♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して68年の
「世の光」を文字で 

■そのままでいいのです / 大井 満

2020年03月19日 | Weblog

2020/2/6放送

  世の光の時間です。今月、木曜日のメッセージを担当します東京にある板橋教会の牧師、大井 満です。

 私たちの救い主イエス様は、様々な人を招いてくださるお方です。イエス様は公の働きを始められた直後に、まず弟子たちを招かれました。弟子になるようにと招かれた人々は、もともとガリラヤ湖の漁師だったり、人々から嫌われていた取税人だったりしました。つまり当時の社会では決して地位が高い人ではなく、多くの人々から尊敬されているような人々でもなかったということです。

 マタイの福音書4章によると、最初にイエス様がお招きになったのは漁師たちでした。ペテロとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネの4人がガリラヤ湖のほとりで主イエス様に招かれて弟子になりました。彼らはこのあとおよそ3年間を主イエスとともに過ごし、その生き様を見、ことばを聞き、十字架と復活の証人となっていきました。

 しかし彼らは最初から模範的なクリスチャンであったわけではありませんでした。彼らはイエス様の薫陶を受け、神様の霊である聖霊をいただいて変えられ、弟子・使徒として用いられるようになったのです。

 このようにイエス様は完璧な人間や出来上がったクリスチャンをお招きになるのではありません。むしろ不完全な、神様の前に罪があるような、その人をそのままで招いてくださり、ともに歩んでくださるのです。私もクリスチャンになって45年程になりますが、本当に愚かな人間です。でもこんな者もイエス様は「わたしについて来なさい」と招いてくださいました。

 4人の漁師たちは、「彼らはすぐに網を捨ててイエスに従った。」(マタイの福音書4章20節、参照 マルコの福音書1章18節)「彼らはすぐに舟と父親を残してイエスに従った。」(マタイの福音書4章22節、参照 マルコの福音書1章20節 )、とマタイの福音書に書かれているように、生活のために必要な道具も大切な家族すらも一旦そこに残したまま素直にイエス様の招きに答えたのでした。

 イエス様は今日も皆さんを招いておられます。そのままで良いのです。あとのことはイエス様にゆだねて「わたしについて来なさい。」(マタイの福音書4章19節、マルコの福音書 1章17節、 参照マタイの福音書9章9節、参照マルコの福音書2章14節、参照ルカの福音書5章27節、参照ヨハネの福音書12章26節、参照ヨハネの福音書21章19節)とおっしゃるイエス様の招きに答えてください。主イエスはいつもあなたとともに歩み、支えてくださいますから。


    ( PBA制作「世の光」2020.2.6放送でのお話しより )

******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 

この記事についてブログを書く
« ■主を恐れ、その仰せを大いに... | トップ | ■レプタ、二つ / 関根弘興 »