イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

永久凍土の上に街

2017-11-09 20:42:05 | TV・映画
 昨日のBS-TBS「世界絶景紀行」
 オーロラがすごくきれいでした。
 
 カナダのドーソンシティ(Dawson City)。

 建物が垂直ではないということで、街の人に尋ねたら、
 「永久凍土の上に街があるから」と。
 1mも掘れば凍土があると言ってましたが、それが溶けるから傾くような話でした。
冬場は-50℃とかもあるらしいですが、それでも溶けるというのか、建物を傾けるような変化があるのかと驚きました。

 そういえば、福島第1原発の汚染水処理に関して凍土遮水壁を作ったけれど、どうなっているのでしょう? ドーソンシティに比べたら、すごくあたたかい気候になるわけですが、安定した「凍土」を維持できるのかな?

 ドーソンシティの人口は2000人。

 道路は舗装してない部分が多いというのですが、これは学生時代にカナダの林業を学んだとき、林道は舗装の必要ないと教わったような気がします。
 日本のように高温多湿で降水量も多いと、舗装の必要性が出てくるけれど、カナダは舗装しなくても道路が安定しているということだったように思います。
 現在もそういう理由で舗装してないのかどうかはわかりません。

 昨日は2時間スペシャルだけど2つの枠になっていて、ちゃんと両方録画予約したので、きれいな景色をたっぷり見ることできました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外房線、特急わかしお

2017-11-09 20:26:03 | TV・映画
 今日の午後、BSジャパンで放送していたドラマ「猪熊夫婦の駐在日記」
 第2作。2005年の作品。

 最初に小学生の下校風景が映り、後方上部には素敵な電車が走っていました。
 けっこう長くて、8両か9両くらいはあったから、特急かと思い調べてみました。
 特急わかしおでした。地名としては鵜原となっていたから、鵜原駅近くをゆっくり走っていたのかな?

 わかしおの動画があったので、見てみたら素敵でした。
 東京から安房鴨川まで2時間くらいで、快適な旅ができそう。

 ドラマの中の車で、オペル・ベクトラ(左ハンドル)が出ていました。
 オペルの販売は2006年まで。ドラマで使われていたのは、それよりだいぶ前のモデルだと思います。自損事故でひっくり返ってしまって、車両がもったいない…という使われ方でした。

 地井武男さんと研ナオコさんが猪熊夫婦の役。
 なかなかの名コンビでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5本指ソックス復活

2017-11-09 20:05:55 | 陸上競技・ランニング
 久しぶりに5本指のソックスをはきました。
 ランニング用。

 鯖石ロードレース後、左臀部の痛みがひどくて、普通の靴下をはくのにも苦労して、そのあと体調悪化で寝込んだのもあり、5本指ソックスをはける状況ではありませんでした。
 
 一昨日から、ロングジョグができるようになり、今日は5本指ソックスをはけるんじゃないかと試したら、スッとはけました。よかったです。

 まだ、臀部の痛みは残っているし、腰の張りもあります。
 それも徐々に回復するでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投げ文…メールより確実かも

2017-11-09 18:46:53 | TV・映画
 昨日のBS-TBS「水戸黄門」に篠田麻里子さんが出ていました。

 忍びの役。名前は詩乃。「しの」にこだわる?

 お銀がいないことだから、これから一緒に旅をするのかと思ったら、崖から飛び降りてしまいました。海に…。
 そこは忍びだから、生きているんでしょうと思ったら、生きてました。
 光圀を狙う一味に。そっちの仲間になっちゃった…。かなりのワル顔で、柳沢吉保(袴田吉彦)にお目通り。

 だけど、実はワル顔のふりして、黄門ご一行を見守るというか、狙うふりして助けるんじゃないかという、そっちの展開も考えるんだけれど。

 ドラマ「銭女」の時に、かなりのワルを演じてましたが、そっちの役もこなしちゃうなら、ワル顔のまま行くのかな?

 詩乃が公儀隠密から連絡をもらったのは投げ文でした。現代ならメールかな…。メールだと着信に気付かないかもしれないけれど、投げ文だとすぐ開いて読むから、かえって確実かも…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天気の変化が西からなら

2017-11-09 18:36:10 | 雑感
 夕方4時半頃、東の空がきれいで、外に出てみたら、西の空にはまだ濃い色の雲。




 天気の変化は西からということだと、まだ明日も晴れない?

 天気と言えば、ラジオ第二で放送している「気象通報」

 以前は、1日3回あって、特に夜10時からのが好きでした。夕方6時のデータ。
 北と南でこんなに違うのか!というのが、各季節で実感できて。
 今は夕方4時の1回だけ。

 今日の放送で、低気圧の動きを「東に30キロ」という言い方で、速さを伝えるなら、時速30キロと言うべきだと思うのですが、音声であれ、文字であれ、速さを数字にキロを付けただけで、表すこと多くて気になるところです。

 大谷は160キロ投げますというのと、千代の富士は200キロの小錦を投げます、というのがごっちゃにならないところが、日本語の便利さではあるんだけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツグミかな?

