♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■神の言葉の力によって / 岩井基雄

2022年09月05日 | Weblog

2022/4/4放送

 「世の光」の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。
今日は詩篇119篇のことばから、神のことばの力によって生きる祝福に心を留めてみましょう。

 私たちは自分の心を表現したり、互いの交流の方法としてことばを用いますね。ことばには力があり、人を励ますことも深く傷つけることもあります。また、心を生かすことばに出会うと私たちは生きる力を受けるのです。

 この詩篇の作者は、日々、神のことばから力を受け、このように歌っています。
「もし あなたのみおしえが私の喜びでなかったら それなら私は 私の苦しみの中で滅んだでしょう。私は決して あなたの戒めを忘れません。それによって あなたが 私を生かしてくださったからです。」
   旧約聖書 詩篇119篇92、93節

 人生の苦しみの中で、神の言ことば・神の教えこそが、自分を救い、生かしたことをこの詩篇の作者は心からの感謝を持って歌うのです。 

 第二次世界大戦の時、ユダヤ人をナチス・ドイツから守ったために家族とともに強制収容所に入れられたオランダ人、コーリー・テン・ブームというクリスチャンをご存知でしょうか。彼女は、お姉さんがひそかに持ち込んだ聖書のことばによって力と希望を受け続け、お姉さんが亡くなった後、その収容所内の人々を神のことばで励まし続けたのです。奇跡的に助け出された彼女は、神の愛とことばの力を世界中で証しし続けました。
神のことばにこそいのちと力があります。みことばは、苦難や葛藤の中にあってこそ、私たちに真実な愛と知恵を与えるのです。

 この詩篇の作者は神のことばの豊かさを続けてこの歌います。
 「どれほど私は あなたのみおしえを 愛していることでしょう。 それがいつも 私の思いとなっています。 あなたの仰せは 私を敵よりも賢くします。 それがとこしえに私のものだからです。」 
      詩篇119篇97、98節

 全世界を造り、すべてのことに主権を持っておられる神の知恵、神の恵みのことばに生かされることは、私たちに力と知恵と祝福を与えるのです。
 
 あなたも神のことばである聖書に親しみ、日々聖書のことばに生かされ、どんな中にあっても希望といのちに輝いて歩む人生、神の力を受け続ける歩みを始めませんか? 


    ( PBA制作「世の光」 2022.4.4放送でのお話しより )


******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする