茨城生科研あぐりブログ

農作物の栽培情報や肥料等についてアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イチゴ栽培情報~降雪・圃場冠水ごの対策について&降雪時対策~

2014-02-17 10:46:45 | 日記
おはようございます。

平素は茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く・厚く御礼申し上げます。

関東の北部と甲信越地方ではとんでもない大雪に見舞われております。

被害に遭われている方々へ、心からお見舞いを申し上げます。

先週の茨城は、幸いにして雪は大した事がありませんでしたね。
でも、夜は結構降っていたみたいです。

でも、土曜日に明け方から雨に変わり、それももの凄い嵐!みたいな雨で、
そのせいで、雪が融けてくれたのはいいのだけれども、

ちょっと降りすぎで、所々圃場が冠水してしまったところもあるとの情報をキャッチいたしました。

今年の気候は、なんか変ですね。

と言う事で、今回はイチゴについてアップしてまいります。
ちょっと急いでいるので、今日はかざりっけなしで行かせていただきます。

まずは、
「降雪・圃場冠水後のイチゴ管理について」

先週の雪や、大雨で圃場の冠水やベッドが崩されてしまったりして、イチゴに被害が出てしまった圃場が
多く見られます。下記の対策を参考に被害後の回復を行ってください。

○圃場が冠水してしまった場合

この時期に、圃場内が冠水してしまうと、ベッドの中の肥料成分が流れてしまったり、地温の低下や
土中の酸素不足で、生育の停滞や葉色の抜けなどが、おきてしまいます。
特に今は、イチゴに一番負担がかかっている時です。
今後のなり疲れや果実の品質低下、奇形果などが発生する恐れがあります。

対策1)
株が汚れてしまった場合は、天候回復後すぐに、苗に付着した土を洗い流すように、
ただの水、もしくはMOX300倍液で、株を洗浄してください。
その後エキ病を中心に、殺菌剤+アミノメリット青500倍液を葉面散布して下さい。
※注意 殺菌剤は葉面散布との混用に可否を確認してから使用してください)

対策2)
奇形果、軟質果の予防として、2~3日後からホップアップ500倍+カルタス500倍で2~3日おきに、3回程度葉面散布して下さい。

対策3)
ハウス内の水が引いたら、新チャンス液S300倍+アミノキッポ3号300倍を灌注して下さい。
かん注できない場合は、MOX10kgをかん水し、2~3日後に新チャンス液S10kg+アミノキッポ3号10kgをかん水してください。


次に降雪後の対策です。
これは、前回とアップした内容とかぶる点があると思いますが、ご容赦ください。

1)奇形化防止のための葉面散布
降雪の低温により、花粉の活性が弱くなっております。ホップアップを散布して、花粉の活性を上げて、奇形果の発生を抑えましょう。
また、イチゴのエネルギー源は、光と温度とリン酸です。
低温時のリン酸補給が、生育停滞防止のポイントです。

☆降雪後すぐに ジベレリン2~3ppm + ホップアップ300倍を10aあたり40リットリを目安に葉面散布して下さい。

☆奇形果の防止と凍霜害の防止に。
 奇形果の防止に、降雪後定期的にホップアップ300倍を5~7日おきに3~4回程度葉面散布して下さい。

2)根をしっかり張らせ、なり疲れを防止する液肥管理を実施しましょう。
☆ポイント 窒素は天気に、リン酸は曇天に施用しましょう。
      天気の良い日が3日続けば窒素の補給を!曇天が3日続けばリン酸の補給を行いましょう!

◎降雪後なるべく早く、アミノキッポ3号10kg+新チャンス液S10kg(または、ファイトメット150g)をかん水!
◎10日後くらいの晴天日に、アミノキッポ5kg+新チャンス液S10kg)または、ファイトメット150g)をかん水!
◎曇天低温が続く場合、トーシンPK10kg+エルエス2kgをかん水!


3)地温確保のためのかん水管理。
☆毎日かん水を行いましょう☆
降雪後は、作業に支障のない範囲でなるべく毎日かん水を行ってください。
降雪後、雪解け水で地温が下がります。降雪後の地温よりも、井戸水の方が温度が高いので、かん水を行う事で、
地温が上がり、生育停滞を軽減できます。
毎日なるべく早い時間にかん水を行う事で、地温の確保を行ってください。
特に、降雪後はハウス周りの雪が無くなるまで、必ず毎日かん水を行ってください。

4)曇天が続く場合
・出蕾している場合は、奇形果予防のためにホップアップ300倍液を2~3におきに、着果までの間葉面散布して下さい。

・曇天時は、リン酸が太陽光線のかわりの働きをしま。
 キッポ赤もしくは、トーシンPKを10aあたり5kgを5日に1回、天候が回復するまでかん水して下さい。


以上参考にして下さい。

では、今週もよろしくお願いいたします。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大雨警報!

2014-02-15 09:24:22 | 日記
おはようございます。

平素茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

昨日、「また来週~」
って書いて終わりにしちゃいましたが、

朝起きたら・・・

なんだか

嵐?

もの凄い暴風雨になっているではありませんか(驚)

そして、甲信越の方では、もの凄い大雪!

ビックリです。

そして、現在事務所所在地の茨城県笠間市では
「大雨警報」
発令されております。

明け方まで降っていた雪は、すっかりなくなりました。

でも、風と雨が厄介です。

昼過ぎくらいまで続くみたいですので、
皆さま
気をつけてくださいね。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大した事がなくて・・・・

2014-02-14 18:36:00 | 日記
こんばんは。

平素は茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

代表して取締られ役です。
いつもお世話になっております。

現在事務所のある笠間市岩間地区はとても寒いですが、幸いに雪にはなっていないようです。

昨日からの予報を見る限り、今日もやばい!かと思っていたのですが
予報が外れたわけではないでしょうが(東京とかは降っているみたいです)、積雪がなくて
ちょっとはホッとしております。

前回の雪の影響で、ハウスがつぶれたりと、農作物への影響が出ておりました。
なので、週に2回も大雪になったら大変な事になってしまいます。

でも、今朝出勤時には結構な勢いで雪が降っており、畑一面白くなっていましたから、
今の状態を見ると、本当によかったです。

しかし、まだまだ油断は出来ません。

気象庁の予報では、
明日は雪は降らないものの、風が強く大荒れになる見込みとの事です。

風や大雨は農作物にダメージを与えます。
先週の雪の影響もまだまだ残っていると思いますので、
葉面散布肥料等を有効に使って、農作物に対するダメージを最小限にするよう、
心がけていただければと思います。

今日は巷ではバレンタインと言う日らしいです。
外は寒くても心が温かい人がきっとたくさんいることでしょう。
(私には縁遠い話ですが・・・・)

こんな天気ですが、素敵な週末をお迎えください。

今週もありがとうございました。

また、来週!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

またまた、雪の予報が出ております(ヒエー)

2014-02-13 08:57:37 | 日記
おはようございます。

平素は茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

先週の大雪、45年ぶりと報道にありましたが、45年前は辛うじて自分はこの世にまだ、出没していないので
分りませんでしたが、

自分が中学のときにも先週くらいの大雪があったように記憶しております。
なんたって、授業しないでグランドで遊んでいた記憶がしっかりと残っているから(笑)

そんな事は、さておき。

明日から土曜ににかけて、またまた雪の予報が出ております。

詳しくは最新の天気情報を確認していただきたいのですが、
なんでも、先週と同じようなコースで南岸低気圧が通る見たいです。

となると・・・・・

大雪?

茨城でが、夕がたから土曜日にかけての降水?降雪?確率が80%

ん80%

高い確率ですよね。

これは、やばいですよね(汗)

先週の雪で、ハウスがつぶされたりかなりの被害が出ていると、今日の新聞に載っておりました。

と言う事は

かなりの注意が必要ですよね。

だから、皆さま農作物の注意はもちろんですが、
施設の点検を今一度行うようにしてください。

そして、
葉面散布や液肥かん水をしっかりと行って、農作物のケアをしっかりと行うようにしてください。

毎度同じネタになってしまいますが、

<葉菜類・果菜類の対策>


○草樹勢の強化と光合成の活性化に
(葉菜類・果菜類全てに対応)

◎アミノメリット黄 500倍 + グリーンセーフS 1,000倍
を混用して3~5日おきに3回以上たっぷりと葉面散布を行ってください。
☆低温時でも効果のある窒素(アミノ酸)及びリン酸(ポリリン酸)を有効に施用する事により、低温による生育の停滞を防ぎます。

※生育の状態によっては、アミノメリット(黄)をアミノメリット(青)に変えて散布してください。

◎ファイト・オーツー 1,000倍 + ファイト・マジック 1,000倍
を混用して7日おきに3回以上たっぷりと葉面散布を行ってください。
☆曇天低温時の光合成を活性化して生育の停滞を予防します。

