東京で小旅行!東京のアンテナショップめぐり

日本全国のアンテナショップが東京のおしゃれなエリアに集結!
おのぼりさん気分も味わいながらご紹介いたします。

■いきいき富山館(富山県)

2016年07月25日 | アンテナショップ

有楽町交通会館の地下1階に富山県のアンテナショップ「いきいき富山館」があります。

本日、いきいき富山館で物産アドバイザーをやられている大谷様よりお話を

伺わせていただきました。

「以前は、東京駅の八重洲のビルに富山県のアンテナショップも入っていて、

小さい事務所と少し物販もしていました。

今から14~15年前に銀座界隈でのアンテナショップ の出店がブームになっていました。

富山県も遅かったと思うのですが、出店いたしました。」

 

富山県さんは銀座に出店することについて何かお考えはございましたか。

「富山は、まだ富山ブランドとしてそこまでいってなかったのですが、

富山の発信拠点にしなければならないということと、アンテナショップが銀座には沢山あり、

アンテナショップめぐりが盛んにおこなわれているという視点から、

東京・有楽町・銀座界隈で出店する場所を探していました。」

 

いきいき富山館で働いている方は、富山県出身の方が多いのですか。

「アドバイザーをしている私自身は、富山県出身で、民間出身です。

ここは、富山県が母体でその第3セクターである富山県いきいき物産(株)に委託されています。

また、富山県いきいき物産(株)の本社から一人派遣されて、店長という形になっています。

レジ等で働いている方も富山県にゆかりがあります。」

 

こちらを訪れる世代はいかがですか。

「ふるさと思考が強くなるのは、中高年ではないでしょうか。

今から14年前の設立当初は、県関係者や県人会の方が沢山いらしていましたが、

今はお買い物途中の方とか、この界隈にお勤めしている方がリピーターになっております。

路面店ではなく、地下に出店したことのマイナスをずっと 言われていた

のですが、地下鉄の駅が地下道でつながっているので人の流れがよくなり、

猛暑なので暑いときは皆さん地下に降りてくるし、雨が降っても地下に人が流れてきます。

今は、路面店でなくてはならないことを全く感じなくなりました。」

 

いきいき富山館からのお勧めしたいものは何ですか。

「全部お勧めですが、一番の売りは入口にあるこの実演コーナーです。

現地から生産者に来ていただいて、ご自分の商品の実演試食販売をして

いただいています。

本日は、ユウカメロンの生産農家の方に来ていただいております。

この場所で、生産者の方に首都圏の皆さんとコミュニケーションをとって頂き、

また首都圏のお客様の意見をフィードバックさせる場でもあります。

それを商品開発のヒントに活かせたらと思って、平成18年にリニューアルした際に

このコーナーを設けました。当初、とても画期的な試みでした。

生産者の顔が見えるということで、食への安心感を消費者に与えることが出来ます。

(※普段的には、試食は出しておりません。)」

入口の壁面にもイベントのご案内が貼ってありますね。

「ご利用なさっているお客様が中高年の方が多いので、目で見てイベントのチラシをもらって、

イベントにいってみるという声をよく聞きます。

また、ここを立ち上げる時に首都圏で富山は、まだあまりよく知られていませんでした。

富山と言ったら何を想像なさいますか、イメージは何ですかということを

お聞きしながら、商品の選定をいたしました。

その声を聞くことで、現場の生産者と共に商品開発もいたしました。

現在お店に置いている商品は、常設で650~700品目あります。

富山県の素晴らしい素材を、首都圏のお客様の日常の中に入れ込みたいというのが希望で、

柱となっております。

富山の食材を知って頂くとともに、富山のもつイメージを展開させていただいています。

また、このいきいき富山館のいきいきというのは、新鮮という意味が込められています。」

 

ここで、実際に売れているものは何ですか。

「かまぼことか、富山といえば、マス寿司です。あと氷見の寒ブリです。」

お魚の形をしたかまぼこは、首都圏には無いので珍しいと思います。

「富山では、冠婚葬祭などのお祝い事には、このお魚の形をしたかまぼこが

なくてはならなくて、大きいものを切って、近所の皆さんにお裾分けをする文化があります。

これを「さちのこわけ」と呼んでおります。

このお魚型のかまぼこも首都圏用に富山で販売されているよりも小さく(少人数用)に作られています。

また、昆布の消費量がトップ3に入ります。これは、北前船が通っていた影響です。

昆布が沢山とれるわけではありませんが、前日に残ったお刺身を昆布じめにして食べます。

これは、「もったいない精神」が富山には根付いているからです。

また、かまぼこの中心から外側にも昆布を巻いたものがあります。(昆布巻き)

富山のかまぼこには、板がありません。これも特徴の一つです。

周りが赤い赤巻きと昆布巻きのかまぼこをお正月のおせちに入れます。

「よろこぶ」という意味もあり、こちらの方にもお勧めしております。」

富山の素材を通じて「さちのこわけ」や「もったいない」という日本人らしい

人やものを大切にする精神をここ「いきいき富山館」で、再発見させて

いただいた気がいたします。

皆さんも有楽町にお出かけの際は、「いきいき富山館」で楽しいお話を

聞きながら、富山の幸にふれてみてはいかがでしょうか。

※日本橋富山館も2016年6月にオープンいたしました。

 

■「いきいき富山館」

オフィシャルサイトhttp://toyamakan.jp/about/yurakucho


 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