♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■手や足を見なさい/板倉邦雄

2018年06月05日 | Weblog
2018/5/1放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。今日は「手や足を見なさい」という題でお話しします。 今日は復活のイエス様が、愛する弟子たちの前に登場したルカの記録です。イエス様の復活したからだとはどういうものだったのかを書いてあります。

 さて、エマオの村へ旅行中の二人の弟子たちは復活のイエス様に出会いましたので、急いでエルサレムの都に引き返しました。帰ってみると11人のイエス様の弟子たちと仲間たちが一堂に集まっていました。そこで二人の者たちはエマオの途上でイエス様に会ったことや、夕食でパンを割いた様子でイエス様だと分かった、と興奮して話したのです。

 その時でした。突然、復活されたイエス様が11人の弟子たちと仲間の中にお立ちになったのです。そして、「安かれ。あなたがたに平安がありますように。」と言われました。

 弟子たちと仲間たちは恐れ驚いて幽霊を見ているのだと思いました。

 すると復活されたイエス様は言われました。
 「あなたがたはなぜビクビクしているのですか? どうして心に疑いを起こすのですか? わたしの手や足を見なさい。正しくわたしなのだ。触ってみなさい。幽霊には肉や骨はないが、あなたがたが見る通り、わたしにはあるのだ。」
 そう言われて、手と足とをお見せになったのです。

 弟子たちと仲間たちは喜びの余り、まだ信じられないで不思議に思っていました。

 するとイエス様が、たたみかけるように、
 「ここに何か食べ物がありますか?」
 と言われたので、弟子たちが焼いた魚の一切れを差し上げますと、イエス様はみんなの前で食べられたのです。

 ですから、復活されたイエス様のからだは手や足があり、手で触れることもできて、食べることもできた、ということですねえ。ですから、霊体ではないということです。

 しかし、突然、締め切った部屋の中に立つことができたのですから、三次元の体ではないということも分ります。

 ではどのような状態の体であるのでしょうか。例えるなら、あのイモ虫が蝶になって空中を舞う姿・形を想像したらどうでしょうか。私たちも復活されたイエス様を信じるなら、イエス様と同じように復活の身体が出て来るのです。本当の私が出て来るのです。

  (PBA制作「世の光」2018.5.1放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■キリストの愛に生かされたヘ... | トップ | ■助けることができる / 福... »