~minami no jikan~

主にランチ記録☆
お出かけ・つぶやきなども♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台北旅行~感想

2009-10-22 17:56:37 | 旅行
8月 2泊3日のツアー費用
基本料金に帰り午後便とホテルのグレードを1つあげて
空港税など込みで29000円位。
当然空港まで送迎ありで、朝食2回ついてるので安い

8月といえば普通に考えて、旅行は高い。
お盆を外した平日と言えども、他の月よりは高くてもおかしくない。
破格ですよ。ほんと、国内旅行するなら台北行きますね。

台湾は8月は台風がとても多いらしい。
台風になると外に出るレベルじゃないらしく、
それにブチ当たってしまうかも覚悟での予約です。

実際、出発の直前に台南あたりでものすごい台風被害があった。
大丈夫なの?って心配されたくらいの。
でも、連日超いい天気

それより自分の体調です。
前日に体調不良を起こし、当日も無事行って楽しめるのか心配なくらいに
ダルかった。
ドラッグストアで買った胃薬は手放せず、
でもおかげでなんとか回復。
食事は若干慎重になったけど、無事3日間楽しむことができた。
あの胃薬がなかったらどうだったことか・・


台湾は、旅費は安いのだけど現地ではそんな驚くほどのお得感は
感じなかった。
高いものは高い。普通なものは普通。安いものは安い。
そう普通にメリハリついている。
なので、韓国の時ほどあれもこれも買いまくりたい衝動は起こらず。

グルメは思ったほど楽しめなかった。
原因は、体調を気遣ってたこと、真夏の暑さで食欲減退してたこと、
炭水化物が多かったので重く感じたこと、
あと・・街中どこでも漂っているあのニオイは八角??
臭いとは思わないけど、ニオイに飽きてたこと。 かな。

エステは居眠りするくらいまったりと気持ち良かったけど
後日も肌がピカピカしてるとか潤ってるとかはなかった。

台湾は漢字表記なのでわりとどこでもわかりやすく移動出来た。
日本語話せる人は少なかったけど
滞在中、特に困ったことは起こらず。
読めなくても言葉わからなくても、漢字かローマ字なら
なんとかなるものだ(笑)


総合して、もう1回位行ってもいいかな~とは思ったけど
特にまた絶対行きたいということはなく、
ほどよく楽しい旅行だった


台北旅行~3日目

2009-10-22 17:36:39 | 旅行
早いものでもう最終日~

11時過ぎにガイドさんがホテルに迎えに来るので遠出は出来ない。
かと言って、お部屋にいるのももったいない。

それじゃホテル近辺にいればいいんだ!
ということで、まずはお茶を飲みに行きました。

駅までの途中にある朝から開いてるお店にて





お茶も種類豊富なんだな~
ジャスミンミルクティー(ホット)と



ジャスミンミルクティー(アイス)を


豊富なのになぜ両方ジャスミンかな~

日頃ペットボトルのジャスミン茶をよく飲むのですが
ミルクと砂糖入りのジャスミンミルクティーは初めて。
えー??と思ったけど、飲んでみると美味しい。
フレーバーミルクティーって感じで。全然アリです。


それから近くにある24時間点心のお店へ。窓からの景色。



小籠包が目当てだったのですが、なぜかここにはない
ショック。。
でも入っちゃったから・・まだ食べてなかった大根餅を。
あと海老餃子も。




これにてタイムリミットです。
ホテルに帰って荷物取ってすぐバスへ。

空港までの間、免税店に立ち寄ったりして少々買い物を。
あぁ小籠包だけ食べ損ねたぁ・・と思ったけど
ちゃんとあるんですねぇ空港に。



まぁこれでひとまず、心おきなく帰国できるぞと(笑)





台北旅行~2日目

2009-10-22 16:54:30 | 旅行
朝食はホテルのバイキング



なんとなく台北グルメを一食潰すのはもったいない気がしたけど
せっかくついてるのだからと台湾の朝食バイキングも経験しとこうと。

内容は、ホテルのグレードと相違なく

パスタも八角風の香りが


昨夜は気付かなかったけど、駅までの道にはこんな緑豊な公園が




駅までの大通り一本道


朝は原チャリがすっごくたくさん走ってました。
信号待ちとかそりゃもぉ圧倒されるくらいの台数。


この日の予定、まずは午前中に故宮博物院へ。
士林駅からバスに乗って行きました。



台北に行ったら必ず訪れるべしとも言われる故宮博物院。
ヒスイの白菜の置物が有名なところ。


なんかやってるー


外観、とても奇麗でした

中はツアー客がいーっぱい!!日本人いっぱい!



