♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■一番大切なこと / 佐々木真輝

2022年09月19日 | Weblog

2022/4/18放送

 「世の光」の時間です。北上聖書バプテスト教会の佐々木真輝(まさき)です。

 4月17日はイースターというキリスト教の記念日でした。最近はキリスト教とは関係なく春のお祭りとしてスーパーの食品売り場に「ハッピーイースター」というシールが貼られた卵が売られていたりします。けれどもイースターはイエス・キリストの復活をお祝いする日です。ご存じでしたか?

 復活したということは、その前に死んだということになります。ではイエス様はどうして死なれたのでしょうか。民族解放のために立ちあがり、戦いで命を落としたのではありません。また事故や病気で死んだのでもありません。イエス様の死は私たちの罪のためであったということが、聖書のことばから分かります。

 新約聖書のコリント人への手紙第一15章3節と4節をお読みします。
 「私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書に書いてあるとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおりに、三日目によみがえられたこと」
 
 イエス様は死に向かっていく恐ろしさや、すべてを失う悲しみを知っておられるだけではありません。私たちの心の中や最も愛する人たちとの関係さえ破壊してしまう罪の力を知っておられます。誰でもやってそうな、誰でも思いそうな、そんなちょっとした罪が、こすっても取れない黒カビのように私たちの心と生き方に深く根を下ろしています。この罪が私たちから安心や喜びを奪い、人生に闇を招き、人を傷つけてしまいます。罪は、神がお造りになり大切にしている世界といのちあるものを傷つけるということです。そして私たちに大きな負いきれない報いを招きます。その負いきれない報いを代わりに引き受けてくださったのがイエス様の死です。 

 しかし、イエス様がその死からよみがえってくださったことで、私たちには希望が与えられました。神が愛しておられるものを傷つけ汚す、そんな罪をもった私たちが、それでも赦され、喜びを取り戻し、他者を愛する者にさえ変えられていく希望です。

 死に向かっていく恐れがある。自分の中にある黒いものために傷つき傷つけてしまう。そんな私たちですが大丈夫です。私たちために死んでくださったイエス・キリストは復活し、今も生きておられ、私たちに新しいいのちを与えてくださいます。


    ( PBA制作「世の光」 2022.4.18放送でのお話しより )


******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする