会が行われました。40年以上にわたり、紛争の影響を受け続けてきたフィリピンのミンダナオ島では、現在、平和の確立に向けた政府の取り組みが大きく加速しています。そんなミンダナオ島の紛争地域でICANはどのような活動を行ってきたのか、そして今後どのような活動を行っていくのかという話に加え、ミンダナオ島の「今」や「現地の生の声」をフィリピン駐在員が写真などを交えながら11名の参加者の方々に伝えました。実際に現地で活動を行っている駐在員からの「生の声」を聞くことで、これまで以上にアイキャンの活動、ミンダナオ島に関する知識や理解を深めることができました。参加者からは「初めてアイキャンのこういったイベントに参加した。現地の生の声を聴くことで自分が思っている以上に様々なことを知ることが出来る充実した時間になった。それだけでなく、たくさんの他の参加者と出会えたこともすごく嬉しい。この出会いや学びを大切にしたい。」などの感想も頂き、非常に充実した帰国報告会となりました。

 

 

9月21日(金)、22日(土)

聖霊中学高校文化祭に出展しました!

2日間にわたり開催された聖霊中学高等学校の文化祭で、アイキャンのフェアトレード商品の販売を行いました。文化祭当日は非常に多くの方がブースを訪れてくださり、大盛況となりました。商品が多くの皆様の手に渡ったことはもちろんですが、商品を販売している生徒さんたちが【この商品を作っているのはどういう人で、どんな思いを抱えて作っているのか】ブースを訪れてくれた方に一生懸命訴えかけてくれていた姿に胸が熱くなりました。ブースを訪れて頂いた方からは「去年買った物も、一昨年買った物もまだ壊れていない。本当に商品の質が高くてビックリ!」との感想を頂きました。商品が多く売れたこと以上に今回のイベントは非常に多くのものを得ることが出来た実りがあるイベントとなりました。



9月17日(日)

DENSOハートフルまつりに出展しました!

DENSO主催のDENSOハートフルまつりに出展をしました。イベント当日は大変多くの方がアイキャンのフェアトレード商品に関心や興味を抱いて下さり、とても充実したイベントとなりました。商品を手に取って下さったお客様から、「この子が自分を見つめて来るからもう心を奪われた!買わないとここから動けない(笑)」と、感想が聞けたことが非常に嬉しかったです。多くの方がアイキャンやフェアトレード商品に関心を抱いて下さり、さらにはフィリピンの方からも多くご質問をいただいたり、チラシをたくさん持って行って下さったりと、非常に実りのあるイベントとなりました!

 

 

9月15日(土)

環境デーなごや2018に出展しました!

名古屋、栄のテレビ塔や久屋広場で開催された環境デーなごや2018に出展をしました!当日はあいにくの天候となり、たくさんの方とお会いすることはできませんでしたが、そんな天候の中でもわざわざ当団体の出展ブースに足を運び、商品を見て「一つ一つ顔が違っていてかわいい!」などの嬉しいお声を非常に多くいただくことが出来ました!また、当団体の出店ブースのみならず、多くのフェアトレード商品を扱っている団体との出会いもあり、非常に有意義な、実りのあるイベントとなりました。

 

 

9月11日(火)

ジブチ駐在員による帰国報告会

ジブチ駐在員による帰国報告会が行われました。2015年に中東の国イエメンで紛争が激化したことが影響し多くの人が生まれ育った国を離れ、難民として対岸の国ジブチへ渡り、難民キャンプ内での生活を余儀なくされています。そんなジブチの難民キャンプ内での「子どもの広場」活動について、「現場の生の声」を駐在員が写真などを交えながら参加者に伝えました。実際に現地で活動を行っている駐在員の「現場の生の声」を聞くことで、イエメンやジブチでのアイキャンの活動をより深く理解することが出来ました。参加者の方からは「参加してよかった。普段は全く分からないイエメンやジブチのこと、さらにそこでアイキャンがどのような活動を行っているのか深く理解できてよかった。」などの感想も頂き、非常に実りのある帰国報告会となりました。


2018年8月「今日の事務局」(随時更新)

2018年09月01日 18時15分57秒 | 今日の事務局

8月25日

フィリピンの路上の子どもたちを応援する街頭募金

今回の街頭募金活動では、社会人の方が4名、大学生の方が2名、高校生の方が6名の計12名のボランティアさんにアイキャンスタッフ1名を加えた計13名で街頭募金活動を行いました。街頭募金活動当日は、栄で開催されていたお祭りと日程が被ってしまい、お祭りの音響や掛け声と合わさり、なかなか通行人の方々に自分たちの声や想いを伝えることが難しい中、ボランティアさん皆様がお祭りの盛り上がりに負けじと大声でフィリピンの路上の子どもたちが置かれている現状を伝えてくれたことで、活動は非常に盛り上がり、実りのあるものとなりました。


2018年7月「今日の事務局」(随時更新)

2018年07月31日 16時45分20秒 | 今日の事務局

7月21日

紛争地イエメンの子どもたちを応援する街頭募金活動

今回の街頭募金活動では、社会人の方が4名、大学生が1名、高校生の方が5名の計10名のボランティアさんに、アイキャンのインターン1名を加えた計11名で街頭募金活動を行いました。連日40度を記録するほどの猛暑日の中、熱中症対策なども踏まえ、活動時間を短くして募金を募りました。立っているだけで汗が噴き出るほどの猛暑の中、ボランティアさん一人ひとりが大きな声でイエメンやジブチが置かれている現状を通行人の方に訴えかけてくれたこともあり、今回も多くの寄付を募ることが出来ました。


7月14日

アイキャンにて職場体験実習を行いました!

 

千種高校より2名の生徒さんが職場体験実習としてアイキャンを訪れました。職場体験実習ではアイキャンの事業に関しての説明を聞いたり、NGO職員が普段から実際に行っている業務等を実際に行うことで、NGO業界や国際協力に関する理解を深めました。その他にも、青年海外協力隊として海外で実際に活動を行っていたアイキャン職員と高校生とが話す機会を作ることで、さらに深い学びを得ることが出来ました。高校生からは「自分が協力隊や国際協力という分野に興味がある中で、実際にNGO職員の方や、同じ女性で協力隊として海外での活動経験を積んでいる方とお話をすることで自分の疑問が解消された。より強くこの業界に興味を持った。」などの感想を頂くことが出来ました。


2018年6月「今日の事務局」(随時更新)

2018年06月30日 17時40分42秒 | 今日の事務局


6月30日

コープあいちさん主催イベント"アジアンカフェ"に参加させて頂きました!

 

名古屋市千種区にある生協生活文化会館にて、コープあいちさん主催のイベント"アジアンカフェ"に招待をして頂きました。アイキャンからはインターンが参加し、フィリピンに関するクイズや団体紹介などについてお話をさせて頂きました。フィリピンに関するクイズでは、皆さんとても楽しんで頂けた様子でした。アイキャンの団体紹介では皆さんクイズの時とは打って変わり、真剣な表情でお話を聞いてくださいました。そんな団体紹介では、「アイキャンの活動を知れて、刺激を受けた。自分も頑張りたい。」という参加者でもある他団体の職員の方のお声を頂くこともできました。これからも引き続きアイキャンな人を増やすために、活動を続けていきたいと思います。

 

 

 

6月23日

ぼらマッチ!なごやに出展しました!


愛知学院大学名城公園キャンパスアルガスタワー内で開催された"第6回ぼらマッチ!なごや"にアイキャンはブース出展をしました!当日はあいにくの天候となりましたが、ボランティア活動をしたい方とボランティア活動を求めている方が集まり、非常に良い出会いのきっかけの場となりました。実際にイベントを通して、アイキャンでボランティア活動をしてみたい!という方との出会いがあり、初めてのボランティア活動の場所にアイキャンを選んで頂けたことを嬉しく感じました。

 


 

6月16日

フィリピンの路上の子どもたちを応援する街頭募金


 今回の街頭募金活動では、社会人の方が2名、大学生の方が2名、高校生の方が14名の計18名のボランティアさんに、アイキャンインターン1名を加えた計19名で街頭募金活動を行いました。梅雨入りを観測したといえど、夏を感じさせる気温の中、ボランティアさんの力もあり、フィリピンの子どもたちが置かれている現状を通行人の方々に訴えかけることができました。


2018年5月「今日の事務局」(随時更新)

2018年05月29日 13時59分09秒 | 今日の事務局

■5月26日

「紛争地イエメンの子どもたちを応援する街頭募金」を実施しました!


「紛争地イエメンの子どもたちを応援する街頭募金」を行い、愛知県の聖霊高校の生徒さんや、会社員、教員の方など総勢18名のボランティアの皆様が今回の街頭募金活動にご参加くださいました。30度を超える気温の中、日本で報道される機会の少ないイエメンやジブチの現状について少しでも関心を抱いていただこうと、通行人の方々に大きな声で伝えてくださいました。初めはなかなかご寄付を募ることができずにいたのですが途中、募金場所を変更したりチラシ配布を行う場所を変えることで、多くの方からご寄付を頂くことができました。
その一方で、「通行人の方が歩いている短い時間の中でどれだけこの現状を、心に訴えかけることができる言葉を発することができるのだろうか」などの新たな問題点も見つかりました。街頭募金活動を行う上で非常に重要になるこの問題を解決するため、街頭募金活動を更により良いものにするためにボランティアの皆様と"ともに"力を合わせて今後も活動をしていきたいと思います!ご参加してくださった皆様、ありがとうございました!



■5月13日

世界フェアトレード・デーなごや2018に出展しました! 

 

名古屋、栄のテレビ塔で開催された世界フェアトレード・デーなごや2018にアイキャンも出展をしました!たくさんの方がアイキャンのブースに足を運んで下さり、大盛況でイベントを終えることができました!アイキャンのフェアトレード商品はどのようにしてどこで作られているのか、フェアトレード商品を実際に作っている人はどのような生活をしているのか、多くの方がアイキャンのフェアトレード商品に対してのみならず、フェアトレード商品ができるまでの過程や裏側に関心を抱いてくれたことが一番の収穫でした!また、他のブースに出展をし、様々な商品を扱っている方たちとの素敵な出会いも多くあり、貴重で嬉しい体験ができた1日でした!ボランティアとしてアイキャンのブース出展にご協力して下さった皆様、本当にありがとうございました!


2018年3月「今日の事務局」(随時更新)

2018年04月04日 12時21分54秒 | 今日の事務局

 

■3月31日(土) 

日本事務局インターンによる第三回定期交流会

 

 

アイキャンのインターンによる第三回定期交流会が開催されました。今回の定期交流会では、実際にアイキャンのスタディーツアーに参加した経験を基に、路上の子どもたちや、昨年末に閉鎖されたパヤタスのゴミ山の現状など、アイキャンがフィリピンで行っている事業の現状について伝えました。また、スタディーツアーを通して学んだことや感じたことを参加者に対して自分の言葉で伝えました。参加者からは、「自分がスタディーツアーに参加した時とパヤタスのゴミ山の現状が全く違っていて驚いた」「カリエカフェが昔よりもしっかりとしていて凄いと思った」など、様々な感想を頂きました。今回の交流会をきっかけに、アイキャンの事業への理解がさらに深まったのではないかと思います。

 

 

 フィリピン駐在員の帰国報告会

 

 

フィリピン駐在員が、昨年5月にフィリピンのミンダナオ島マラウィ市において起こった、マラウィ紛争の際のアイキャンの緊急支援活動や、ミンダナオ島のピキット町でアイキャンが行っている平和構築活動について、写真を交えながら現場の生の声を伝えました。実際に現場で活動を行っている駐在員の生の声を聞くことで、フィリピンでのアイキャンの活動をより鮮明に理解する機会となりました。参加者の方々からも実際に駐在員の話を聞くことで「フィリピンの抱えている問題の根深さについて考えさせられるきっかけとなった」という声が聞かれ、実りのある報告会となりました。

 



■3月16日(金)      

ジブチ駐在員の内部帰国報告会

 

ジブチ駐在員が、2017年12月よりスタートしたUNICEFとの共同事業について報告しました。
子どもの広場の強化、アニメーター研修、障がい児を対象とした物資提供、首都難民への遊び場の構築をはじめ、ジブチでの活動の広がりを感じました。
一方で、子どもの広場でできるアクティビティは他にないのか、現地のボランティアさんのモチベーションを高める工夫はないのか、首都難民はまとまっていないため情報の伝達が難しい等の課題も多く存在することが分かりました。
参加スタッフから「東日本大震災の時に日本でも情報が行き届きにくい環境があった。ジブチの首都難民はその当時と似た環境にある」という感想があり、課題解決のためのヒントは日本に住む私たちの身近にあるのではないか、また無意識に実践しているのではないかと気づくことができ、できることは何か考えさせられるものになりました。


 


2018年2月「今日の事務局」(随時更新)

2018年02月03日 15時41分55秒 | 今日の事務局

 

■2月17日(土)      

「紛争地イエメン子どもたちを応援する街頭募金」

「イエメンの紛争地の子どもたちを応援する街頭募金」行い、8名のボランティアさんがご参加くださいました。途中雪が降り、中断せざるを得ない悪天候での街頭募金となりましたが、お互いに励まし合いながら募金を実施することができました。はじめはラシックの久屋大通側で実施していましたが、途中ラシックの大津大通側へ移動したり、また戻したりと試行錯誤の連続でした。この試行錯誤のおかげで大津大通側は人通りは多いが、歩行者との距離が近すぎるために募金がしにくいなどの気づきもあり、収穫の多い街頭募金となりました。

  

来月は、3月24日(土)に「フィリピンの路上の子どもたちを応援する街頭募金」を実施予定です。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 


■2月1日(木)      

 

 四日市市立橋北中学校ご来訪

 

 

日本事務局へ四日市市立橋北中学校の生徒さんが4名、総合の授業の一環としてご来訪され、日本事務局インターンの柴田がアイキャンの活動等をお伝えしました。「NGOとNPOの違いは?」「支援を拒む人はいないのか?」など、熱心なご質問をいただきました。最後に、「自分たちにできることは何か」を考え、ペンを動かす生徒さんの姿が印象的でした。今回のご来訪が、生徒さんたちの職業の引き出しを増やすことと何かできることを実践するためのきっかけにつながれば幸いです!三重県からはるばるお越しいただき、ありがとうございました。





2018年1月「今日の事務局」(随時更新)

2018年01月22日 16時25分59秒 | 今日の事務局

 

■1月27日(土)      

 

NGO相談員:名古屋女子大大学中学土曜講座 

 

日本事務局において、名古屋女子中学の1,2年生10名の生徒の皆様を対象とした土曜講座が行われました。イエメンの紛争の状況や、ジブチのイエメン難民キャンプで行っているアイキャンの活動についてや、難民の方々の声などを、写真・映像を交えながらお伝えしました。「大きな問題だけれど、私たちにもできることはある。」という職員の言葉を受け、生徒の皆様は「できること」をそれぞれ考えてくださいました。

ミニ講演の後は、ボランティアとして、多くの方々からご寄付頂いた切手を種類ごとに仕分ける作業をお手伝い頂きました。ありがとうございました!今回の講座が、生徒の皆様の学びとなれば幸いです!またお気軽に、事務所に遊びにきてください!



■1月22日(月)      

 

 中日新聞に掲載されました


22日付の中日新聞(朝刊)愛知県内版に、ミンダナオ島の状況と書き損じはがき募集の記事を掲載いただきました!新聞をご覧になった方からたくさんのお問い合わせをいただいています。また、事務所へ直接はがきをお持ちくださる方もいらっしゃいます(^^)みなさまの温かいお気持ち、本当にありがとうございます。いただいたご寄付は、子どもたちの為の活動に役立たせていただきます!

書き損じはがきは、未投函のものであれば古くてもOKです(ただし破れているものはNG)。また、個人情報の記載があるものは黒塗りしていただいても結構です。未使用の切手(バラバラでもOK)も集めておりますので、ご不要のものがございましたらお送りくださいませ。

詳しくはhttp://www.ican.or.jp/j/postcard.htmlをご覧ください

 

 

■1月18日(木)      

 

 バレンタインにアイキャンのフェアトレード商品はいかがですか?

 

お正月も終わり、街ではバレンタイン商戦がはじまってきましたね。アイキャンでもバレンタインを盛り上げようと、フェアトレード商品とフェアトレードチョコレートのセット販売を期間限定ではじめました!気になるあの人へ、お世話になっているあの人へ、いつも頑張っている自分へ、、、贈る相手はさまざま♡ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください(^^) http://www.ican.or.jp/j/projects/fairtrade_sales.html



■1月15日(月)      

 出張講演 


静岡文化芸術大学の1年生から4年生約80名に対して、イエメン・ジブチでの活動を紹介する講演を行いました。

「難民も私たちと同じ人間で、人らしく生きられることがとても大切だと思った。」「ジブチの難民キャンプでアイキャンが運営する“子どもの広場”での活動が、子どもたちの成長において必要とされている活動だと思った。」などの感想がありました。

日本国内ではなかなかニュースに上がらないイエメンやジブチの状況について、一人でも多くの学生さんに関心を持っていただき、『できること』を考えるきっかけになればと願っています。


 

■1月13日(土)      

