Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

ピアノ

2016年10月28日 | 育児真剣勝負
メロンをピアノ教室に連れて行った。


過去はずっと姉のレッスンに付いて行ってレッスン中いつもパズルをして待たされたメロン。
5歳になってついに自分も正式にレッスンを受けられるようになった。よく待ったな。
数年待たされた分、やる気いっぱい。今はすでにクリスマスの発表会の練習に入ってます。

その間、ヴァイと俺はオセロで時間つぶし。

そしてこちらは自宅で練習のヴァイ。
こちらもクリスマスの発表会の練習。
髪の留め方まで段々マミーに似てきた。



こんな難しいのやっとるんか。


昔はド、レ、ミ。。。。しかできなかったのに。
毎日マミーと自宅練習で挌闘している成果でしょう。
娘達のどんどんなんでもできるようになっていく様子を見、父、奮起。俺も負けられぬ。。。。




コメント

「ダディへ質問」

2016年10月25日 | 育児真剣勝負
テーブルの上に一枚。
ヴァイから俺に宛てたらしい。


「ダディへ質問」
1.クリスマスプレゼントは何が欲しい?
絵画、それとも他?○つけて。

実はこれ、以前にも同じような質問を口頭で聞かれたとき、ヴァイに「ダディは絵画が欲しいんだよね。」と答えたことがある。
それをヴァイは覚えているのだ。


2.もし絵画ならどんな種類のもの?
フラワーガーデン、それともダディと私 等。。。

もしそれ以外なら、どんなものが欲しい?


とな。
人に与えるのが好きな子なんだろう。優しいじゃないか。誰に似たのか。。。

ほんとは絵画が欲しい。それも俺がここ5年ぐらい前から欲しがっているのはレンブラントの『放蕩息子』
もちろんヴァイに買えるシロモノではない。
娘をがっかりさせえないように、父大人な考えをするべし。。。



コメント

子分

2016年10月19日 | 育児真剣勝負
いつもの地元のスターバックスへ。
でも子供はここでコーヒーの注文するのではない。いつもチョコレートやクッキーを注文する。
スターバックスでなくてもいいのに。

ここはテラスに噴水がついていて気にっている。


何気ない今井のスナップショットであるがこの一枚に我が家の勢力図が表れている。

「女性陣」これが一つのグループ。8歳、5歳の娘達は今や妻の子分のようだ。
そりゃ、毎日学校の送り迎えしてもらい、
一日3度食事作ってもらい、
ピアノに連れて行ってもらい、
バレエに連れて行ってもらい、
買い物に連れて行ってもらい、
午後ケーキを一緒に焼き、
昼寝を一緒にし、
宿題を見てもらい、
夜絵本を読んでもらう、
そんな日々を毎日、年中しているのだから「子分につく」のは当然でしょう。
何も悪くない。
だだ父は「男性チーム一人」体制に多少の寂しさ&このまま娘がさらに成長していけばもっと女性陣の勢力が増し片身狭くなる危険性を危惧している。

話し方も怒り方も妻に似てるしね。


ヴァイ、お前だけでも俺の側に付かないか。
無理か。。。。



コメント

バックリブ マーマレード漬け

2016年10月17日 | 男の料理塾
リブのマーマレイド漬け。 醤油を加え、煮込むだけの簡単レシピ。


そして今回はやっと妻から合格でました。 あー、やっとか4回目の挑戦にて。


通常のリブのBBQグリル焼き+自家製BBQソース。こっちのほうが数倍手間かかるのだが、マーマレイドには負けるらしい。


リブはしばらくはマーマレイドでいくかな。



コメント

ビファロニ

2016年10月14日 | 男の料理塾
チーズめっちゃたっぷり。ひき肉たっぷり。なぜならば、比率がチーズ1:ひき肉1:パスタ1なのです。
超高カロリーです。


どうしてこういう名前なのか、それはそうクックパッドに書いてあるのです。
これは腹いっぱい食べたら運動しないとやばい。


コメント (2)

レポート提出

2016年10月12日 | 育児真剣勝負
娘達が毎週木曜日の夜に地元の教会で行われているキッズバイブルスタディ「アワナ」には宿題が出るらしい。
今学期から上級クラスに入った長女はすでにこのアワナ5年目。長い。
そして彼女に課された課題は「宣教師ウィリアムケアリー」の資料を読んでレポートを作成することらしい。


ってか、8歳やねん。うちの娘。
資料読んでレポート提出って、、、8歳でやるの? それって現代のフツーですか?
パソコンの前に座って頑張っている姿はなんだか、、、、大学生のようだ。
当たり前だが、第一言語が英語に切り替わった長女のその姿に父はなんだか、、、、
「もう娘は遠いところへ行ってしまった」感じ。

あの時、あの昔、「あーあー」言ってた面影なし。。。
親バカなバカ父はさみしい。。。





コメント

大統領選2016

2016年10月10日 | とんでもはっぷん
もうあと一か月。
俺には投票権はないが今回ばかりはめっちゃ気になる。
「どっちが大統領になってくれるのか」ではなく、「どっちが大統領になってしまうのか」が心配なのだ。
多分アメリカ皆そうでしょう。

自分はクリスチャンなので、バイブルの原理に則った方が選ばれてほしいと思う。
が、どちらが大統領になったとしても生きずらい印象。
このまま民主党政権が続けば、オバマ政権の時以上にリベラル化が加速し、アメリカも『なんでもOK』の国になってしまわないか。
共和党が勝てばではどうなのか。
もう大統領の品格とか、失言とか、もう高望みはしないので、どうにかアメリカが「どこから来た者であろうとバックグラウンドの違いに関係なく、隣の者と協力しあってこの国のためにコミットする者たちが作り上げてきたという歴史を壊すことなく、西部開拓時代からあったそういう潮流を持ち続けられる」ようにしてもらいたいと思う。

外国人として、移民として、この国で子供を育て、教会をたて上げ、コミュニティに貢献していくことを覚悟している者としては今回の大統領選は今までになくめっちゃ気になるよ。フランクリングラハムが発行している資料を取り上げ、両党の候補者がどういう政策を打ち出しそれが聖書的にどうなのかを説明している資料取り寄せてみた。


昨日の両者のディベート2回戦、もう見るに堪えない醜さも。大統領選ってこんなんだっけ?
ディベートの最後に一般市民の聴衆からの質問タイムがあり、最後の3人目の白人男性の質問が素晴らしかった。
「あなたたち、お互いの良いところを褒めてみてください」
大統領選のディベート大会において今回の候補者には実に痛快かつ開眼させられる質問だった。
相手を攻撃し合うだけ、相手を落とすことに異様に力が入った両者にはまさにジーザスパンチだったね。



コメント

沈没

2016年10月05日 | 育児真剣勝負
夜、既に寝入っているはずの娘の部屋に布団をかけにいってあげる。
メロン、発見。
ん?


ペンを握ったまま寝てしまっている。
そして目の前の紙は白紙。

一体彼女は何を書こうとしていたのか。。。
父は気になっている。。。







コメント