♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■ラジオと聖書のことば① / 羽鳥頼和

2022年05月24日 | Weblog

2021.11.16放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。

 ある週刊誌で、ラジオのことが取りあげられました。「ラジオが面白い」と題して特集が組まれ、紙面の半分以上を割いて記事が掲載されていて、嬉しく思いました。ラジオはもう古くてインターネットに取って代わられてなくなってしまうと思っていたからです。
 その雑誌の中のラジオ番組の制作についての記事のタイトルが目に止まりました。それは「たくさんの一人に伝わるように報道現場が総がかり」というものでした。「たくさんの一人に」という表現はラジオ放送の特徴をよく捉えています。ラジオは多くの人に伝えるメディアです。そして、その特色はパーソナルな個人的関係をつくることができるということです。ラジオのパーソナリティーはあなたに語りかけます。ラジオを聴く人も「私」に語られていると感じるのです。まさに「たくさんの一人に伝える」のがラジオ放送なのです。

 「世の光」はラジオを通して聖書のことばをたくさんの一人にお伝えしています。新約聖書ローマ人への手紙10章8節にこうあります。
 「みことばは、あなたの近くにあり、あなたの口にあり、あなたの心にある。」

 この「みことば」とは神のことばであり、聖書のことばです。「世の光」はあなたに聖書のことばをお届けします。

 そして、「みことばは、あなたの口にあり、あなたの心にある。」というのです。これはどういうことでしょうか。

 聖書は続けてこう語っています。
 「もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。」

 人はみことばを聞くことによって、イエス・キリストを心で信じ救われるのです。

 聖書は約束してくれています。
 「主の御名を呼び求める者はみな救われる。」

 「たくさんの一人」にみことばが伝えられます。そして、みことばによって主イエス・キリストを信じる者はみな救われるのです。

 あなたも聖書のことばを聞き、イエス・キリストを信じましょう。死んだ者をよみがえらせる神があなたを救ってくださいます。

   (PBA制作「世の光」2021.11.16放送でのお話より)
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***?

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■神への文句と神の愛 / 羽... | トップ | ■ラジオと聖書のことば② /... »