イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

岩倉具視、幕末時の年齢

2018-08-13 09:01:27 | TV・映画
 昨日の「西郷どん」

 岩倉具視が目立ってました。鶴瓶さんが「怪人 岩倉具視」役。

 怪人かもしれないけれど、五百円札の肖像を考えると、怪人と言っちゃうのも何だか…。
 加山雄三さんはご先祖様を怪人とは思ってないでしょうし…。

 岩倉具視は生年が1825年。大政奉還の時で、42歳。
 それを思うと、ちょっと演じている人との年齢差が大きすぎるような。
 これから新しい時代を切り開くというイメージとは違っているように思いました。
 もっと若作りにするのかと思ったら、そうではなかったです。

 2008年の大河ドラマ「篤姫」の時の岩倉具視が片岡鶴太郎さん。54歳で岩倉役。岩倉は57歳で没しているので、そのくらいがぎりぎり、役ともとの人物との重なり具合のように思います。あの時も怪人ではあったかな。

 幕末から明治、誰を主人公にするかで見方いろいろ。
 でも、歴史に名を残すことのない、多くの市井の人たちが世の中を作り上げてきたんだという、そういう感じもします。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 熱帯夜ではないけれど | トップ | 「高齢化社会は急ピッチでや... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TV・映画」カテゴリの最新記事