東京で小旅行!東京のアンテナショップめぐり

日本全国のアンテナショップが東京のおしゃれなエリアに集結!
おのぼりさん気分も味わいながらご紹介いたします。

■「茨城マルシェ」(茨城県)

2016年12月27日 | アンテナショップ

有楽町駅から外堀通り沿いに左方向に進むと茨城県のアンテナショップ

「茨城マルシェ」が見えてきます。

通りに面した壁面はガラスで、中から色とりどりのガラスの器やグラス等が見えて、

ギャラリーのようにも見えます。

 

中に入ると物産を扱っているマルシェと併設で茨城県の特産を提供するレストランがあります。

お昼前の混雑してきた中で、コンシェルジュの方にお話を伺いました。

 

まず、茨城県さんが、銀座にアンテナショップを置かれた理由についてお伺いいたしました。

「茨城マルシェは、茨城県の委託を受けて民間の会社が運営をしております。

最初は、銀座5丁目の方に茨城のアンテナショップがあったのですが、こちらの方にアンテナショップが

集まっていることもあり、またアンテナショップの聖地という風にも言われていたので、

場所を移動いたしました。」

こちらに移られてからどの位になりますか。

「5年目になります。」

現在、民間でやられているというお話ですが。

「県の指導やアドバイスを受けながら、県の方針に沿った運営をしております。」

 

茨城として何を一番、紹介していきたいのでしょうか。

「こちらでは、レストランも併設していて、茨城のソウルフードといわれるようなけんちん汁や納豆を

使った料理をお出ししている他、レストランとマルシェが連動しているので、

茨城県の新鮮な野菜をビュッフェコーナーで14時まで提供しております。

ちなみに茨城県は、野菜の生産量が全国第2位です。それで、首都圏の台所とも言われております。

またこちらのレストランでは、茨城県を代表するブランドの常陸牛や奥久慈しゃもや

ローズポークも提供しております。」

 

レストランのお隣は、観光案内所でしょうか。

「ゆめガイドさんが県の方からみえて、観光地のご紹介をしております。」

茨城でお勧めの観光地はどこでしょうか。

「今の時期ですと大子町の袋田の滝がお勧めです。ダイゴライトとして、滝をライトアップしています。

白一色のライトアップを行っていて、イメージは水墨画です。また、温泉もあるので、それと一緒に

楽しんでいただければと思います。あとは、今の時期一番お勧めなのが、アンコウ鍋です。」

 

「今紹介していただいたアンコウ鍋は、レストランの夜のメニューに入っています。

値段もリーズナブルなこともあって、予約がいっぱいです。

こちらの茨城マルシェでは、レストランとセレクトショップを連動させていることと

観光案内の3つの柱から成り立っております。」

 

最後にこちらを訪れる世代をお聞きしたいのですが。

「平日ですとランチにレストランを訪れるサラリーマンの方がとても多いです。

20~40代の方がいらっしゃいます。マルシェの方は、40~60代の方が多いと思います。」

外から見えたのですが、飾られている綺麗な色のガラスの工芸品はどちらのものですか。

「笠間ガラスです。この中の1つは、お坊さんがつくったものです。」

 

お話を伺った後に、お勧めのお菓子をお聞きしたところ

「茨城は、干し芋が特産です。特に西野さん家の干し芋は、有名です。

お芋の種類としては、紅はるかがお勧めです。一度、焼き芋にしたものを干したものや

丸干しといった珍しい物もおいてあります。」

 

今回、「茨城マルシェ」を訪れて、マルシェの方で、野菜や食材を「見る」ことで茨城の食文化を知り、

レストランが併設しているので「食べる」を通じて茨城の魅力をさらに深め、

すぐ横には観光案内があり、県から派遣されたガイドさんがいて観光地を紹介してくれるので、

お店の中で1つの流れがつくられている感じがいたしました。

ここから、実際に茨城を訪れて、袋田の滝をみたり、現地での「体験」につながっていく形

になると素晴らしいなと思います。

アンテナショップの定義みたいなものが少しづつわかってきた気がいたします。

 

お土産に購入した短冊切りの干し芋(紅はるか)を会社の皆と温めて美味しく頂きました。

お昼前に伺ったにもかかわらず、とても丁寧な対応をしていただき、ありがとうございました。

■茨城マルシェ

オフィシャルサイトhttp://ibarakimarche.com/


最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (都民ワーストの会)
2017-01-10 08:51:33
茨城や群馬もそうですが、アンテナショップの立地って一等地ばかりですね。
って思ってたらこんな記事が。
http://toyokeizai.net/articles/-/140358?display=b
採算も意識した展開をしているアンテナショップを探索されると興味深いですね。

コメントを投稿