次は台北101へ移動


展望台からの眺望、やっぱ高い





ランチは101内の巨大フードコートにて


牛肉麺。大根が八角の香りを放ってる。


炒飯セット。無難に美味しい。



ここでお土産物をたくさん買ってしまい、大荷物に。
一度ホテルに荷物を置きに帰り、
駅の近くのスパへ寄って足ツボと全身マッサージの予約を。




それから再び士林夜市、リベンジ!!
今度は駅から見て逆の区画に行ってみました。



まだ時間が早かったので半分も開いてない。。


スイカジュース

すごい。ほんとスイカそのものの味。

台湾風かき氷

ミルク氷を削ったものにフルーツのトッピング。
トッピングは種類豊富で結構悩むところ。
すっごく美味しいけど大きいのでこれも2人で1つ。

肉かけごはん。ミニサイズ。普通に美味しい。


牛肉麺。あいかわらず八角の香り(笑)




暗くなるにつれ人がどんどん増えてくる。
屋台で小物やお土産などちまちま買い物。
あまりに安くてビックリしていると、隣にいたきれいなおねーさんが
「これでホントにこの値段だよ安いよねぇー 
みたいに笑顔で話しかけてきた。
言葉はわからないけど(笑)フレンドリーです。

そんなこんなで楽しんでるうちに、エステ予約の時間が近づき
21時位に移動しました。

こちらではフェイシャル80分、全身オイルマッサージ70分、
足ツボ30分というコースをやりました。

まずはフェイシャルを。
気持ちよく癒され、ウツラウツラ
後半30分は足ツボマッサージのお兄さんが来て
顔と足、ダブルでマッサージ。
足ツボは思ったより痛くなかった。

それらが終わり、部屋を移動して個室にて全身マッサージ。
これも気持ちよく極楽なひと時

遊び疲れた体を最後にエステで癒す。
いや~最高に贅沢ですね

終わってからは汗かきたくないのでタクシーでホテルに帰りました。

台北旅行~1日目

2009-10-22 16:23:11 | 旅行
台北に着いたのは現地時間で17時位。
空港からホテルまで1時間位。
ホテルは中山駅から徒歩10分位のところ。



微妙な外観だけどお部屋はきれい






結構遅め着だったけど台湾は夜が賑やかとのことで
街に繰り出すことにしました。

真夏に駅まで徒歩10分はなかなかキツいけど
大通り一本道だし、街を知るにはタクシーより歩いた方が楽しい。


まず、駅の近くのシャンプーやさんに行った。
台湾式シャンプー?


座ったままシャンプーしてくれる。
髪の毛をまとめて真上に逆立て、写真を撮らせてくれたり(笑)
アロマトリートメント&ブロー込みで300元。
日本円にして900円位でした。


その後、西門駅に移動。東京でいう原宿?
夜でも若者でにぎわってます。20時頃。




ショップがいっぱいあって、見てたらキリがない!
軽くアクセやコスメなどを購入し、士林夜市に移動



駅のホームから見た士林夜市


とてもにぎわってます。どこもかしこも人いっぱい。








ひときわ人だかりが出来てる、大きなからあげやさん。


雑誌にも載ってたし台北行った友人もオススメと言ってたので購入。

さすがに大きすぎるので2人ではんぶんこしました。
衣がカリっとして美味しい!お肉が極薄なので見た目よりサクっと食べられた。













美味しそうな屋台がいっぱい
でも真夏だし食材の安全はいかに??
特に胃の調子悪い私は、旅先でなんかあったら嫌だから
あまり屋台グルメを楽しめず・・目で楽しみました(笑)

全部まわりきれないくらい巨大な夜市です。
終電なくなると困るので23時頃ホテルに帰りました。

台北旅行

2009-10-22 16:09:43 | 旅行
台北に行ってきました~ って
8月の話です。ようやくアップ

高校時代の友人からのお誘い。
「韓国行かない・・よねぇ?」
「・・いや、行ってきたばかりだし。」
「どっか行きたいんだよねぇ。」
「台湾だったらいーよ。今安いし。」
「台湾でもいいよ!」
ってことで急遽台湾行きが決まったのでした。

実際今ほんとに安いから行きたいなとは思ってたので
いいタイミングでした。

各旅行会社やネットなどであれこれ調査し、
お得なプランを見つけ、
るるぶや台北ナビなどで現地情報を事前勉強。
友人がとてもマメに動いてくれたのですごく助かってしまった。

ところが前日、ダルい。キモチワルイ。吐き気がする
なんと。この場におよんでウイルス性胃腸炎か?
それは最悪だ。どうしよう
一晩寝て、明日には治ってることを祈る。

翌朝、治ってない
油汗が出てくる。まじーどうしよう
今更中止なんてわけには・・
飛行機の時間を考えると病院に行く時間はナイ。
とりあえず荷物持って家を出て、ドラッグストアに立ち寄り事情を話す。
風邪にしてもまずは胃を治さないとってことで、胃薬を勧められた。
栄養ドリンクも買って、成田行きの電車の中で飲む。
気休めでもいい、お守りでもいい、ほんとに神頼み状態だった。


そしてなんとか!無事旅立ったのでした
どうなる私




横浜

2009-10-22 15:34:20 | ビュッフェ
**華龍飯店**

横浜・中華街でランチ。

数多くある店の中からランチ店を選ぶのは至難の業。
それでも中華街では基本リピートはしない。
コマメに行けるわけでもないし、
どうせなら違う店を知りたい。

そんな私でも近くに住んでたりオフィスがあったりして
毎日中華街ランチ出来るなら、冒険しつくして
リピ店も出てくるんだろうけどね。


まず、どういうランチにしようか。
1000円未満のランチセットにする?
2000円位のランチコースにする?
飲茶あれこれオーダーする?
バイキングなんてのもある。

ん~悩む悩む。

日祝に行くと、どこも長蛇の列を作ってるけど
平日はそこまで混雑はしていないのでわりと選び放題。

結果、オーダー式のバイキングに決定。

そして、目に入ったココに入店。



空席は3つ位。なかなか繁盛。しかもきれい
と思ったら蘭の花がいくつも。「祝開店」
あ、まだ新しいんだ??
お店の人に聞くと、オープン2日目だった。



1980円で好きなだけオーダー。
もちろん追加もOK。
ただしドリンクは別料金。
ビール、ソフトドリンクバーともに350円位。

写真付きのメニューなのでわかりやすい。
番号で注文です。

ではでは。。













ひと皿が少量なのであれこれいろんな種類を注文出来るのが嬉しい。
どれも無難に美味しくて、時間無制限。
自分で取りに行くバイキングとクオリティは大差ないけど
オーダーして持ってきてくれるというのは
バイキングっぽくない分、価格的にお得感がある。


上にも書いたとおり、基本中華街でリピはナシな私。
味、価格、システム、清潔感・・
ここはリピしたい条件がそろいまくり
トータル的にここを上回るほど気にいる店を見つけるのは難しい予感。

私的には大当たり

新型インフルエンザ

2009-10-19 21:09:50 | いろいろ・・
なんと
この私が今流行りの新型インフルエンザにかかってしまった

身内にインフルエンザが出て看病していても移らない私が。


最初は喉だった。
痛いってほどではない、ちょっとした違和感。
翌朝、その違和感がこれから熱が出ますよサインなくらいに
強くなっていて、体もダルい。でも熱はない。

仕事に支障を来たすので、とりあえず朝いちで病院へ。

抗生剤と喉の違和感を取る薬、タンを切る薬などをもらい
そのまま出勤。

ダルい。 ダルい。。 ダルい~~~

夜にはもぉ一刻も早く帰りたいモードに。

帰宅後、熱を計ると38.6℃。おぉ 熱あんじゃん
もしかインフルエンザじゃないのぉーーーーーー

翌朝、再び熱を計ると36.9℃。あ、下がってる
インフルエンザじゃないんだ。よかった。

あいかわらずダルいけど、お昼にはマスクして出勤。

夜までふんばり、帰りたい。帰りたいよぉ
でも今日やるべきことを片付けないと今週中には終わらない。
力を振り絞ってがんばった。

22時帰宅。

熱計る。38.9℃。また上がってるー

冷えピタ貼って寝る。

翌日、かかりつけの病院が休みだったのだけど
電話するとすぐに来るようにと。

鼻の中にこよりみたいなの入れるインフルエンザの検査、
見たことあるけど自分がやるの初めて。
お、お、思ったより奥まで入れるのね
思わず先生の手をガシっと抑えてしまう。
奥さんに頭押さえつけられる。
あう~~~~

結果 陽性。新型インフルエンザ確定
5日間、ヒトとの接触禁止。外出禁止。

うそぉーありえない

タミフルもらって帰宅。
誰もいない自宅、ひとりで隔離体制をとり、サクっと寝る。

どこでもらったんだろうか。
潜伏期間4日間を振り返る。
・・・仕事しかしてない
通勤中かぁ 乗換時とか 人の多い場所にいれば
いくらでも可能性がある。不可抗力だ。


ここんとこ休みがなかった。
この先も休みは見えなかった。
そんな中、思わぬ5連休。
全然嬉しくない5連休・・・

熱は最高38.9℃、タミフルもらって3日目には37℃以下。
4日目には半日起きて半日寝て、5日目はお布団干して一日起きて
家中除菌。

ようやく隔離解禁

思ったほど重症にならなかったのは、たまたま軽かったのか
タミフルと超相性がいい体だったのか 謎。

わりと手洗いうがいには気を使い、
電車のつり革とかも慎重だったりする私でもかかるんだから
新型インフルエンザ、今では誰もがかかってしまう病気なんですね。
そうそう不調を訴えるまでマスクはしてなかった。
マスクしてたら防げてたのかなぁ。そんな風に思うこのごろ。

みなさん気をつけて下さい。
自分の体は自分で守りましょう

銀座

2009-10-11 00:50:46 | 中華・エスニック
**飛雁閣**

先日、銀座・飛雁閣にて
「オリジナル紹興酒と特別料理を味わう会」に出席した。
所属するフードアナリスト協会の講座です。








飛雁閣は2回目


『健康を損なう美食は美食にあらず』

安心・安全・美味しさを徹底的に追求し、
化学調味料は一切使わない、有機野菜や厳選した国産牛豚などを使用する、
その上で美味しいものを提供すべく日夜努力をされているそう。

中華は油っこいという先入観(というか事実だけど)を
覆すような料理の構成。
中華料理店なのに、中華をあまり感じさせない。
鉄鍋で豪快に炎をあげて調理するイメージはまるでない
繊細な料理の数々が振る舞われる。
それは時折、「中華・・だよね?」と、目も舌も疑ってしまう位。

美しいシャンデリアをはじめとする内装、
バカラやマイセンなどの食器類、
清潔で斬新な化粧室、そのどれもが優雅な気分にさせてくれる。

食事会ながら講座なので(笑)
時間の間、ずっと紹興酒の話があった。

紹興市で作られたものだけを紹興酒という。
紹興酒の原料はもち米である。
ワインのぶどうと同じく、もち米の出来によって味が変わる。
ザラメを入れて飲むのは味をごまかすため。
質のいい紹興酒はそのまま飲むべき。
紹興酒ほど酒の味を出すものはない。

などなど、いろんな話が聴けました。
とても価値ある食事会だった。


以下は当日の料理です





この日のメニュー



前菜

湯葉、うこっけいのピータン、チキン、タン、チャーシュー、
タコ、クラゲなど9種類の盛り合わせ。
結構大きなお皿で目の前にドーンと。
前菜でこんなに目も心も満たされるなんて幸せです


蟹肉入りフカヒレスープ


こちらの赤い液体は梅酢?