 「イエメンの紛争地の子どもたちを応援する街頭募金」

「イエメンの紛争地の子どもたちを応援する街頭募金」を行い、愛知県の幸田町立南部中学校の生徒さん27名を含めた総勢40名のボランティアの皆様がご参加くださいました。皆様のやる気と情熱が歩行中の皆様へ伝わり、多くのご寄付をいただくことができました。一方で、「歩行者と距離がある」「はじめと終わりの声がそろわない」などの改善を求める声があがりました。2月の街頭募金では、これらの声を反映して、より良い街頭募金を目指していきたいと思います。ご参加してくださった皆様、ありがとうございました。
 
来月は、2月17日(土)に「イエメンの紛争地の子どもたちを応援する街頭募金」を予定しております。ぜひ、皆様のご参加お待ちしております!!

■1月13日(土)      

 フェアトレード交流会 


ICANインターン生特別企画、フェアトレード交流会が開催されました。交流会には、7人の方がご参加下さり、チョコレートやICANのフェアトレード商品を通して世界の構造と生産者の置かれた現状を考えたり、なぜフェアトレードがあるのか自分の言葉で相手に伝えたりしました。「この交流会をフェアトレード商品の販売に生かしたい」「珍しい交流会で楽しかった」などの感想がありました。今回の交流会をきっかけにフェアトレードをより身近に感じてもらえたのではないかと思います。



■1月5日(金)      

 出張相談


アイキャン日本事務局長の井川が、大坂で開催された「ワン・ワールド・フェスティバルforyouth~高校生のための国際交流・国際協力EXPO2017~」で相談対応を行いました。主に高校生と高校教員から国際協力や開発教育、NGOの活動に関する質問、若い世代の国際協力活動やNGOへの就職に関する相談事項が多数寄せられました。アイキャンでは、NGOやフィリピン、国際理解教育をはじめとした皆様からのご相談を随時受け付けています。お気軽にお問合せください。

また、2月3日(土)、4日(日)に大坂で開催予定の「ワン・ワールド・フェスティバル」にも出張相談します。皆様からのご相談、お待ちしております!

 

 

 

■1月9日(火)      

 明けましておめでとうございます


旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。みなさまからの応援をいただきながら、危機的状況下にある子どもたちやその家族のため、一つでも多くの笑顔を引き出せるよう努めて参ります。


2017年12月「今日の事務局」(随時更新)

2017年12月19日 13時16分13秒 | 今日の事務局

 

 

■12月19日(火)      

 年末年始休業日のおしらせ

 2017年 12月31日(日)~2018年1月8日(月)、日本事務局はお休みとさせていただきます。御用のございます方は、年末は12月30日(土)まで、年始は1月9日(火)からご連絡くださいませ。



■12月9日(土)      

フィリピンの路上の子どもたちを応援する募金活動

 12月は「フィリピンの路上の子どもたちを応援する募金」活動を実施し、総勢11名のボランティアさんが参加してくださいました。小チラシを配って下さった2人のボランティアさんは、準備した200枚全ての小チラシを配ってくださいました。これは、今までで初めての快挙ではないかと思います!!とても寒い中の街頭募金でしたが、ボランティアさん同士が励まし合いながら、とても温かな雰囲気のもとで街頭募金を行うことができました。

 お忙しい所ご参加下さった皆様、ありがとうございました。来月は、1月13日(土)に「紛争地イエメンの子どもたちを応援する街頭募金」を行います。皆様のご参加、心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。

 

■12月9日(土)      

第2回定期交流会 ~大学生活中に絶対に行くと決めたインド~

 国際協力や留学をはじめ海外に興味関心のある仲間と出会え、心から語り合えるアットホームな場を中部地方に作ろうと定期交流会をスタートしました。交流会は、2部構成になっています。前半は毎回異なるゲストによる海外経験を発信するスピーチコーナー、後半は参加者同士の交流を目的とした交流タイムになっています。第2回の前半は、大学生の苅谷奈央がスピーカーを務め、前半はインドのワークキャンプの経験を発信しました。後半は、参加者の皆さんで「海外に行くなら何を持っていく?」をテーマに、海外経験が豊富な参加者から海外に行ったことがない参加者が一緒になって交流しました。

 参加者のみなさんからは、「ハンセン病について概要しか知らない病気だったが、知ることができた」「ワークショップでは自分で思いつかない意見を聞くことができた」などのお声をいただき、大変うれしく思います。一方では、「親子参加があると面白いかも」「インドネシアやアフリカの話を聞きたい」といったお声をいただきました。まずは集客に力をいれ、より世代を超えた交流を可能にしたいと思います。第2回定期交流会に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。第3回定期交流会もお楽しみに!!

 第3回の交流会の日程はまだ未定ですが、内容が確定次第、広報サイトへ随時掲載していきます。よろしくお願い致します。


■12月2日(土)      

国際協力カレッジへの出展

 

 JICA中部にて開催された「国際協力カレッジ2017」に出展し、ボランティア・インターン等の紹介を行ってきました。アイキャンのインターンに興味のある大学生の方やボランティアに興味のある社会人の方をはじめ、多くの出会いがありました。アイキャン事務局で再会できることが楽しみです!!

 当日は4名のボランティアの皆様が一緒にブースを盛り上げてくれました。本当にありがとうございました!!

 


2017年11月「今日の事務局」(随時更新)

2017年11月25日 13時39分48秒 | 今日の事務局

 

■11月25日(土)      

臨時休業のお知らせ


11月28日(火)、誠に勝手ながら臨時休業日とさせて頂きます。ご不便をお掛けしますが、御用の方は29日(水)以降ご連絡くださいませ。


■11月15日(水)      

イベント出展のお知らせ

 11月23日(木・祝日)、「ふれあいフェスタ2017」にてフェアトレード商品の販売を行ないます!アイキャンの活動内容や、活動地の様子についてもお話できますので、お近くの方はぜひ足を運んでくださいね(^^)

場所・時間:北名古屋市健康ドーム・9:00~14:30

詳細はこちらから→ http://www.city.kitanagoya.lg.jp/kenkou/files/upload/files/douji201711_fureaifes.pdf

 

 

■11月11日(土)      

 フィリピンの路上の子どもたちを応援する募金活動  

 11月は「フィリピンの路上の子どもたちを応援する募金」活動を実施し、総勢21名のボランティアさんが参加してくださいました。半数のボランティアさんは、初めての街頭募金で開始直後は緊張した面持ちでしたが、参加経験のあるボランティアさんが積極的にチラシの渡し方をはじめ、アドバイスをしてくださったことで後半は伸び伸びと活動している姿が印象的でした。最後のシェアリングでは、「初めて参加してみて募金を呼びかける人の気持ちが分かった」「配っていたチラシをもって募金に来てくれた方を見たときは嬉しかった」とそれぞれに気づきや発見のある街頭募金になったようで、大変うれしく感じます。「募金箱を増やした方がいいかな」「休憩を全員でとらないほうがいいかも」などの改善点を挙げる声も多くいただき、12月の街頭募金の運営に生かしていきたいと思います。

  

お忙しい所ご参加下さった皆様、ありがとうございました。来月は、12月9日(土)にフィリピンの路上の子どもたちを応援する街頭募金を行います。皆様のご参加、心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。

 

11月11日(土)      

第1回定期交流会


 国際協力や留学をはじめ海外に興味関心のある仲間と出会え、心から語り合えるアットホームな場を中部地方に作ろうと定期交流会をスタートしました。交流会は、2部構成になっています。前半は毎回異なるゲストによる海外経験を発信するスピーチコーナー、後半は参加者同士の交流を目的とした交流タイムになっています。

 第1回のスピーカーは、アイキャン日本事務局インターンの柴田康平が務め、自身のカンボジアをはじめとした海外経験を発信しました。参加者のみなさんからは、「教育の大切さを痛感した」「実体験の話を聞けて貴重な時間になった」などのお声をいただき、まずまずの滑り出しになったのではないかと思います。一方で、前半に時間をかけすぎてしまい、後半の交流タイムが無くなってしまいました。参加者の皆さん、本当に申し訳ございませんでした。基本的なタイムコントロールや内容構成をはじめ、浮き彫りになったこれらの課題を解決することで第2回の開催につなげていき、より参加者に満足していただける交流会を目指していきたいと思います。第1回定期交流会に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

第2回定期交流会は、12月9日(土)10:30~12:00を予定しております。内容が確定次第、随時更新していきます。今後ともよろしくお願い致します。



■11月1日(水)      

帰国報告会


ジブチ駐在員が帰国報告会を行ないました。イエメン国内の紛争がなぜ始まったのか、ジブチの難民キャンプに逃れてきた人々の現状はどのようなものなか、アイキャンが難民キャンプで運営する「子どもの広場」についてなどお話しました。

