ばばの日記

団塊世代 仲良し夫婦の暮らし
HPは http://www.ibuchan.com/

分かったよ~、他

2014年06月30日 21時40分31秒 | 日常生活


6月30日(月)降ったり止んだり

分かったよ~~~

過日、どなたかがトウモロコシを3本

縁側に置いて下さったというブログを書いた。

どなたが下さったか分からないままに

姉に1本分けて、後2本はは茹でてご飯に炊き込んで完食。

すっかり食べ終わってから、下さった方が分かったよ~



たまたま、ゴミ出しに道路に出たら

ご近所のEちゃんが、我が家の前を通り

「ばばちゃん、前、トウモロコシを3本持って行ったけど

声をかけても留守のようだったから、そのまま置いて帰ったのよ~って。

「Eちゃんだったの?どなたが下さったか分からないまま

もう、全部食べちゃったよ~ありがとうね。ご馳走様でした」と

数週間ぶりに、やっとお礼が言えて良かった!



Eちゃんはついでに、又お弔いが出たことを教えてくれた。

ばばの友人の義父さんが昨日亡くなったって。

昨日で、姉からも聞いてはいた。

今夜、お通夜に行く時は、又ご近所の先輩お二人を

ばばの車に乗せて、姉と4人で一緒に行くことになった。

Eちゃんは、一晩で3件のお通夜に行くから、

友達と一緒に行くんだって。

ばばが仕事をしていた時は、じじ両親が元気で

お弔いもほとんど両親が行っていたが、

今は、ほとんどばばが行くようになった。

地域の方々をまだまだ知らないんだけど

両親がお世話になった方等、じじやEちゃんが色々教えてくれる。

お祝いは、真似じゃれた人が行くことが多いけど

お通夜などは、自分から出かけなくてはならないから

情報が少ないばばは、失礼してしまうことも多かった。

退職後は、Eちゃんが色々情報提供してくれるので

ありがたい。

ばばが出来ることは何だろう???

お隣ご近所の女の方で、車の運転をするのはばばだけだから

ばばは、運転手で、みんなのお役に立とう。

・・・ということで、お通夜などは、

ばばの車に乗り合わせていくことが多くなった。

お隣ご近所のお付き合いって大事だね。



特に、ばばがそう思うようになったのは

去年2月、義父が亡くなった時。

分からないことだらけだったけど、お隣ご近所の方々が

色々助けてくれた。

ばばの自宅周辺も、若い方はほとんどいなくて

シニア世代が多く、じじとばばでも若い方なんだよ。

協力し合えるところは、協力し合っていかないとね。



約束した、夜の7時。

4人でお通夜に行って来て、夕食済ませたら

あっと言う間に、9時を回ってしまい

こんな時間にブログアップ~。



今日は、自宅の押し入れの中をきれいにしようと

午前中は肉体労働。

昼からは義母と面会に行って来たりしたら

あっと言う間に時間が過ぎてしまい・・・・

明日も、今日、お通夜に行った方の告別式に行ってくるのが

第一の仕事。

今日、午前中は大雨が降ったりしたけれど

明日は良い天気になりますように・・・・・

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪


コメント

大きな感動をありがとう!

2014年06月29日 22時11分19秒 | 日常生活


6月29日(日)曇時々小雨

今日は第27回トライアスロン大会。

天城のヨナマビーチを午前8時スイムでスタート。

その後、バイクで徳之島町から伊仙へ抜け、

その後ランで天城へ向かいゴールというコースだ。

ばば達は毎年、家の近くでバイクだ走り抜けるアスリート達を応援する。

例年、第一位の選手は午前9時ちょっと過ぎには通過するということで

9時前に家を出た。

じじはビデオ2台と、大きなカメラを準備した。

応援する場所へ行ってみるとチラホラ応援の人たちは集まっていた。

ボランティアで交通整理をする方や、警察官も立っていた。

今年の参加者は700名以上ということだった。



自動撮影出来るように1台のビデオを設置する場所を決め、

次にもう1台のビデオは、ばばに撮影しなさいとのじじからの指令。

ばばは、これまでの人生、自慢じゃないけどビデオ撮影なんてしたことがない。

ぶっつけ本番で出来るのかな?

そして、じじはいつもの大きなカメラを構え、いつアスリートが通過してもOK!



まず、9時20分位になって先導車が通過、

トップのアスリートが9時10分頃井之川中学校前を通過したと広報している。

今年は、少し遅れているようだ・・・

9時20分も大分過ぎてから、亀徳側から太鼓の音や

声援が聞こえだした!

おっ!トップアスリートが来た!

ばばも懸命にビデオをアスリートの方に向け構える。

あっと言う間にばばの前をバイクは走り去った。

ゼッケン11番だった。

数分後、2位の方が通過!

ゼッケン1番!

1って数字は縁起が良いのかな?

少しずつ時間が過ぎて、次々にアスリート達が近づいては通り過ぎて行く。

拍手もしたいし、声も出したいけれど

今日は撮影しなければならないので、ばばも超緊張。

リレーで参加している方々を除いても500名前後のアスリート達が

駆け抜けるんだろうな・・・・

撮影するじじとばばの周囲ではアスリートが走り抜ける度に

「頑張って~」「頑張れ!」という声援の声が響き、太鼓の音も聞こえる。

ほぼ2100人位通り過ぎただろうか?