2017-11-09 11:46:45 | 雑感
 10時半頃、鳥の鳴き声がとても近くて、何事?と思いました。
 特に、何かがあったわけでもないようです。

 外に出てみたら、飛び立って電線にとまりました。

 IXY 610Fの望遠側で撮影。
 近づいても大丈夫と思ったけれど、あいにく雨が降り始めて、デジカメを濡らすのがためらわれ、軒先から望遠での撮影。

 何となく、鳴き声がツグミと思ったのですが、直感だけ。
 姿を見ても、これがツグミと言えるだけの野鳥の知識がないからわかりません。
 鳥(ちょう)ではなく、蝶ならばたいていわかるのですが…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本女子駅伝のエントリーメンバー

2017-11-09 11:40:36 | 陸上競技・ランニング
 12日に行われる東日本女子駅伝。
 大会HPにエントリーメンバーが載りました。

 どのチームも、実業団選手は少なめ。大学生がその分多いです。
 という中で、出色とも見えるのが静岡県チーム。
 清田真央、安藤友香、渡邉喜恵とスズキ浜松ACの3選手を登録。
 チームが実業団登録してないので、クイーンズ駅伝の出場はないという、その点が東日本女子駅伝に関しては大きなメリットになると思います。

 長野県は高校生が強いですし、長野東OGを加えてチームワークは強力でしょう。ナンバーカード17が長野、18が静岡。まずは注目の数字。

 その前の16が新潟。
 監督が八木さゆみさん、コーチが加藤暁美さん。選手に谷間咲南さんと、近藤愛さんが選ばれたので、またまた4人が揃いました。
 2016年の都道府県対抗女子駅伝にその4人が同じように監督、コーチ、選手として参加。選手2人の母が、監督・コーチと同じチームで参加したというので、京都新聞の記事にも取り上げられました。
 東日本女子駅伝では、その4人が一緒というのはあったのかな?
 戦力としては、シスメックスの高山琴海選手が登録されていて、主要区間を走るのかどうか。

 テレビ中継楽しみです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クイーンズ駅伝、10人エントリーは16チーム

2017-11-09 11:23:47 | 陸上競技・ランニング
 クイーンズ駅伝のエントリー一覧が、日本実業団陸上競技連合のHPに載っていました。

 出場22チーム中、10人フルエントリーのチームは16。
 7人2チーム、8人1チーム、9人が3チーム。

 区間は6つ。最終エントリーはレース前日25日の12時まで。
 13時から監督会議があり、それ以降の選手変更はレース当日8時までに、審判長に届け出て許可を得た場合のみ。
 ということは、箱根駅伝のように、メンバー変更を前提にオーダーを提出し、そこから駆け引きが始まっている、という要素はないはず。

 つまりは、各区間を走る人数が揃えば、補員となる選手がいなくても、大きな心配はないのでしょうが、急に体調悪化というケースもありうるわけで、それが審判長の許可を得るケースでしょう。
 
 7人エントリーでも、それが不利とは一概に言えないんだけれど、レースまでの準備期間で故障者を出さないようにしないと足りなくなる…という心配はあると思います。
 ちなみに7人は資生堂。監督が川越学氏に戻りました。2017年1月より。
 現在、部員が7人。来シーズンは増やすのかな?

 陸上競技に取り組むことと、社業との兼ね合いは各チームそれぞれでしょうが、22チームのメンバーをみると、女子長距離が活況を呈しているようにも思えるし、いやいやもっと華やかだった時代があったじゃないか、という思いも。
 
 監督名をみると、選手あるいは指導者として著名な方ばかりですが、女性監督は山下佐知子・第一生命グループ監督のみ。紅一点だ!!
 クイーンズ駅伝にもっともふさわしい華となれるか。田中華絵選手か佐々木文華選手をアンカーに据えて、華を飾るというシーンがあればいいですね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

所在の連絡だけはしないと

2017-11-09 09:00:08 | 
 週刊朝日の連載小説「傲慢と善良」(辻村深月)。

 婚約者が行方不明になって、必死に探す主人公・架。
 架の動きが書かれていたときには、続きがとても気になりました。
 婚約者・真実は無事なのか…。

 でも、結局、ストーカーの存在さえ嘘で、今は、真実がどうしてそういうことになったのか書かれているんだけれど、そういう意味では緊迫感は薄れました。
 せめて、私は無事ですからと、それだけでも連絡しておけばと思ったりするのは、現実に置き換えちゃってるからか。

 そういう事件というか、家族が所在の確認できなくて、届け出たら、大きな事件になっていたと連日伝えられてますから、つい現実とオーバーラップさせてしまいます。

 小説として考えても、もう架と真実の結婚は無理でしょ…と思える状態。どうなるのでしょう? 行方不明の時ほどではないけれど、続きは気になります。

 それにしても、やはり所在の連絡だけはしておかないと。
 ケータイあるいはスマホを一人一人が持つようになって、いつでも連絡が取れるという安心感か、はたまた口実か。自分の行き先を伝えることなく出かけるというのは増えていると思います。
 例えば、出張にしても、どこに泊まるとかはもちろん、用向き先も言わないケースありそう。

 家出など、わざと所在を隠すこともあるでしょうが、そういう事態にならないように、極端な話、家出はいいけど、どこにいるかははっきりさせてね、みたいなことが、以前よりさらに必要になっている世の中なのかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンセント outlet 出口

2017-11-09 08:49:28 | 雑感
 今朝のラジオ第二、基礎英語1で、コンセントにちなんだ言葉の行き違いが紹介されていました。

 途中から聞いたので、全体がわからないんだけれど、日本でコンセントというのは、差し込み口であり、またプラグの部分もあり。

 留守にするときは、コンセント抜いておいてね、というような使われ方。
 コンセントは抜けませんて。抜くのはコードの先っぽ、プラグでしょう、という細かい話になるんだけれど、通常、コンセント抜いておいてね、で通じる。

 電気店で、コンセントを買いたいというのは、三ツ口コンセントのようなもののことだったのでしょうか。
 商品名としては、トリプルタップとかコーナータップと呼ばれているようです。コードがついているのはテーブルタップですから。

 基礎英語1に出演している方が、「アウトレット」が欲しいと言ったら、隣にあるアウトレットモールを教えられたという行き違い。

 outlet 出口ですね。電気の出口。

 差し込み口と考えても、英語だとelectrical outletやwall socket。

 コンセントという用語が、どうして使われるようになったのか、考えてみれば不思議なことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加