参加者のみなさんからは、「紛争前のイエメンがとてもきれいな街で驚きました」、「アイキャンの活動は、キャンプの子どもたちの心の教育に役立っているのではないかと思います」、「ジブチの最高気温が70℃もあると聞き、とても過酷なところだと印象に残りました」、「紛争から逃げてきた人たちと聞き、暗い表情なのではと思っていましたが、アイキャンの活動によって子どもたちが笑顔になっているのが印象的でした」という感想をいただきました。

日本のメディアではなかなか取り上げられないイエメン、ジブチの様子を少しでも身近に感じていただき、「できること」を考えるきっかけとなれば嬉しいです。

 

 


2017年10月「今日の事務局」(随時更新)

2017年10月28日 16時21分06秒 | 今日の事務局

■10月28日(土)      

 今月の出張講演

 今月は3件の出張講演がありました。アイキャンの活動内容やフィリピンの子どもたちの様子、イエメンやジブチの難民キャンプの現状などをお伝えしました。生徒のみなさんからも質問や感想をいただき、私たちも考えさせられる場面がありました。

 

10月4日:星城高等学校 3年生

「自分たちが回収した本が、アイキャンの活動に活かされると思うと嬉しい」と、生徒会のみなさんが中心となって古本の回収をしてくださっていました。

 

10月11日:八事小学校 5年生

みなさんとても真剣に、フィリピンの路上の子どもたちの厳しい現状について聞きました。時折、悲しそうな表情を見せる生徒さんもいました。大人になってから小学校を卒業した路上の子どもの話が印象に残ったようでした。

 

10月25日:名古屋市立北高等学校 国際理解コース1年生

イエメン、ジブチの状況を中心に、子どもの広場での子どもたちの様子などをお伝えしました。ワークショップも交えながら、生徒さんの理解をより深められるような講演となりました。「講演を聞くまでは、難民キャンプにいる人はみんなキャンプに来ようと思って来ているのだと思っていた。また、キャンプに来たからと言って、状況が良くなったり、苦しい生活が終わるわけではないのだということが分かった」というコメントもありました。

 

 

講演を通して、生徒のみなさんがフィリピンやイエメン、ジブチに関心を持ち、自分たちにも「できること」を見つけ出してくれたらと願っています。

 

 

■10月21日(土)      

 ワールド・コラボ・フェスタ2017出展を終えて

先週末、名古屋・栄のオアシス21で開催されたワールド・コラボ・フェスタへの出展は、大盛況に終わりました。アイキャンブースへもたくさんの方が足を運んでくださいました。NGO相談員ブースも盛況で、NGOへの就職や国際協力に関心のある方から多くの質問を受けることができました。イベントへ来て下さったみなさんと、アイキャンの活動やフェアトレードのこと、ボランティア活動についてなど、様々なお話をできる機会ともなり、私たちも気付きや学びがたくさんありました(^^)一緒にブースを盛り上げてくれたアイキャンボランティアのみなさんとも楽しいひと時を過ごすことができました♪参加くださったボランティアのみなさん、ありがとうございました!

 

 

 

■10月17日(土)      

 

 帰国報告会のお知らせ


アイキャンでは、中東のイエメンの紛争から逃れ、対岸のアフリカの国、ジブチにある難民キャンプで暮らす人々とともに、「子どもの広場」を運営しています。この度、ジブチ駐在職員が帰国し、日本事務局にて報告会を開催することとなりました。イエメンの紛争の状況や、ジブチにおいて行っているアイキャンの活動、難民の方々の声などを、写真を交えながらお伝えします。現地スタッフの生の声を聞くことができる貴重な機会ですので、ぜひお越しください。

<日時>2017111日(水)18:00-19:00

<場所>アイキャン日本事務局(愛知県名古屋市中区大須3-5-4矢場町パークビル9階)*地下鉄名城線「矢場町」駅4番出口より徒歩約7 

<地図> http://www.ican.or.jp/j/inquiry.html

<持ち物>筆記用具

<参加費>各報告会それぞれ一般300円、学生200円(会員・マンスリーパートナーの方は無料)

<申込方法>メールにて、件名を「111日報告会」とし下記5点を明記の上、myican@ican.or.jp へ、前日までにご連絡ください。

1) お名前

2) メールアドレス        

3) 携帯電話番号

4) ご所属(差支えのない範囲で結構です)

5) 何を見てこの報告会を知ったか

 

沢山の方のご応募をお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します!