じじが「バッテリー切れだ!」って。

予備のバッテリーを忘れてしまい、カメラが使えない!

仕方がないので、ばばが撮影していたビデオをじじに委ねる。

ばばは、緊張して撮影していたせいか

右手指が変な具合に固まってしまい、なかなか元に戻らなくてビックリした。

両手が自由になったので、ばばも精一杯手を叩き声を出して応援したよ。



アスリートの方々は、ヘルメットをかぶっているし

前傾姿勢で走るので、なかなか顔が見えない。

ゼッケンを見ても、どなたなのか分からない。

でも、今回はじじの同級生のお嬢さんがバイクで出ると聞いていたので

その、Yちゃんだけは見逃すまいと目を凝らしていたが

気づいたのは、走り去った後。

残念~。

その後も、じじの知人が通って、じじに合図したり

又、どなたかはっきり分からないけど、じじかばばに向かって

呼びかけた方がいた。

職場の名前がプリントされて黒っぽいTシャツを着用していたが、

じじの教え子だったのか?

ばばの教え子だったのか?

出場が分かっていたら・・・・ゼッケン番号が分かっていたら・・・・

もっともっと応援できたのにごめんね~



アスリート達が通り過ぎる度に「頑張れ~」と応援の声が飛ぶが

アスリート達は必死に頑張っている。

頑張っている人たちに「頑張れ~」と声をかけるのは・・・等と要らぬ事を

チラッと考えたが、今日の場合「頑張れ~」「頑張って~」以外

声援の言葉が見つからなかった。

アスリートの中には、苦しい競技中でありながら、

沿道からの声援に「ありがとう」と声を出して応えたり

頭を軽く下げたり・・・・・

中には両手をハンドルから離して降りながら走るパフォーマンスをする人もいた。

真剣に一生懸命バイクを漕ぐ選手達を見ていると、

感動し、胸が熱くなった。

余裕綽々にみえる方、もう精一杯と見える方・・・・・・

真剣な競技の世界。



小さな離島、徳之島へ県内外、外国から700名以上の方々が来て下さった。

今や、6月最終日曜日のイベントとしてすっかり定着したトライアスロン大会。

27年前、この大会を徳之島に誘致して下さった、元天城町長の寿洋一郎さん。

ご本人も毎年参加されている。

凄い方だなぁと思う。

今回は寿さんのお姿を確認できなかったけど

きっと完走されたことだろう。



最終の走者が通過したのは11時少し前だった。

約2時間、たくさんの島民が、それぞれの応援箇所で

熱烈な声援を送ったことだろう。

そして、参加されたアスリートの皆さんから、

大きな大きな感動をもらった事だろう!



今日の徳之島は、カンカン照りでもなく、時折小雨はパラついたものの

競技にはうってつけの日和だったと思う。



又ひとつ、大きなイベントがが終わったなぁ・・・・・・

来年も、又たくさんのアスリートの皆さんが来島されると良いなぁ・・・・・・


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪


コメント (2)

何故ばばだけ・・・・

2014年06月28日 15時18分30秒 | 日常生活


6月28日(土)晴れ

暑いよ~~

室内で33度だもの~

朝、バスマットとか洗って干したと思ったら、ポツポツ・・・

慌てて、屋根付きの場所に移して干したら

しばらくして、又ピカ~ン。

夕べはクーラーを付けて、最初23度に設定、

寝る前には27度に設定してタイマー設定して寝たら

明け方暑くて目が覚めた。

これから、灼熱委地獄の日が続くぞ~

明日は、トライアスロン大会だ。

9時過ぎには、バイクのトップがばば宅近くを通る予定らしいので

応援してこよう~

天気に恵まれますように・・・

今日より涼しくなりますように・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過日、小学生時代のばばは問題児だったかもって書いた。

何かちょっとした事で、ばばだけ叱られたのは

今思い出しても不本意だけど、先生方から目を付けられていたのかな?

ばばは、いわゆるボスでも何でも無かったんだけど。



もう、2週間くらい経つかな?

