東京で小旅行!東京のアンテナショップめぐり

日本全国のアンテナショップが東京のおしゃれなエリアに集結!
おのぼりさん気分も味わいながらご紹介いたします。

■アンテナショップ、海外初の試みについて

2021年04月01日 | アンテナショップ

石川県が3か月間、シンガポールの高島屋ショッピングセンター地下2階で、

アンテナショップを開設しているという記事を見つけました。(2019年10月時点)

県産品を販売して、現地消費者の需要動向を探るとともに県の認知度向上を狙うとあります。

 

国内では、銀座に石川県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」がありますが、

3か月間限定とはいえ、海外にアンテナショップを置くというのは、

勇気ある試みだと思います。

実際にどんな反響があったのか、とても気になります。

 

髙島屋ショッピングセンターという集客力の高い場所にアンテナショップを設置することで、

現地消費者に石川の魅力を訴求する。

多様な顧客層に幅広い商品を提案し、売れ筋商品の価格帯などのマーケティングを進め、

県内企業の商品開発・改良にも役立てるとあります。

特に面白いと思ったのが、石川が日本全体の生産量の約99%を占める特産品である

金箔をテーマにしたコーナーを設置し、石川の技術・素材とシンガポールの文化を

融合させたマーライオンの箸置きを販売したらしいのですが、実際に見てみたいです。

日本国内にとどまらず、アジアから見た日本、アジアから見た石川県について、

特産品や伝統文化・技術に対する評価もわかるので、とても興味深いです。

 

実際に石川県は、シンガポールで企業間取引事業として、県産品の販路開拓を進めてきて、

現地の主要な業界関係者とのネットワークを形成できたことから、次の段階として、

企業・消費者間取引への訴求に力を入れることにしたとあります。

 

石川県の魅力を海外で、発信する。

そういった努力に触発された県も出てくるのではないでしょうか。

新たな試みが、新たなモデルケースとして広がるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする