東京で小旅行!東京のアンテナショップめぐり

日本全国のアンテナショップが東京のおしゃれなエリアに集結!
おのぼりさん気分も味わいながらご紹介いたします。

■アンテナショップの現状を考える

2021年07月12日 | アンテナショップ

アンテナショップのご当地お菓子の検索をしていたら、日本橋の

「奈良まほろば館」が8月10日より新橋で、移転リニューアルオープン

というお知らせを見つけました。

奈良まほろば館は、日本橋のかなり良い場所にあったのですが、

移転先が新橋になっていました。

少し前に群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」も東銀座の

駅前交差点から、銀座7丁目に移転しました。

日本橋が再開発されて、綺麗な街に生まれ変わり、そこの路面に一時期、

アンテナショップがこぞって、集まっていました。

勿論、今でも沢山あります。

しかし、最近、新橋の方にアンテナショップが少し流れている感じがいたします。

 

地価公示価格チェッカーなるもので、中央区の駅地価ランキングを見ることが

出来ます。

1位は、銀座駅で2位が東京駅、3位が銀座一丁目駅、4位が京橋駅、

5位が有楽町駅、6位が日本橋駅、7位が新橋駅となっております。

日本橋駅⇒新橋駅の移動を考えると、地価公示価格6位⇒7位になった

だけですが、実際の地価は、900万円/坪減となります。

これは、家賃を払うとしたら、かなりの減額が可能になります。

 

東京で、アンテナショップを維持していくには、かなりのご苦労がある事が

うかがわれます。

新橋駅には、現在、「とっとり・おかやま新橋館」(鳥取県・岡山県)と

「せとうち旬彩館」(香川県・愛媛県)の2県共同で、運営を行っている

アンテナショップがあります。

奈良県が加わることで、新橋駅地域が賑わってくると良いと思います。

気になっている奈良県のスイーツがあったので、今度訪問してみたいと思います。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■新潟館ネスパス(新潟県アン... | トップ | ■コンビニ(ローソン)にアン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アンテナショップ」カテゴリの最新記事