♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して68年の
「世の光」を文字で 

■モーセの挫折 / 岩井基雄

2020年08月03日 | Weblog

2020/6/8放送

 世の光の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。
 第二月曜日の今日は旧約聖書のモーセの生涯から学んでみましょう。

 先月はモーセの決断を学びました。神はご自分の民を憐れみ、モーセをリーダーとし、奴隷状態であったエジプトから脱出する使命を与えます。多くの苦難を承知でモーセは決断し、エジプトに向かったのです。そしてエジプトの王ファラオの前に立ち、神の民を出て行かせるようにと願いました。しかし順調にいきませんでした。事は思わぬ方向に向かったです。

 それはファラオが神の民の苦役をさらに増し加え、今まで与えていた藁(わら)さえ与えずに、同じ量のレンガを作るようにと強いたのです。当然のことながら、神の民の怒りはモーセに向かいました。モーセにとってそれは予想を越える痛みであり、挫折であったことでしょう。しかしその中でモーセはどうしたでしょうか。聖書はこう記しています。

  それでモーセは【主】のもとに戻り、そして言った。
 「主よ、なぜ、あなたはこの民をひどい目にあわせられるのですか。
  いったい、なぜあなたは私を遣わされたのですか。
          旧約聖書 出エジプト記5章22節

 モーセは戻るべき所を知っていました。それは主にある神様の所でした。すべての主権を持ち、モーセを遣わされた神様の元に戻って、彼は自分の思いをすべて神に申し上げたのです。
 「なぜひどい目に遭わせるのか。なぜ私を遣わしたのか。」 その呻きや叫びをモーセはそのまま神様に届けました。それはモーセが神様を信頼していたからです。

 神様はそれを待っておられ、私たちの力ではなく神様から受け取る力によって、また神のことばと約束によって、奮い立っていくようにと私たちをも導かれるのです。神様はあなたの人生にもチャレンジを与えてくださっています。あなたも神様の約束を神様のことばを握り締めて、決断の一歩を踏み出してみませんか。どのような苦難や困難やたとえ挫折があったとしても、あなたとともにいてくださる永遠の神様に信頼して、力強く歩ませていただきましょう。

 聖書のことば
 「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。
  神があなたがたのことを心配してくださるからです。
     新約聖書 ペテロ第一の手紙 5章7節

  (PBA制作「世の光」 2020.6.8放送でのお話より ) 
 
*** 

このサイトは URL名として 
 http://yonohikari.biblica.info  
が使えます。。。携帯からもこのURLでどうぞ。 

*** 

東海福音放送協力会へのお問い合せは、 
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ 

***  

 

 

この記事についてブログを書く
« ■まず、主のことばを伺ってく... | トップ | ■アレオパゴスでの説教2 - ... »