ワンポイント!
低温時は葉からの蒸散が少なくなり、根の活性が下がり地上部のカルシウムが不足がちです。
カルシウムの補給を行うためにも下記の葉面散布を行う事をおススメいたします。

カルシウム葉面散布肥料 カルタス 500~1,000倍  アミノメリットやメリットとの混用施用が可能です。

または

ファイト・カル 1,000倍  液肥との混用は不可ですが、良質の展着剤を配合しております。

上記のどちらかのカルシウム剤を、定期的に葉面散布施用してください。

○根の活力アップと栄養補給に(施設栽培向け)

新チャンス液S 5kg/10a または ファイトメット 150g/10a 

アミノキッポ又は、アミノキッポ3号 5kg/10a
混用して、7日おきに3回程度かん水施用して下さい。

※アミノキッポ並びにアミノキッポ3号は生育の状態によって使い分けをして下さい。
※ファイトメットは必ずぬるま湯で溶かし施用してください。(真水だと溶けにくい場合があります)


そして、これもまたまた同じですが

<イチゴの降雪対策>


1)奇形化防止のための葉面散布
ポイント!
降雪の低温により花粉の活性が弱くなっております。ホップアップを散布して、花粉の活性を上げて、奇形果の発生を抑えましょう!
また、イチゴのエネルギーは光と温度とリン酸です。
低温時のリン酸補給が生育停滞防止のポイントです。


☆降雪後すぐに!
    ジベレリン2~3ppm + ホップアップ300倍
        を10aあたり40リットルを目安に葉面散布して下さい。

☆奇形果の防止と凍霜害の防止に!
    奇形果の防止に、降雪後定期的に、ホップアップ300倍
       5~7日おきに3~4回程度葉面散布して下さい。

☆降雪の予報のときには、アミノメリット青500倍液を前日もしくは当日に葉面散布して下さい。
  ※地温が15℃以下の場合は、カルタス500倍液を混用してください。



2)根をしっかり張らせ、なり疲れを防止する液肥管理を!
ポイント!
窒素は天気の日に、リン酸は曇天時に施用しましょう!
○天気の良い日が3日続けば窒素の補給を。曇天が3日続けばリン酸の補給を行ってください。


☆降雪後なるべく早く!
    アミノキッポ3号 10kg + 新チャンス液S 10kgをかん水施用してください。

☆10日後くらいの晴天時に!
    アミノキッポ 5kg + 新チャンス液S 10kg をかん水施用してください。

☆曇天低温が続く場合には
    トーシンPK 10kg + エルエス酵素 2kg をかん水施用してください。


3)地温確保のためのかん水管理を実施しましょう!
ポイント1 毎日かん水を実施しましょう!

降雪後は、作業に支障のない範囲でなるべく毎日かん水をして下さい。
降雪後、雪解け水で地温が下がります。降雪後の地温よりも、井戸水の方が温度が高いので、かん水を行う事で地温が上がり、生育の停滞を
軽減できます。
毎日なるべく早い時間にかん水を行う事で、地温の確保を行ってください。
特に!
降雪後はハウス周りの雪がなくなるまで必ず毎日かん水を行ってください。



以上、雪が積もらない事を祈っております。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大雪注意報

2014-02-08 08:29:14 | 日記
おはようございます。

平素は茨城生科研に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。


朝起きたら一面の銀世界の笠間市岩間地区です。

すでにこの状態ですが、皆さんも知っていると思いますが、
本日のこの雪は、一日降っているらしいです。

茨城県内も夕がたから夜にかけて、所々では雨マークも出ていましたが、
たぶんしっかりと降ると思います。

先日4日の降雪時に対策情報をアップいたしました。

その内容はこちら↓

アメブロで
葉菜類・果菜類向け
http://ameblo.jp/ibseikaken/entry-11764644150.html

イチゴ向け
http://ameblo.jp/ibseikaken/entry-11764720516.html

これらの対策を再び参考にして各農作物の管理をしっかりと行うようにしてください。


ハウス栽培の農作物については、
ハウスは雪でつぶされないようにしっかりと支え等設置するとかの対策をしっかりととってください。

また、雪によってハウスビニールがきれいになってしまいますと、この後天候が回復するにつれて、
ハウス内の温度が急上昇する恐れがあります。

ハウスの内急激な温度上昇も農作物へ悪影響を及ぼしますので、温度管理をしっかりと行うようにしてください。


この雪の影響がかなり心配です。
10年とか16年とはぶりとの報道もありますが、

降雪後、速やかに対策をとって、農作物へのダメージを最小限にするよう心がけてください。

以上、雪情報でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする