イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

ステップスケーティングとスーパースケーティング

2017-03-08 11:11:58 | その他のスポーツ
 昨日BS1で放送されたノルディックスキー世界選手権、男子50km。

 世界大会で長い距離は、競歩の50kmがあります。4時間を切る速さではありますが、走るのよりは遅いです。
 クロカンスキーの50kmは2時間前後での決着。走るのよりはるかに速くて、上りがあることを考えると、すごいことです。

 今大会はフリーで実施。スケーティングで走り切ります。
 解説の今井博幸さんが、ステップスケーティングとスーパースケーティングの説明をしていました。
 先日、複合団体の時に阿部雅司さんがスーパースケーティングのことは話していました。
 昨日の説明からすると、ステップスケーティングは右、左どちらか中心に力を入れて、スーパースケーティングは両足ともグイッと滑り出す、そんな感じに聞こえました。

 また、最大酸素摂取量の話題もあって、トップ選手は80前後、高いと85くらいということで、マラソンのトップ選手と同じです。

 日本では、野尻あずさ選手がクロカンスキーからマラソンに転向しましたが、増田明美さんが、つま先が開くのはスケーティングの影響と解説されたこともあってか、どうもクロカンスキーとマラソンは直結しません。
 つま先が開くフォームは、クロカンスキーをしてなくても見られるし、クロカンスキーで得られるプラス面(例えば最大酸素摂取量の増加や上半身の筋力アップ)を考えると、もっと研究していいんじゃないかと思います。
『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョージアのインサイト | トップ | 「セーラー服と機関銃」がか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他のスポーツ」カテゴリの最新記事