ある方のお通夜に姉と一緒に行って、焼香を済ませ

出口に向かって歩いてい姉とばばをご遺族の方のひとりが追いかけてきた。

「???」訳が分からぬまま、立ち止まると

その方(Yちゃん)は、ばばと親しげに話し出し、

ばばにも「ばばちゃん?何十年ぶり?中学卒業以来かなぁ?」と話しかけてきた。

名前を聞いたら、「あっ、Yちゃん」と気づきはしたけど

同じ集落に住んでいた2級上の先輩というだけで、遊んだりした思い出は無かった。

Yちゃんは、「5,6年の頃、お姉さんには良く可愛がってもらったのよ」と言う。

当時、姉は小学校に勤めていたのだ。

お通夜の席で長話も出来ないので、そのまま帰宅した。

数日後、姉に「Yちゃんが可愛がってもらったって言ってたけど・・」

と聞くと、Yちゃん達仲良し女子6人くらいのグループあって

学校の裏庭にほうれん草などを作って、放課後になると

「これ茹でて食べさせて」って持って来たんだって。

とうじは、勤務状況も今のように厳しくなかったので

姉は、Yちゃん達が持って来た青菜を茹でて食べさせたり、

制服のセーラー服スカートのヒダの整え方等を教えてあげていたらしい。

Yちゃんは、何十年経っても、あの頃のことは忘れられないと姉に話したんだって。



そのYちゃんの話を聞いて

ばばもパッと思い出すことがある。

これは我が家の家族は何回も聞いている話だと思うが・・・・・・

Yちゃん達は学校の裏庭に野菜を育てていたらしいが

ばばは、裏庭ではなく学級園で堂々と野菜を育てていたのだ。

小学校5年生の時のことだ。

ばばの母校は校庭に大きな大きなガジュマルの木があって

毎日、庭掃除の時はその落ち葉集めだった。

で、集めたガジュマルの葉っぱなどを、ばばは地理捨て場には運ばず

せっせと学級園を掘り返してはそこに埋めていた。

4月から、10月頃までゴミをせっせと埋めた花園に

あるひ、ばばは大根のタネを蒔いた。

種は、父から貰った物。

毎日花園を覗きながら、大根の生長の様子を見ていたばば。

今にして思えば不思議だけど、生長する大根を

友達も先生も見たはずなのに、ばばに何も言わなかった。

11月末か、12月になって大根は青々と立派に育った。

ばばは、同じ集落の子にだけ(勿論女子だよ)大根を引き抜くことを話した。

そして、引き抜いた大根でお汁を炊いて食べようと。

勿論、友達もすぐ賛成してくれた。



引き抜いた大根を持って、意気揚々と帰宅したばば。

母に「今晩,N子の家に行って、この大根で味噌汁作って食べてくる」と宣言。

決まりとかに凄く厳しかった母だけど、その時は何故か叱られることもなく

自宅でしっかり夕ご飯を食べた後、ばばは大根を持ってNこの家に行った。

既に、友達も3人ほど集まっていた。

N子のお母さんも、叱ることもなく、鍋を準備し味噌なども出してくれた。

ばばが作った大根を手分けして、洗い、切って、

葉っぱも一緒に鍋に入れてグツグツ炊いて、味噌汁を作った。

大根だけ入ったシンプルな味噌汁。

さっき、各家で夕ご飯を食べてきたにもかかわらず

ばば達は、大鍋に炊いた大根の味噌汁を何杯もお代わりして食べた。

帰り道が暗くて、懐中電灯ではなく石油ランプを持ってはいたけど

ドキドキしながら我が家へ帰った。



その翌日だ。

登校するや、又してもばばは職員室に呼び出された。

夜間外出云々で、散々叱られた。

勿論、大根を育てたのもばば、お汁炊いて食べようと言ったのもばば。

だけど。。。。

やっぱり・・・ばばが悪いのかぁ・・・・

そうだろうなぁ。。。。。

ばばが、小学生の頃、「夜間外出禁止」なんて校則があったかどうかさえ

ばばは覚えていない・・・・・

でもさ、自分で料理?をして食べるっていう楽しみに目覚めたのは

この出来事がきっかけだったと、ばばは今でも思っているよ。


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪


コメント

どなたでしょう?

2014年06月27日 14時06分48秒 | 日常生活


6月27日(金)晴れ

布団カバーやシーツを洗濯して、布団を屋根に干した~

(気持ち良く眠れるぞ)って喜んでいたら

バサッ!と、何か落ちるような音と気配。

敷き布団が屋根から落ちてきた!

もう一度担ぎ上げて干し直したよ~。

仮住まい中の両親宅は、布団等が屋根に干せるのが便利!

この天気、夕方まで持つかなぁ・・・・・



朝からやる気満々だったばば。

今日は又ふくれ菓子も作ってみようと思った。

いつもの黒糖味でもなく、ココア味でもなく、抹茶味~~~!

上手く出来るかどうか心配だったから、普段の3分の一量でチャレンジ。

アルミカップをシリコンカップに入れて、生地を入れ蒸してみた。

蒸し時間は10分足らずくらい。

結果は、大成功~

レーズンを入れたけど、抹茶と相性の良い小豆を入れてみても良いかな?

又々、ばばの「ふくれ菓子作りた~~~い」熱がフツフツ。

今度は3倍量でチャレンジするぞ!

じじ~、「もう結構!」と言わずに、味見役、お願いね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、大分前になるけど、夕方の買い物から帰ると

濡れ縁の所にトウモロコシが3本、袋に入れられて置かれていた。

じじは家にいたんだけど、車庫に車がないから留守だと思い

黙って帰ってしまったんだろうね。

さて、我が家の濡れ縁に置いてあるっていうことは

じじとばばにって、持って来てくれたのは間違いないと思う。

でも、すぐに食べて良いものかどうか?

一晩、濡れ縁に置いたままに・・・・

どなたが持って来て下さったのか?

色々考えた。

大体3,4名くらい思い浮かんだけれど、確信はない。

2日目も、そのままにして置いた。

買い物に出かける時とか、ご近所の方と顔を合わせた時に

もしかして、あちらから声をかけて下さるのでは・・・と期待していたが

そういうことも無かった。

う~~~ん、どうしよう?

トウモロコシは収穫してすぐに食べた方が美味しいと聞く。

だとしたら、もういただいてから2日も経った。

3日目に決断した。

どうせ、じじとばばにと下さった物だろうから、ありがたくいただいちゃおう!っと。

たまたま姉もいたので、姉にも1本分けた。

2本は茹でて冷凍した。

新鮮な美味しさがなくなっているなら、

ご飯を炊く時に雑穀米と一緒に入れちゃおう。

トウモロコシをご飯に炊き込むなんてしたことないけど・・・・・・



その翌々日。

ご飯を炊く時に、雑穀米を混ぜたお米の上に梅干しと

冷凍しておいたトウモロコシの実も3分の1ほど入れて炊飯。

炊きあがり、トウモロコシの黄色が輝いていて美味しそう!

試しにつまみ食いしてみると、甘くて美味しい!

じじにも好評だった。

その後も、炊飯の度にトウモロコシも入れて炊いた。

どなたか、下さった方は分からないまま、トウモロコシは完食した。



美味しくいただいたものの、やはり下さった方のことが気になる。



ばばが仕事をしていた時、早朝の車庫に良く野菜が置かれていた。

メモとか残されているわけでなし、

(どなたが下さったのだろう・・・・)と気になりながら

野菜が傷まないうちに・・・と葉物野菜などは食べてしまった。

何週間も経ってから、同僚が「ばばちゃんの車庫に野菜置いたけど

気づいた?」と話しかけてきた。

「あ~~ぁっ、先輩だったんですか?

どなたが下さったか分からないままに、もう完食しました。

ご馳走様でした。ありがとうございました」とお礼を言った。

その後、今度は玄関先にジャガイモが置かれていて

これも下さった方が分からず、だいぶ経ってから後輩が届けてくれたと分かった。



ありがたいけど、下さった方がどなたか分からないと

やはり気になってしまうよね。

だから、ばばは必ず短いメモを残すようにしているよ。



トウモロコシを下さった方どなたかなぁ・・・

いつになったら分かるのかなぁ・・・・



♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪


コメント (2)

袖を継ぎ足して・・・

2014年06月26日 13時58分52秒 | 日常生活

6月26日(木)晴れ

気温30,7度、湿度69%。

蒸し暑くて、じっと座って居るだけでも汗ばむ。

ここ数日、雨で洗濯をしていなかったので

朝イチで洗濯機を回し、庭には洗濯物がいっぱい~。

カラッと乾いてくれるかどうかが問題だけど・・・・



昨夕も、ばばは諸田池に野鳥の出欠点検に行ったよ。

放水器の天辺まで水没し、池の中に野鳥は見えず。

近くの松の木にシラサギが2羽、羽を休めていた。

天気が良くなれば、又、遠出でもしてみようかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天気が崩れる前日、姉と色々お喋りした。

話はいつの間にか若かった頃の話になり・・・・

兄弟姉妹、みんな働き者だったけど、

ばばだけ怠け者だったよね~とばば。

「そんな事なかったよ」って姉はフォーローしてくれたけど、これは事実。

だって、サボっていた、ばば本人が「怠け者」って言っているんだから。

刈り取った稲の脱穀の時とか、脱穀した籾を干す時とか

ばばはサボって屋上に逃げ出し、コンクリートの上で仰向けに寝ていた。

その報いが、色黒・・・・・・

紫外線浴びたいだけ浴びていたんだもの。

ばばの小・中学校時代なんて、日除けなんて考えることも無かった。

直射日光の中を走り回り、砂浜でも野山でもほとんど帽子なんか被らなかった。

今なら、保育園生から帽子の後ろの方に日除けのタレが付いているのにね。



紫外線の怖さを知っていたら、少しはケアしただろうけど

知識が皆無だったから仕方ないね。



そんな話をしながら、「ばばの小学校時代って制服があったっけ?」

という話になった。

姉が「私の時代にさえあったんだから、あなたの時代にはちゃんとあったよ」って。

小学生の時、自分が制服を着ていたかどうかさえ記憶していないばば。

7才上の姉が制服があったと言うんだから間違いないよね~。

でもね、姉が言ったの。

「あなたが何年生の頃か忘れたけど、制服が小さくなったので

上着の袖を継ぎ足して長くしたことがあるよ。

カフスをほどいて取って、白い布を袖に継ぎ足して

又、カフスを付けたの」って。

え~~~っ?

初めて知ったよ~。

袖を継ぎ足した上着を着ていたなんて・・・・

でも、文句も言わず、ばばは着ていたんだって。

そんな時代だったんだ~(って、何時代の人なの?ばばって)

みんな、みんな同じように貧しかったから

繕ったり、継ぎ足したりした服でも文句も言わなかったんだろうね。

それに、朝から晩まで一生懸命働く両親や、年の離れた姉兄を見ていたから

文句など言ったらいけないって思っていたのかも・・・・

我が家では、肌着も普段着も全て姉ふたりが手縫いで作ってくれてた。

散髪も、長姉がしてくれて、いつも前髪パッツンに

横は耳の下でカット。

少しでも前髪が目にかかっていたら母に叱られた。

だから、中学生になって友達が前髪を伸ばしピンで留めても

ばばは、小学生時代と同じような髪型。

「今は、勉強をする時で、お洒落は大人になってからいくらでも出来る」

っていうのが、母の持論だったの。

当時は、そんな母に反発もしたけど

今になって思えば、母が言った事の方が正論に思える。



制服の思い出はないけれど、体操服は小学生の頃から、ちゃんとあったよ。

白い上着に、肩紐付きの黒いチョウチンブルマ-。

時代は変わって、体にピタッとフィットするジャージー生地のブルマーになって

今は、小学生でも短パン。

今でも思うよ~。

中学生の頃、体にピタッとフィットするブルマーを着るのはイヤだったなぁって。

高校まで、同じような体操着だったなぁ・・・

今の高校生達の制服って、お洒落だよね~。



時代と共に、制服も変わったね~



出来る時に、大いにお洒落も楽しまなくちゃいけないなって

今頃になって思う。

お洒落とかとは無縁のばばの青春時代だったけど

それなりに楽しいことも沢山たくさんあったし

我が青春に悔いは無しって、思っている。


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪


コメント

実は・・・ばば・・・

2014年06月25日 09時39分27秒 | 日常生活


6月25日(水)曇

朝食時、ばばが「赤ちゃんって方言で何と言う?

ばば達はオーグァって言ってたよ」と言うと

じじは「アバグヮと言うって。

同じ徳之島でも、同じ単語の方言は微妙に違う。

でも、方言は年々寂れていく。

寂しい気がする人ってどの位いるんだろう?

若い子達は島の方言について考えることがあるのかなぁ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生時代のばばは、とても活動的だった。

というか・・・いわゆる「良い子」ではなかったらしい。

というのも、何人かの友達と一緒に何かやっても

担任の先生から叱られるのは、いつもばばだった。

ばばは、問題児だったのかな?

これまでも、ブログに書いたと思うが

ばば達が小学生の頃は、男子と女子は

いつも「男子」「女子」で別れて行動もし、敵対していた。

小学校3,4年生の頃だったか?

いつもと同じように同じ集落の女友達5、6人と帰っていたら

同じ集落の男子数名が待ち伏せしていた。

そして両手を広げて道路を塞ぎ、ばば達に向かって

「山ん中に押して落とすぞ!」と言うのだ。

山ん中と言ったって、近くにはキビ畑しかなかったんだけどね。

女子の中でも大人しかったSちゃんは、男子の脅しに怖がって泣きだした。

ばばと他の友達は、泣きだしたSちゃんの手を引っ張って

走って逃げた。

当時、家に帰るコースは6つくらいあった。

1番近いコースでいつも帰るのだが

男子が待ち伏せするようになってからは

(どのコースから帰れば男子に待ち伏せされないか)

女子はいつも戦々恐々としながら作戦会議。

そして、男子に見つからず帰れたらラッキー!

見つかった日にゃ全速力で別のコースへ逃げ出していた。

今考えれば、Sちゃんが1回泣いただけで

男子も、実力で叩いたり蹴ったりして、女子を虐めることは一度もなかった。

ただ、当時は男子が両手を広げて「通せんぼ」をしただけで

とても怖くて、そこを強行突破して行く勇気はなかったのだ。

男子も、本当に女子を泣かそうとかは思ってなくて

女子が怖がるのでおもしろがってやっていただけかも知れないが

当時は怖くて怖くて・・・

1番近道のコースは、ほとんど男子が待ち伏せしているので

他の5つのコースを選んで帰っていた。

1番近道のコースは坂道だったし、もし強行突破しても

男子が後ろから追いかけてきたら

かなわないと思っていたのかも知れない。

今なら、絶対黙って引き下がらなかっただろうけど

小学生時代は男子が強かったんだよなぁ~



さっき、「男子に通せんぼされて泣きだしたSちゃんを

引っ張って逃げ出した」と書いたが

その日は、何と海の近くまで逃げて

そこから畑の中の坂道を上って帰るコースを選んだばば達。

全速力で走ったので、凄く暑かった。

季節も夏だったのかも知れない。

そこで、誰言うともなく海に注ぐ「遊泳禁止」の川、

「ブーチゴー(ブーチ川)」で泳ごうという事になった。

このブーチゴーは、別の日のブログに書いた

カッパやケンムンと言われる妖怪が出ると言われていた怖い川だった。

でも、ばば達女子6名は、その川の下流で泳いだのだ。

勿論水着は着てないので、全員が制服を脱いで泳いだ。

水から上がってからは、肌着の上にスカートだけ着て

ランドセルと制服の上着は頭の上に乗っけて6人が1列になって

畑の中の坂道を上がって、それぞれの家に帰った。

異様な小学生女子群団。

様子を思い出しただけで、自分でも笑える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日、どこから情報が入ったのか?

だって、当時は各家庭は勿論、学校にも電話は無かったと思うけど・・・

朝登校すると、担任の先生にばばだけ呼ばれた。

職員室へ行くと、昨日川で泳いだことがばれていて

ばばは色々事情を聞かれ、その後散々叱られた。

何故ばばだけ叱られたのか、今以て納得できない出来事だが・・・・・

どうして、ばば達が遠回りをして帰ることになったか?

その大本の男子は、誰ひとり叱られていなくて

ばばだけが叱られなければならなかったの?

1番は、危ない川で小学生だけで泳いだからだよね・・・・

分かっちゃいるんだけど、ばばの中では

自分の悪さは棚に上げ、男子に対する恨みが募っていったよ。

それと、誰が、学校に連絡したか・・・今以て不明。

もしかしたら、地域の方の誰かが、畑で農作業中に、

変な格好で歩く小学生女子群団?を見つけて

学校に知らせたのかもしれないね。



今でも、たまに実家に帰る時、規則違反をして泳いだ川の近くを通ることがある。

当時は、道も広かったし、川も深かったと思うが、

今通ってみると、舗装もされてなく、デコボコで車1台が通れるくらいの道と

両岸から雑草が生い茂り、川底が見えるくらい浅い川になっている。

昼間でも、車も人もほとんど通らない。

こんな場所で、よく泳いだものだ。

今だったら、とても怖くてひとりでは近づきたくもない。



小学生の頃のばばって、怖い物知らずだったのかも知れない。

いつ、何をしでかすか分からない問題児だったのかも知れない。



最近は、小学生でも男女仲良く登下校している。

時代が変わったのかなぁ・・・・・

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪


コメント

本当?

2014年06月24日 14時50分49秒 | 日常生活

6月24日(火)雨

雨で~~す。今日も徳之島は雨。

昨日からずっと降りっぱなしって感じ。

土砂崩れとか、落石事故が起きませんように・・・



我が家の月下美人、2輪目が夕べ雨の中で咲いたみたい。

今年は2輪とも雨の中で誰にも知られず開花したんだね。

愛でてあげることが出来なくてごめんね。

年限の都合で、開花をずらすことなんてできないものね。

次は、もう来年しか開花しないのかなぁ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜、鹿児島の義姉から「荷物ありがとう~」って電話があった。

すぐに、同じ市内にいるお姉さんにも届けてあげて

県外で暮らす娘にも送ったよ~って。

お隣ご近所で、野菜などをよくいただく方にも分けてあげ

お酒もすぐに兄の仏前の杯に注いであげたって。

「ありがとう~。お餅など、美味しいよ~作り方上手ねぇ」って

褒めてくれて、「家の中にいて徳之島がどの方角か分からないけど

拝みながらいただいているよ」って言う義姉。

送ってあげて本当によかった!

現在のばばは、どうせ暇はいくらでもあるんだから

又いつか手作りのお総菜やおやつを送ってあげよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネコって、ウンチをする時はきちんと穴を掘ってして

終わったら土などをきちんとかけるって本当?



ばば達が両親の家に仮住まいするようになってもうすぐ1年。

住み始めてしばらくすると、門や花壇の中、菜園の中に

何者かのウンチが・・・・・・

ばばは、野良ネコの仕業だと思い、腹を立てながらも

移植ゴテなどを使って始末していた。

ところが・・・

3日前、いつもの魚屋さんに言った時のこと。

その日は何故かミーパパとママネコがトタン屋根の上でツーショット。

その日までは、ママネコや子ネコと一緒にいるミーパパを

見かけたことが無かったので「初ツーショット」にビックリした。

でもね、夫婦(のはず)なのに、2匹は2メートルくらい離れて座って居るの。

子ネコたちはどこへ行ったのか、姿を見せなかった。

しばらく見ていると、ママネコが屋根から約1メートル下のブロック塀に飛び降りた。

わぁ!凄い!

幅15センチくらいしか無いブロック塀に少しもぶれること無く飛び降りた。

パッと頭に閃いたのは、オリンピックの体操競技の平行棒。

ネコの動きは、正に10点満点だった。

ブロック塀に飛び降りたママネコは、トコトコとキビ畑の中に入って行った。

「獲物でも捕りに行くのかな?」と言うばばに

「トイレじゃない?」と姉。

「えっ?」とばば。

「ネコはね、トイレをする時はちゃんと穴を掘ってするんだって。

終わったら、土を被せてきちんと始末するんだってよ」と言う。

恥ずかしいけど、初めて知った~。

じゃ、我が家の庭や花壇にウンチをした犯人は?ネコではないって事?

「犬とかはウンチをしっぱなしだから、飼い主がワン歩をさせる時は

ビニル袋とか移植ゴテとか持って歩いて、ちゃんと始末するんだってよ」とも。

ふぅ~~ん、なるほど。

と感心しながら、キビ畑のママネコを見ていたら

姉が言う通り、穴を掘って用を足し、その後、又土を被せて畑から出て来た。

そして、今度はブロック塀からトタン屋根へヒョイッと身軽に飛び上がった。

又しても、10点満点のフォーム。

へぇ~~、ネコって偉いんだね。

生まれつき、トイレの始末などをするDNAが組み込まれているの?

全てのネコが、本当にお利口さんなの?

もしそれが事実だとしたら、

我が家の庭と花壇、菜園を汚した犯人は誰だ?

飼い犬なのに、紐を引きずったまま、よく我が家の庭に入り込んでくる

あの犬?

俄には信じがたいが・・・・

真実はどうなんだろう?
♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪
コメント

賭けてみた

2014年06月23日 17時42分58秒 | 日常生活


6月23日(月)雨

朝起きて、真っ先に花壇を見た。

蕾の様子から、月下美人が、昨晩咲きそうな気がしたのだ。

去年は、天気も良くてじじがきれいな写真を撮ってくれた。

でも、今年は雨模様で、夜の撮影は不可。

そこで今朝1番に覗いて見たのだが、やはり夕べ咲いたみたいで

白い花びらがが萎んで雨に濡れていた。

残念!

あと1つ咲きそうだけど、開花を見ることが出来るかなぁ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賭けてみた。

誰と?

何に?



先月病院へ行ってから、そろそろ1ヶ月。

そろそろ、また「頭の良くなる薬」いただいてこなくちゃ~

ってことで。

夕べから雨だし、今朝も大降りになったり、小降りになったりの天気なので

(週明けでも、こんな日は患者さんが少ないのでは・・・)と考えたばば。

10時過ぎてからじじに「病院行ってこようかな?今日は天気悪いし

患者さんも少ないはずだから・・・」と言うと、

「ばばと同じ考えの人が結構いるかもよ。

農家の方々は、こんな大雨で仕事が出来ないから、

こんな日に病院行ってこようかな?」と思ってる人も多いはずだよ」と、じじ。

「でも、病院は年配の方が多いから、こんな大雨じゃ

他の町からは来ないんじゃ無いかなぁ」とばば。

吉と出るか?凶と出るか?

10時50分になって「よしっ!行こう!」と決断したばば。

「じじ~万が一、ばばが遅い時は冷蔵庫に、これと、これが入っているから

お汁とご飯は温めて、自分でご飯食べていてね~」と言って

自宅を出た。ワイパーをゆっくり動かすぐらいの雨が降っている。

病院の入り口で、駐車場を確認。

1カ所空いているけど、他の車が横に止まっていて・・・どうしよう?

なら、一番奥に入れておこうか?

ばばより先に出る車があれば、少し移動すれば良いし・・・と思い

奥に車を動かしていると、左手の駐車場から1台の車が出て行き

ばばは、1番良い場所に車も止めることが出来た。

待合所に入ると、まぁまぁ、十数人の方が待っている。

(これなら、12時前には終われるかも。ラッキー)と、診察券を受付に出した。

待つこと30分足らずで名前を呼ばれ、血圧を計ってもらい

しばらく外で待っていると、又すぐに名前を呼ばれた。

診察室の入ると、これ又ラッキー!

女医さんだった。

女医さんだと、何故か安心する。

これまで他の病院にも行ったことあるけど、90%以上が男性のお医者さんだった。

だから、今日は嬉しかった。

女医さんは、とても親切でばばの話すことをきちんと聞いてくれた。

そして、毎月もらっている薬を半量にして、様子を見てみましょうと言ってくれた。



会計を済ませ、薬局へ行くと、半分にきちんと割られた錠剤が

大きすぎるほどの袋に1日分ずつ入れられていて、

それが10日分繋がって1シートになっていた。

「わぁ~」と思わず声が出た。

だって、1シートの長さが60センチ位もあったからね。

へぇ~~~薬を半量にすると、こうなるんだ~とビックリ。

薬局での会計を済ませたら、12時少し回っていた。

夕べからの雨で、町の中を流れる大瀬川が増水しているのでは・・・と

気になったけど、じじのお昼ご飯の方が気になって直帰。



帰宅後、すぐに準備をして、いつもとほぼ同じ時間帯に昼食。

良かった、良かった!

今日のばばの賭けは「大吉」でした~。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪
コメント

思い立ったらすぐ!

2014年06月22日 18時27分46秒 | 日常生活

6月22日(日)晴れ蒸し暑い

室温33度以上。

暑ぃ~~~

一昨日の晩から、寝る時にばばは扇風機回してる。

日に2度、3度着替えなければならないくらい蒸し暑い。

カラッとした暑さなら良いんだけどな・・・

30度以上になったら、扇風機やクーラーを使い、

水分補給をしっかりして、熱中症予防に努めましょうって

先日ラジオで言っていたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、ふくれ菓子作りに熱中していたが

昨日夜、ふと思った。

「鹿児島の義姉にも食べさせて上げたい」って。

ばば兄が亡くなって、今年で25年。

義姉は、ばば家族をとても大切にしてくれる。

メールをし合い、たまには電話で話し、珍しい物があったら送り合い

色々相談にものって貰っている。

義姉はばばより4才年上だけど、とても頼りになる。

多趣味で、踊りや詩吟、習字・・・

他にボランティアでも色々な活動をしていて

じっと家にいることはほとんど無いようだ。

いつも家でボケ~~ッとしているばばとは大違い。

義姉を見習わなくちゃいけないなぁ。



昨日は、鹿児島地方が豪雨で

市内も色々な警報が出ていたので、「大丈夫?」ってメールしたら

「心配してくれてありがとう~大丈夫だよ。

明日まで休みだから、家でゆっくりします」って返信が来た。

義姉とメールした後だ。

ふくれ菓子を義姉に食べて貰いたいと思ったのは。

夕食後、何々を送ろうかと考えた。

ふくれ菓子・兄の仏前に供える焼酎・紫芋餅・黒糖餅・味噌マメ・ツワブキの佃煮・

島のゴーヤと赤瓜・それに、あと何品か入れてあげたい。

考えると即実行主義のばば。

夕食前にツワブキの佃煮は作ってあったから、

夕食後、味噌豆を作り、ふくれ菓子を作り、

黒糖餅と紫芋入り餅の材料を量って、

朝になったらすぐ作業開始できるように準備した。



そして今日、出来上がった物から次々と箱に詰めながら

お餅を3種類又作った。

今日は日曜日で、午前中で郵便局へ荷物を持っていけば

今夕の船に乗り、明日の昼過ぎには配達される。

鹿児島と徳之島間は、毎日定期船があるので

今日送った荷物が、翌日配達なるのがとても便利。

大きな飛行機が就航していた数年前までは

東京の娘達にも早めに郵便局へ荷物を持ってさえ行けば

翌日に配達されていたが、エアーコミューターになってからは

出した日を入れて、4日後にしか届けられない。

やはり、東京は遠いなぁ~。

話が横道に逸れたね。

9時過ぎには最後のお餅が出来上がったので

あら熱を取るため、風通しの良い場所に置き

その間にチャチャッと片付けをし、10時過ぎに荷造って郵便局へ。

局員さんが「確実に今日夕方の船に乗りますよ」と言ってくれたのでホッとした。



今日夕方、いつもの魚屋さんに行ったら

沖縄から上りの定期船は、定刻通り入港して来るのが見えた。

ばばの荷物も、あの船に乗って、明日早朝には鹿児島に着くんだ~。

ばばが真心込めて作ったお茶請けや、保存食。

喜んでもらえるといいなぁ・・・・・

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪
コメント

ぇっ、もう?

2014年06月21日 22時02分40秒 | 日常生活

6月21日(土)晴れ

ばばが毎日通う鮮魚店近くに住みついている「野良猫ミーちゃんファミリー」

今や、お店の方は勿論、お客さんのペットになっている。

お店に行けば、先ずミーちゃんファミリーを探す。

大概、お店のお隣にあるお宅のブロック塀下辺りで

「ママネコ」と子ネコはいる。

お乳を飲んでいる姿をよく見かけたが、昨日は何と!

パパネコそっくりな子ネコはメジロを抱えて食べていた。

え~~っ?

まだ生まれて1ヶ月くらいじゃないかなぁ?

もう、小鳥を食べるの?

最初は、ママネコの周りに3匹の子ネコがいて

パパネコそっくりな子ネコは見当たらなかった。

ばばがそっと覗くと、ママネコは子ネコたちを置いて、自分だけ床下へ逃げ込んだ。

そして、床下から、じぃっと3匹の子ネコたちの様子を見ていた。

母ネコって、どうして、子ネコを残して自分だけ真っ先に逃げるのかな?

自分が逃げることで人間達の注意を自分の方へ向けて

子ネコたちを逃がそうと思っているのかな?

ママネコが床下へ逃げ込んだ後も、3匹の子ネコたちは押し合いへし合い遊んで?いたが

あまりママネコに心配させてもいけないと思い、ばばはお店へ入った。

買い物を済ませ、もう一度ネコの親子を覗くと

パパネコそっくりの子ネコがメジロの死体を抱えて独り占めしていたのだ。

ママネコに似た子ネコも、欲しそうに手を出すのだが

それを押しのけて、ひとりで黙々食べている。

体はママネコそっくりの子の方が大きいのに・・・・

メジロを独り占めしているのは、やんちゃな1番末っ子かなぁ?等と想像した。

しばらく見続けていると、メジロ1羽を完食してしまった。

横でほしがっていた子ネコは、落ちた羽を咥えて

おしゃぶりするような動作をしていた。



生まれて間が無いのに、もう、小鳥を食べていた子ネコ。

あのメジロは、ママネコが捕まえてきたのだろうか?

それとも、最近見る度に痩せていくパパネコが捕まえてきたのだろうか?

ネコって、メスは子ネコにお乳を飲ませたりするけれど

オスは、どんな仕事をするのだろう?

せっせと、家族のために餌を捕ってくるのだろうか?

魚屋のS姉さんのお話では、パパネコは自分だけたらふく食べて

奥さんや子供達に餌を運ぶ様子は見えないって笑っていたけど・・・・

気づかないところで、家族を守っているのだろうか?



ばばが気になるのは、パパネコミーちゃんが、見る度に痩せていくこと。

どうしてだろう?

まさか?ばば達が見てないところで、家族の為に必死になって

餌を探していて疲れているのだろうか?

動作も鈍くなっているし、今までのようにばば達にすり寄っても来ない。

昨日は、道の真ん中に寝転んで、車が来ても起きようともせず

S姉さんが「ミー、危ないよ!ホラッ起きて!車を避けないね!」と

何回も叫んで、ようやくノロノロとブロック塀の所へ歩いた。

今日も、ばばや姉が見ている前で寝転んで、いかにも疲れました~~感をアピ-ル。

お父さんになった途端に激やせし、ヨロヨロお爺さんぽくなってしまったミー。

あなたは、奥さんと4匹の子供を養っていかなくてはいけないんでしょ。

もっと、シャンとしなくちゃ!


ミーパパ、頑張れ!


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪

 バナーをクリックして 応援お願いします。
更新の励みになっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪
コメント