イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

明日阪神戦に松坂予告先発

2018-04-18 20:20:33 | 野球
 明日の中日・阪神戦、中日の予告先発は松坂。阪神は小野。
 
 前回の巨人戦が5日だったから、ちょうど2週間後ということになります。
 巨人戦では、5回を投げて被安打8、奪三振5、与四球3、失点3(自責点2)。

 思ったより三振が多くとれていた印象があります。
 阪神打線はその時の投球内容をチェックできますし、たぶん三振は少ないような気がします。もちろん、松坂も2週間きっちり整えてマウンドに上がるのでしょうから、前回以上のコンディションになっていれば、逆に阪神打線が戸惑うかもしれません。

 NPBでの勝利は2006年西武時代が最後ですから、勝ち投手になれば12年ぶりの勝利となります。メジャーを含めれば2014年のメッツ時代以来の勝利となります。
 
 好投を期待したいです。 
コメント

テイク・オーバー・ゾーンが30mに

2018-04-18 20:04:38 | 陸上競技・ランニング
 陸上競技のルール変更で、リレーのバトンゾーンが20mから30mに延びます。

 今まで、ブルーラインの位置からスタートしても、10mはバトンを受け取れませんでした。
 今年度から、その10mで受け取ってもOK。30mの区間で受け渡しができます。
 
 競技会で一番助かるのは監察員かも。今までだと、テイク・オーバー・ゾーンの手前で受け取ってしまった場合のチェックも必要だったけれど、それがなくなるので。
 
 選手サイドに立てば、走力の高い選手により長く走ってもらうという作戦もとれるはず。2走と4走になると思います。
 ということは、記録の更新もありそう。
 世界記録あるいは各国のNational記録はともかくとして、中学校、高校、大学の単独チーム記録は伸ばせそうな気がします。

 フィールド種目では跳躍競技の試技時間が1分から30秒に短縮されるのも、変更点。

 トラック&フィールドのテレビ中継の際に、ルール変更の説明があるかもしれませんし、見ていて感じるくらいに大きく違ってくるかもしれないので、注目しようと思います。
コメント

週刊文春の見出し

2018-04-18 19:51:30 | Weblog
 米山知事が辞職。
 NHKニュース7で、トップ扱いかと思ったら、7時22分頃でした。
 すでに、辞職濃厚という感じだったから?
 
 トップニュースは財務省の福田事務次官の辞職。
 日米首脳会談のこともありました。

 米山知事に関しては、結局内容がわからないまま。
 週刊文春のHPを見たら、明日発売の中吊り広告というのか、見出しがずらっと並んでいるのが出ていました。

 見出しの中に「女子大生買春」の文字がありました。
 成人の独身女性というのは、会見で出ていたように思いますが、女子大生か…。
 結婚を前提に…というつきあいではないのでしょうね。
 複数というのも会見であったから、確かに知事を続けるというのは、無理でしょう…。
 知事になる前からという説明もあったように思いますが、それは同じ人とつきあってきたという意味ではなく、そういう女性との関わりが以前からあったという意味なのかもしれません。

 何となく、同年代の女性とのお付き合いを想像していたので、その点ではとても驚きの見出しです。
コメント

アルファロメオの顔

2018-04-18 17:08:02 | 自動車
 レースから3日目。
 筋肉痛は残っているけれど、今日は普通に走るつもりでスタート。

 出てすぐの道路横断で、正面からとても目立つ顔つきの車がやってきました。
 アルファロメオです。白のジュリエッタ。中央の盾が何ともかっこいいです。ヘッドライトの内側にデイライトがついていて、それもまた曇り空というのもあって、すごく目立っていました。

 エンジン音も大きめ。ディーゼル?と思ったくらい。もちろん、いい音です。
 たまたま通りかかったのか、ご近所の車なのか。

 静かな車が強調される時代ではありますが、視覚的にも聴覚的にも目立つことが安全面にはプラスになるというのもあると思います。

 普通に走ろうのつもりが、ちょっと頑張ってみようかなくらいの意欲アップになりました。
コメント

打線の違い? 大谷2回3失点

2018-04-18 16:57:44 | 野球
 BS1でエンジェルスとレッドソックスの試合が放送されました。

 先発大谷は、立ち上がりからコントロールが不安定。
 初回は先頭打者ホームランの1点にとどめましたが、2回にも2失点。それで降板となりました。

 あとから、マメができたことが伝えられましたが、マウンドに立った時からできていた?
 投球数が66球なので途中でできたのだろうと思います。

 となると、やはり相手打線の違いが影響した?
 BS1の解説は小宮山悟さん。「アスレチックスには失礼なんだけれど、打線の違いは雲泥の差と言ってもいいくらい」と。そういうのが意識に入っていた?
 
