イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

アンモニアを燃料として輸出

2020-11-21 09:58:59 | Weblog
 昨日のBS1「国際報道2020」で、サウジアラビアが次世代エネルギーとしてアンモニアを輸出すると伝えていました。
 
 アンモニアが燃料になる?

 説明からすると、天然ガスから水素を取り出し、それに窒素を加えてアンモニアにする。
 そうすれば輸送が楽になる。

 その点はわかるとして、アンモニアを受け取った側は、そこから水素を取り出すということなのでしょうか?
 つまり燃料としては水素。

 そうであれば、燃料電池で使う水素の需要はこれから増えるのでしょうから、大事な輸出物質になるのでしょう。

 以前、マツダは水素を直接燃料とするロータリーエンジンを開発していました。それはどうなったのでしょう? パワーが足りないとか、水素をどういうふうに安全に搭載するのか、そういう問題はあったように思います。

 アンモニアの輸出のことがメインというより、G20の議長国としてのことがメインだったように思うので、アンモニアの輸出というのが、どういうことなのか、また別の番組等で取りあげていたら、しっかりチェックしようと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« N-ONEの折り込みチラシ | トップ | 藤井二冠200勝40敗、羽生九段... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事