イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

タイブレークの満塁弾…

2018-08-12 20:15:03 | 野球
 済美がサヨナラ満塁弾というのは、Yahoo!のトップページで見ました。
 てっきり9回裏のことだと思ってしまいました。

 NHKニュース7で、試合の経過が映って、8回裏に済美が8点とって、それでも勝負を決めることにならず、9回表に星稜が2点とって、9:9。
 点の取り合い。

 しかし、延長12回までに得点ならずでタイブレーク。
 佐久長聖に続いて、北信越地区の高校がタイブレーク。
 表の星稜は、ファーストゴロでそれが進塁打。
 サードゴロがフィルダースチョイスになって1点、さらにスクイズで1点。

 一方、裏の済美は、セーフティバントで満塁。
 そしてサヨナラの満塁弾。

 星稜は背番号11の寺沢投手が9回裏から投げていて、12回まで無失点。
 13回の結果で4失点だけれど、自責は2。攻撃が始まった時点で一塁と二塁にいたランナーは自責に含まれないのだと思います。

 記録を後々、比較というのか、過去に例があったのかというような時、どう扱われるのでしょう?
 逆転サヨナラ満塁ホームラン。大会史上初と言われているようですが、仮に9回裏に、逆転サヨナラ満塁ホームランが出たら、2回目と言われるのかな? それともタイブレークを除けば史上初、と言われるのかな?

 星稜が負けたのも残念なんだけれど、やっぱり後攻の有利さを感じたり、ちょっと何だか、スッキリしない、もっと延長続けてよ、という気持ちもあります。
 (佐久長聖と旭川大高は表の佐久長聖が勝利。その点では、どっちが有利かは五分五分。)
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 映像の世紀プレミアム 第10集 | トップ | 熱帯夜ではないけれど »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-08-13 10:14:40
「甲子園で奇跡を起こした愛媛の選手」の名前がまたしても「矢野」
コメントありがとうございます (戌年男)
2018-08-13 11:01:08
>Unknownさん

コメントどうもありがとうございます。

奇跡のバックホームに次ぐ、矢野姓の活躍なんですね。
Unknown (こんな記事が。)
2018-08-14 04:08:01
こんな記事が。
https://www.hochi.co.jp/baseball/column/20180813-OHT1T50150.html
コメントありがとうございます (戌年男)
2018-08-14 08:45:30
>こんな記事が。さん

 コメントどうもありがとうございます。

 個人的には、8回裏の8失点がより大きなこととして印象に残ってます。

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事