♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■嫉妬 / 板倉邦雄

2019年01月08日 | Weblog
2018/11/20放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は男性たちの嫉妬についてお話ししたいのです。
 
 嫉妬と言いますと、まあ平たく言えばヤキモチでしょうか。他の人が自分よりも優れていることに対して羨み妬むことですね。使徒の働き5章の続きです。

 さて、初代のキリスト教会が民衆の尊敬を受けるようになりました。イエス様を信じて仲間に加わる者が男女ともますます多くなってきました。キリストの使徒と呼ばれる弟子たちの人気は高まりました。特に使徒ペテロのそばに病人や汚れた霊に苦しむ人たちが来ると、すべて癒されて行きました。ペテロの陰に当たるだけで癒されていったのです。それを目撃した神殿の大祭司と彼ら宗教指導者たちは使徒たちに対して羨み妬みの思いで心が一杯になってしまいました。

 私たちの嫉妬の心はいつも自分と人と比べてばかりいるところに起こってきますねえ。自分よりも劣っている人を見ると優越感に満たされます。しかし自分よりも優れている人を見ると劣等感に落ちてヤキモチで満たされるのです。私たちは温度計のように上がったり下がったりする毎日を過ごしてしまうのですね。

 では、どうしたら嫉妬の心から開放されるのでしょうか。それは人を見ないで天の神様を見ることです。そして神様の目を持って自分を見、また人を見ることではないでしょうか。高いビルの上から地上を見れば人と比べる必要はありません。

 さて、嫉妬に狂った宗教指導者たちは使徒たちを手にかけて捕え、公共の留置所に入れてしまいました。嫉妬や妬みは悪い行動へと私たちを駆り立ててゆくのです。

 ところが夜、主なる神様の使いが留置場の扉を開いて使徒たちを連れ出しました。そして御使いはこう言いました。
 「さあ行きなさい。そして神殿の庭に立ってキリストのいのちのことばをもれなく人々に語りなさい。」

 使徒たちは人を恐れることなく、夜明けと共に神殿の庭に立ってキリストの教えを始めました。

 聖書のことばです。
 「人を恐れると罠にかかる。しかし、【主】(神)に信頼する者は高い所にかくまわれる。
     箴言 29章25節

  (PBA制作「世の光」2018.11.20放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■エパタ、開かれよ / 岩井... | トップ | ■相続地を受け継ぐまで / ... »