イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

幕内最初の取り組みが栃煌山・妙義龍

2018-05-18 20:30:10 | その他のスポーツ
 今日の大相撲、中入り後。
 最初の取り組みが栃煌山と妙義龍でした。
 三役の常連という時代があったことを考えると、時の流れを感じてしまいます。
 もっとも、2人とも怪我で番付を下げてしまったという面があるので、栄枯盛衰というのとは違うかもしれません。

 2人の対戦は今日の取り組みで23回目。
 妙義龍が勝ったので、対戦成績は栃煌山の12勝11敗に。

 今日の中入り後の中では、この両者の対戦が一番多くて、その次は琴奨菊と松鳳山の16回目。
 初顔合わせから5回目までの対戦が多く、その点では世代交代が急速に進んでいる感じもします。
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
« 悪質な行為があったのに、指... | トップ | 屋久島のニホンザル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他のスポーツ」カテゴリの最新記事