イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

完封にも見える勝ちっぷり

2018-11-19 08:42:49 | 将棋
 昨日のNHK杯テレビ将棋トーナメント。

 久保利明王将と阿久津主税八段の対戦でした。
 実力者同士の対戦で、伯仲した展開になると思ったら、86手で後手の久保王将が勝ちました。考慮時間も2分残していました。

 完封勝ちといった感じでした。

 対局前の両者のインタビューが、たぶん、この結果を象徴していたような気がします。
 阿久津八段は「久保王将のペースにはまらないように」。久保王将は「迷わないように。直感に従う」
 そういうことだったんだろうと思います。

 解説は屋敷伸之九段で、久保王将のことを「さばきのアーティスト」「振り飛車の大御所」と言ってたし、阿久津八段も同じことを。

 十二分にわかっていても、術中にはまってしまう、そういうことだったんだと思います。
 
 阿久津八段がお手上げだったわけでなく、攻め合いに転じて、隙あらば…というところまで持っていっても、微塵の隙も見せず、そういう感じでした。

 2008年度に初タイトルの棋王、そのあと王将もとって二冠。羽生世代を凌駕するのかという勢いでしたが、そのあと、やや低迷みたいな時期もあって、今は再び王将。
 今年で43歳。円熟期に入ったのかな。

 次は今泉健司四段との対戦で、こちらも注目を集めると思います。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ランナーが自転車で買い物? | トップ | セキノ興産、ニューイヤー駅伝に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事