茨城生科研あぐりブログ

農作物の栽培情報や肥料等についてアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梨の樹に感謝を示しつつお礼肥を施用しましょう

2014-08-26 17:20:30 | 日記
こんにちは。

平素は茨城生科研に対し多大なるご支援とご愛顧を賜りまして、
誠に有難く厚く御礼申し上げます。

暑さも一段落

日も一日一日を短くなってきております。


梨(幸水)も終盤を迎えているところだと思います。

これからは豊水の季節です。

と言う事で、順次品種によっては収穫が終了してきております。

そこで、収穫終了した梨の樹に対し、感謝の気持ちをこめてと
来年の貯蔵養分蓄積のために、ちょっと贅沢な肥料を施用してあげましょう。

まずは、まじめにお礼肥の重要性について
葉の機能を回復させ光合成能力を高め、秋根の発根を促す働きと、貯蔵養分を増加させ
春先の萌芽を促進・果実の肥大に効果のある極めて重要な役割を持っております。



と言う事なので、ちょっと贅沢な肥料をご紹介いたします。

その名も
粒状ジャンプ067(10-6-7)

この「粒状ジャンプ」は、
魚の水溶性アミノ酸エキスのすぐれた効果を生かして、肥料成分を高めて
使いやすく粒状にした肥料です。

特長として
天然のアミノ酸・核酸エキスを配合しております。
すばやく吸収され、効果が早く出現します。
生育促進、樹勢回復、品質向上に有効になります。



施用袋数ですが
10aあたり、40kg(2袋)を
収穫終了後に施用します。



その次に
早期落葉防止対策に葉面散布です。


展葉後、果実や樹木を支えてきた葉に直接養分が供給されると、新しい葉緑素が形成されて
葉緑体の機能が若返り、光合成能力も高くなります。
また、老化落葉の時期が遅れることで、枝・根・花芽に多くのデンプンが蓄積され、来年の果実発育に大きな効果が
あるのです。


葉面散布する肥料ですが

アミテート前期用(8-3-3) 500倍 + カルタス(カルシウム肥料)500倍
を混用して7日おきに定期的に散布してください。


と言う事で、
何事にも感謝の気持ちを忘れずに行って、来年のために備えましょう。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« やっと雨が降ってくれています! | トップ | 異常天候早期警戒情報が発表... »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事