少したらしてみると、よりさっぱりしたスープに。
後半入れたので二種類のスープをいただいた気分。


小籠包

メニューにないのですがサービスでつけて下さいました。
超薄皮が自慢。25g中4gだそうです。


中のスープが透き通って見えるくらい。
破かないように口に運びましょう。


薩摩黒豚のやわらか煮

「やわらか煮」とうたうだけ、ほんっとにやわらか。
箸でスルっと切れて、口でジュワっととろける。
脂身があまり得意でない私も完食しました。


炒飯

炒飯も美味しいのですが、付け合わせのザーサイの
ほんのり甘い味が忘れられず(笑)


デザート

左はタピオカミルク。燕の巣入り。
右は?マンゴープリン?いや、なんだろ?・・なんだろ??と
隣の人と首をかしげつつ完食(汗)
聞きそびれた



そして忘れてはならない、紹興酒のティスティング。


手前、古越龍山の10年、20年、30年、
奥、 飛雁雅酒の10年、20年、30年 (どれかが写ってナイ
それから普通のよく飲まれている紹興酒。

の、6種類をいただきました。
色も香りも味も、ひと口ごとに「あ~」とうなずく違いが。
紹興酒ってなかなかこうして各種飲み比べる機会はないので
貴重な体験だ。

美しい空間で講座と美食と紹興酒三昧。
今度はプライベートで行って、もう1つ力を入れているという
ホスピタリティも味わいたいと思う。






新宿

2009-10-04 01:09:20 | その他(店)
**ボスボラスハサン**

Rさんとの恒例ランチがなかなか都合あわず
少々凹み気味の時にひらめいた
そうだ、ディナーしよう
というわけで、初ディナー決定。

いつもランチはフレンチかイタリアンに偏っていた。
ディナーはディナータイムしかやってないところとか
なんかこう、ちょっと変わった感じの
いつもと違うノリで楽しむのもいいなぁ・・

とりあえずフレンチ、イタリアン、和食、中華、韓国を
外し、他の各国料理に走ってみた。

そして行き着いたいのがココ、トルコ料理店
「ボスボラスハサン」
決定打は、ベリーダンスショーをやる日だったこと(笑)

予約しないで試みた。きっと大丈夫だろうと。
危なかった。団体さんがいて、ほぼ満席状態に。
なんとか無事席に着くことができました。





アラカルトも種類豊富だったけど
せっかくだからコースでオーダー。
3675円→ぐるなびクーポンで10%オフ


スープ&サラダ

すきっ腹が満たされる


前菜6種盛り合わせ

どれも面白い味で興味深い。

トルコ風パン

かため。ゴマが香ばしい。

この時点でおなかいっぱい・・


野菜と肉のあったか料理

Rさんとおしゃべりしながらつつきあう。


トルコ風ピザ

おなかいっぱいー。でもこのピザが食べたくて
このコースにしたのだ。
生地はさっきのパンと同じかんじ。
中はチーズとパセリ?これまた面白い味。

ケバブ盛り合わせ

チキンとラムとひき肉使ったものも、そしてライスが。
食べきれず


デザート&お茶

それでもデザートは別腹だからすごい。


いや・・ほんとにすんごいボリュームです
パンとピザ、ライスのトリプル炭水化物。
終盤にきて普通の一食分に該当するケバブ盛りには降参。

「世界三大料理」と言われるトルコ料理。
そんなトルコ料理を堪能するにはコースがベストなのか
アラカルトでいろいろつまむのが良かったのかわからないまま。

色艶溢れるダンサーによるベリーダンスを観賞し、
Rさんとのお話もはずみ、

ディナーもいいねぇと意見一致。

今度はどこの国にしようかね




市川

2009-10-04 00:45:37 | フレンチ
**ラ・マルジュ**

先日お誘い受けて、前情報なしに訪れたのは
市川駅近くにあるこじんまりとしたフレンチレストラン。
こんなところにこんな店が?? 知らなかった~

落ち着きがありながらもカジュアルで
アットホーム的な居心地のよさがあります。





メニューはアラカルトのみ、黒板にビッシリ
前菜、メインなど豊富に揃ってます。

オーダーしたのは以下5点 &ワイン2本

4種のキノコ


生ソーセージのグリル


カニと野菜の冷製オードブル


金目鯛のヴァプール(だったかな?)


肉料理(名前聞いてない;)



なんだかどれもこれもピンボケチック
私のデジカメ、不得意な照明があるみたい。
ほんとはもっともっと美味しそう

地中海料理ですね、
どれも手が込んでいそうなのにほっとする味わい。

美男美女のご夫婦で経営されてる
素敵なお店でした