茨城生科研あぐりブログ

農作物の栽培情報や肥料等についてアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

栽培情報~大雨特別警報発令しております。

2015-09-10 10:01:13 | 日記
おはようございます。
いつも大変お世話になっております。

現在栃木県と茨城県に大雨特別警報が発令させれております。
数十年に1度の大雨に見舞われております。

お盆明けからの異常天候のダメ押しになっております。

農作物生育がかなり心配されます。

が、降雨中の圃場巡回は、危険ですので
圃場巡回が雨が落ち着いてから行うようにして下さい。

そして、天候が回復してからは防除を徹底するのはもちろんですが、
草樹勢の回復を葉面散布をしっかり行うようにして下さい。

<葉菜類>
  アミノメリット青 500倍+ファイト・オーツー 1,000倍
 混用して3~5日おきに適宜葉面散布を行ってください。

<果菜類>
  アミノメリット青 500倍+カルタス 1,000倍
 混用して3~5日おきに2回以上葉面散布して下さい。

<根菜類>
  (人参・大根等)※生育初期のもの
  アミノメリット青 500倍+ファイト・オーツー1,000倍
  混用して3~5日おきに2回以上葉面散布して下さい。

  (カンショ等)収穫間じかなもの
  ファイト・オーツー1,000倍+ファイト・マジック1,000倍
  混用して5~7日おきに葉面散布して下さい。

<イチゴ>
 (定植後の場合)
  アミノメリット青500倍を2~3日おきに2~3回葉面散布して下さい。

 (定植前の場合)
 アミノメリット青 500倍+ホップアップ 500倍
  混用して適宜葉面散布を行ってください。

<ハウス栽培共通>
大雨によりハウス内が冠水してしまった場合、酸素が欠乏することが考えられます。
酸素供給剤MOXを10aあたり10kgをかん水または、かん注施用して下さい。


☆葉面散布メリット
何度も書いておりますので、もうご周知のことと思いますが、強い雨に長時間当ってしまうと、作物の葉から養分の流亡(リーチング)が起ってしまい、その後の生育に大きな影響を及ぼしてしまいます。天候回復後葉面散布を行う事により、速やかに養分を作物体内に補給することが出来、草樹勢の回復を図る事が出来ますので、必ず行うようにして下さい。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 天候不良対策~キュウリ編~ | トップ | イチゴ栽培管理情報~天候不... »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事