 うまくいく時もあれば、うまくいかない時もある。そういうことかもしれません。
 マメができたというのが、次の先発予定に影響するかもしれないけれど、中6日で先発するのではないかというのが放送席の感じでした。
コメント

DeNA・飯塚、登録抹消

2018-04-18 16:51:10 | 野球
 DeNAの飯塚悟史投手が登録抹消となりました。
 昨日の新潟での先発を前提に、その前2戦の先発があったようにも思います。
 
 今日はDeNA・巨人戦はなく、明日の予告先発は東投手と吉川光夫投手と発表されています。

 飯塚投手の代わりに一軍に上がってくるのは、20日に先発する誰かということなのでしょうか。

 現在セ・リーグ投手成績は1位が京山1.10で、飯塚投手はメッセンジャーと同じ2.16の3位タイ。
 それでも、勝ち星なしの1敗。京山投手は3勝。
 上がってくる投手のことを考えると、まずは飯塚投手が一度ローテーションから外れるということなのでしょう。
 
 再登録は28日以降なので、イースタンで登板してチャンスを待つのでしょう。
コメント

根性論主義者と言える人

2018-04-18 11:34:01 | 陸上競技・ランニング
 月刊陸上競技5月号の「部活応援企画」で、大阪桐蔭高校の花牟禮武先生が取り上げられていました。
 東大阪大学柏原高校時代から、たくさんの全国レベル選手を育てています。
 新潟県出身の走り高跳び佐藤凌選手も、東大阪大柏原時代の選手です。

 ちょっとびっくりなのは、「私はもともと根性論主義者である」と述べていること。
 根性論の時代じゃない、という記事はよく見聞きしますが、自らが根性論主義者と言えるのは今や珍しいケースのように思います。

 ただ、科学的、合理的というより、経験を重んじていると述べている部分もあって、現実としてそういう指導者は多いように思います。
 もうひとつ、根性論の意味するところは、2000年までは「朝練習1時間、夕方4~5時間の練習」という、すごい量。
 現在は量より質に重きをおいて、「集中力」をテーマにしていると。

 門下生は、たくさんいるわけですが、現時点で一番知られている名前は多田修平選手だと思います。

 部活動指導に関しては、やっぱり活動日数や時間の制限だけでは語れない、たくさんのことがあるように思います。
コメント

昇格チームと降格チームの差?

2018-04-18 11:19:59 | その他のスポーツ
 J2アルビが、栃木に敗れたのは知っていましたが、栃木が昨年J3だったというのは、うっかりしてました。

 そういえば、村田修一選手がBCリーグの栃木に入団した時に、バスケもサッカーも野球も栃木に注目というような、そういう記事を読んだ記憶があります。
 
 村田修一選手が松坂世代であるのは有名で、バスケの田臥勇太選手も、サッカーJ2栃木の大黒将志選手も同じ世代だという、そんな記事。

 J2復帰と話題となる選手が加入して、上昇ムードは高まっているのでしょうね。
 一方アルビは、降格したという部分が、いろんな意味で影響しているように思います。

 1年でJ1復帰という目標は、すでに難しくなっている状況だと思うので、もっと得点がとれるようなシステムとか、何かアルビらしい形ができるような試合をやってもらいたいです。
コメント

レース賞金と公務員

2018-04-18 11:09:47 | 陸上競技・ランニング
 ボストンマラソンの優勝賞金は15万ドル。
 川内優輝選手は、公務員。
 アマチュアという言葉が、明確な意味を持っていた時代は、賞金をもらったらアマチュア規定に触れて、何らかの処分ということもありました。

 瀬古利彦選手がボストンマラソンで優勝した当時、すでに賞金はあって、でも、その時には受け取れず日本陸連が管理。引退後、選手に渡す、そんなシステムだったと記憶。

 今は、アマチュアという概念がないような状況で、川内選手も賞金を手にすることができるのでしょうが、公務員という立場だとどうなるのか?
 副業というのとは違うけれど、15万ドルというのは、年収の数倍でしょうから、副業扱いにならない? 
 
 設楽悠太選手が日本記録を出して、実業団連合から1億円をもらった時には、「何に使いますか」という質問が、「クローズアップ現代+」でも出ていましたが、川内選手が手にする賞金に関しても、話題にしてもらいたいところです。
コメント (4)

カナダとアメリカの林業

2018-04-18 10:19:03 | Weblog
 今朝のBS1「キャッチ!世界のトップニュース」で、林業のことが取り上げられました。

 トランプ大統領がカナダからの輸入材に高い関税をかけたということで。

 アメリカの林業関係者からは歓迎の声がある一方、建築業者からは、資材高騰で新築住宅も高くなり、若い年齢層の人たちが購入しにくくなっていると。

 林業は日本でも注目されにくい分野です。
 単純に木材供給という点だけではなく、二酸化炭素に関して言えば吸収してくれるわけですし、森林があることで様々なものが供給できることも重要です。

 農林水産業がひとまとめにされることも多いですし、農業、林業、水産業どれも大事なんだけど、中でも一番目立たないのが林業のように思います。
 日本でも、もっと力を入れて欲しい分野です。
コメント