イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

びわ湖毎日、ネガティブスプリットは?

2021-03-02 09:38:28 | 陸上競技・ランニング
 一昨日のびわ湖毎日マラソン。

 先頭集団の中間点通過は1時間02分36秒でした。
 単純に2倍すれば、2時間5分12秒。大迫選手の2時間05分29秒を越えることになるという計算。

 ペースメーカーが外れる30km以降がどうなるか、という実況・解説だったのですが、鈴木健吾選手が35kmまでが15分02秒と、唯一15分を越えただけで、40kmまでは14分39秒と大きくペースアップ。
 40km以降は6分16秒。すごいです。
 後半は1時間02分20秒。後半が16秒速いネガティブスプリットでした。

 大会HPで結果一覧を見ると、3位の細谷恭平選手が、ネガティブスプリット。
 前半は第2集団。1時間03分21秒で中間点を通過。ゴールは2時間06分35秒。
 後半は1時間03分14秒。後半が7秒速いです。ほぼ1km3分のイーブンペースで走りきったといえそうなラップタイムです。
 
 サブテンランナー42人の中では、その2選手だけがネガティブスプリットのように思います。
 (現在も体調がいまひとつで、細かい数字を見るのがちょっとつらい面があるから、見落としがあるかもしれませんが)。

 前半をハイペースで突っ込んでも、後半粘れるというのが、シューズの効果なのか、気象条件なのか、あるいは今回のレースに向けて各選手が抜群の練習・調整をしてきたのかわかりませんが、後半ペースを上げるというのは、さすがにすごく大変なことだというのはわかりました。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« BSN杯バスケ中学女子決勝 | トップ | 東京より千葉の感染者数が多... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

陸上競技・ランニング」カテゴリの最新記事