ファイナンシャルプランナーのニュースチェック

日々のニュースをFPの視点からチェックしてコメントします

勇壮 宵山の石見神楽 島根の社中、八坂神社で奉納 

2007-07-17 06:01:51 | Weblog
勇壮 宵山の石見神楽 島根の社中、八坂神社で奉納 2007年7月17日 京都
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007071600162&genre=I1&area=K10
 祇園祭宵山の恒例行事となっている島根県の伝統芸能、石見(いわみ)神楽の奉納が16日夜、京都市東山区の八坂神社であった。勇壮な舞が観客らを魅了、祇園祭を盛り上げた。
 同神社の祭神スサノオノミコトが神楽の演目に登場することから、京都島根県人会の八坂神社島根奉賛会が30年以上前から行っている。
 島根県浜田市金城町の久佐西組神楽社中の舞い手が、午後7時すぎに能舞台に登場。「塩祓(はらい)」に始まり、太宰府に左遷された菅原道真が左大臣と刀を交える「天神」やスサノオノミコトが大蛇を退治するクライマックスの「大蛇(おろち)」まで6演目を披露した。
 全国的にも珍しいという和紙と粘土で作った面を着け、テンポの速い八拍子の囃子(はやし)に合わせて舞う姿に、舞台前にぎっしりと並んだ観客は盛んにカメラのシャッターを切っていた。

厄よけちまきに人垣 祇園祭 宵山に35万人 2007年7月17日 京都
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007071600166&genre=I1&area=K10
 祇園祭は16日、宵山を迎えた。途中、小雨がパラパラ降り、傘の花も開いたが、見物客は名残惜しそうに山や鉾、露店を縫って歩き、宵山の風情を楽しんでいた。
 三連休最後の休日。京都市中心部の山鉾町かいわいには、35万人(午後9時、京都府警発表)が詰めかけた。
 「常は出ません、今晩限り」。授与品を並べたテントから浴衣姿の少女たちの厄よけちまき、お守りを案内する歌声が響いた。お囃子(はやし)とは違った趣に誘われ、テントの周囲は人だかりもできた。
 午後10時半ごろからは、17日の山鉾巡行が晴れるよう祈願して、各山鉾町から八坂神社、御旅所までを往復する「日和(ひより)神楽」もあった。



はいは~い(笑) 私、その石見神楽を見に行って来ました。雨がほぼ降り止んだ夕方から出掛け、32の山鉾の半数程(灯りが付いているのは情緒的で良いのですが、ご神体が乗せていないのは仕方ないとしても、骨組みだけの山が何個かあったのは残念でした。)を見学してから、八坂神社に向かったのですが、ちょうど3番目の『大江山(鬼退治)』を演じていて、その後に『恵比寿』、「鍾馗(しょうき)」、『大蛇(おろち)』と演じ続け、結局最期まで見てしまいました…(^^ 『大蛇』はホント感動もので、私もシャッターを切りまくりでしたね。
 ちなみにこの石見神楽、本場は島根県浜田市だそうで、演目も30以上あるのだとか…。そういえば、鷺舞(さぎまい)も京都の八坂神社から津和野の八坂神社に伝わり、京都の方は一旦廃れてなくなってしまったものの、津和野の鷺舞を元に、戦後に復活させたのだとか…。(鷺舞は24日の花傘巡行が終了した後の八坂神社での奉納でも見ることができます)
 島根と京都…。中には小京都と呼ばれる津和野が島根県ではなく山口県にあると勘違いしている人もいる(観光案内では萩・津和野と扱われることが多いので無理もないんですけどね…)ようですが、伝統芸能という意味では、島根と京都は中々深くつながっているようですね。


1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仁摩町馬路ブログ書きました (春日屋)
2009-02-03 22:04:28
島根県大田市仁摩町馬路

この近辺の情報ブログ掲載中

大田・仁摩・温泉津は、「Ohub」単にこの文字で

検索、 大田ブログ・・・・をあけると情報満載。

 

コメントを投稿