 


■10月14日(土)      

 イベント出展中!!

本日14日(土)、明日15日(日)、名古屋・栄のオアシス21「銀河の広場」にて開催する『ワールド・コラボ・フェスタ2017』に出展中です!アイキャンのフェアトレード商品を多数販売しています。お近くにお越しの際は、ぜひアイキャンブースに寄ってみてくださいね(^^)また、NGO相談員としてアイキャンスタッフも参加しています。国際ボランティアへの参加、ODAに関すること、NGOへの就職など、みなさまのNGOに関する質問・相談に情報提供やアドバイスを行ないます。ちょっと気になることがある方は、どのような質問・相談でも、気軽に聞いてくださいね。イベント詳細はこちらから→ http://www.world-collabo.jp/

 

 

■10月7日(土)      

 フィリピンの路上の子どもたちを応援する募金活動  

9月の街頭募金は天候不良等の理由により中止になってしまいましたが、10月は「フィリピンの路上の子どもたちを応援する募金」活動を無事実施することができました。総勢4名のボランティアさんが参加してくれました。人数が少ない中でも、声を意識して揃えたり、パネルを有効的に活用したりと、できることは何か考えながら行いました。そのおかげで、70人もの多くの方々に募金していただくことができました。参加者間で、「〇〇さんの声がよく通っているね!」「お辞儀がそろっていたね!」と褒め合う言葉が飛び交っていました。

 

 

 

 

 

お忙しい所、ご参加下さった方々、ありがとうございました。来月も引き続きフィリピンの路上の子どもたちを応援する街頭募金を実施します。ぜひ、一緒に街頭募金を通じて呼びかけていきましょう。どうぞよろしくお願い致します。

 


2017年9月「今日の事務局」(随時更新)

2017年09月09日 16時27分08秒 | 今日の事務局

■9月9日(土)      

 イベント出展のお知らせ

  9月に入り、少しずづ秋を感じ始めてきた今日このごろ... イベント盛りだくさんの秋を楽しむべく、アイキャンもさまざまなイベントに参加します!

9月16日(土) 環境デーなごや2017:久屋大通公園(アイキャンは名古屋テレビ塔周辺に出展)http://www.kankyoday.com/chuogyoji/

9月24日(日) デンソーハートフルまつり2017:デンソー本社5号館イベントホール(刈谷市) https://www.denso.co.jp/ja/csr/social/social/event/170924a.html

9月30日(土)10月1日(日) グローバルフェスタJAPAN2017:お台場センタープロムナード(東京都) http://gfjapan2017.jp/

休日の予定をまだ立てていない方、ちょっと近くまで行くよ~と言う方、ぜひアイキャンブースにお立ち寄りくださいね(^^)フィリピンのお母さんたちが作ったフェアトレード商品をそろえてお待ちしております!!


2017年8月「今日の事務局」(随時更新)

2017年08月31日 16時28分10秒 | 今日の事務局

 

 

■8月26日(土)      

 

 紛争地イエメンの子どもたちを応援する募金活動  

 

先月に引き続き、8月も「紛争地イエメンの子どもたちを応援する募金」活動を実施しました。総勢11名のボランティアさんが参加してくれました。にっぽんど真ん中祭りと同時開催であり、活動開始時は人の多さに圧倒されてしまいましたが、ボランティアさん同士で声を掛け合うことで徐々に雰囲気も和やかになり、楽しく元気に活動することができました。参加者の声には、「前回の参加時よりも多くのチラシを受け取ってもらえた」、「街頭募金の価値を見出せた」といったプラスの感想が飛び交いました。

 

 

 

暑い中活動に参加して下さったみなさん、本当にありがとうございました。みなさんの呼びかけにより、一人また一人とイエメンの現状について知ってくださる方が増えています。これからも一緒に街頭募金を通じて呼びかけていきましょう。どうぞよろしくお願い致します。

 

■8月8日(火)      

 夏休みのお知らせ

今日も暑いですね!昨日は台風の影響で名古屋も激しい暴風雨でした。みなさま、ご無事でしたでしょうか?さて、8月となり、アイキャンも夏休みをいただくこととなりました。8月13日(日)~21日(月)まで休業とさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、事務所へお越しの方やお電話下さる方など、ご注意くださいね。
立秋を迎えても、まだまだ暑い日は続きますので、みなさまくれぐれもご自愛くださいね(^^)