Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

完成

2015年02月25日 | 大工系ダディ
最近暫くブログが休みがちで体でも壊したのかな、と心配していただいています。
体は全然大丈夫です。ピンピンしています。

年明けから仕事が人並みに忙しくなってきて中々ゆっくりする時間が取れてません。
でも仕事が忙しいのは実に8年ぶりなのでたまにはこういう仕事で追われる日々が続いてもいいかな、と思ったりもします。

ちょっと嫌なのは働きぶりが10年以上前に日本でやっていたのと気持ち的にちょっと似てきているので少し気持ち悪い気もします。



Anyway、そろそろいきます。
長かったシリーズ「ガレージ改造プロジェクト」ですが天井のライト付けが今回で終わりです。
というか数ヶ月前に終わっていたのですがブログに更新できませんでした。




前回の続き

こんな感じで配線が終わった後にライトを天井に取りつけ完了。
後は作業した天井の穴を塞がなければならない。



穴の部分に補助の木を通す。この補助の木と天井の板を釘で止める。
天井の重さで落ちてこないようにこの補助の木を必要。



天井の穴を塞ぐ。この通り。



で、つなぎの部分を石膏で埋めていく。



こんな感じになる。



その後、ヤスリで平らにしていく。



最後にペンキで仕上げて完成。



電気をつけるとこんな感じ。



で、ガレージ中央部にも配線を済ませてあるのでそちらにも新たに電気をインストール。
こちらではトラックライトと呼びますが、このタイプの自分で照らす場所をライトで調整できるものが個人的に気に入っている。


但し、そもそもここはガレージであるため中央部にはシャッターの開け閉めのチェーンとモーターが天井に付いている。
これを外すわけにはいかないので、ライトの完成は見栄えはあまりよくなかった。


電気をつけるとこんな感じ。



やっとそれらしく部屋っぽくなってきた。
で、まだガレージ改造計画は終わっていない。
残っているもの、それは床の張替え。板張りにしたのである。
が、予算と時間の都合で今年できるかどうか、、、ムリか。妻と要相談。







コメント (2)

アイススケート

2015年02月19日 | 育児真剣勝負
周りの皆様が日帰りスキー旅行に出かけた。
んー、ちょっと家族4人だと経済的にキツい。
かといって行かないとヴァイからクレームが出てうるさい。
妥協案として地元のアイススケート場に行く事に。
妥協案といってもアイススケートはヴァイのお気に入り。
今回で彼女自身スケートは3回目である。

ヴァイは今回も誰よりも多く転んだ。がその都度起き上がり滑り続けた。
殆ど休まず2時間半。いつの間にガンガン滑れるようになっていった。
そのうちなんとスピンまで出来る様になった。 えー!

正式なレッスンなど一度も受けた事なく全て我流なのであるが、
周りの上手い人を見ながら色々コツを自分で学んだらしい。
ほんと子供の吸収力、ガッツには驚くね。

メロンは今回スケート初挑戦。今まではお姉ちゃんの付き添いで見学のみだった。
で、こちらも2時間経った頃には徐々に滑れる様になったようだ。


子供にスポーツを学ばせたい。アジア人の女の子ならバレエかスケートか。
アメリカのアジア人の親が考えやすいパターン。
で、その通り、このスケートリンクにはアジア人の子供が結構いる。
ヴァイと歳も変わらない子が既に何年もレッスン受けて来たかのようにスイスイ滑っているじゃないか。
滑るだけじゃなく、スピンだけじゃなく、回転ジャンプもしてるわ。驚くね。

アメリカの分かりやすい所は、もう白人の小さな女の子なんか、超足長く、スラッとしてて優雅に滑ってるわけ。
なんだか最初からもう差がついている感じ。優雅さ競うならあれにはアジアは勝てんよ、と。
荒川静香みたいなケースもあるけどさ。
かといって親が最初から諦めてはならず。 子供がもしやりたいと思うならやらせてあげればいいと思っている。
問題は寧ろレッスン料やね。ヴァイには暫く我流でそのまま突き進んでもらおうと思っている。。。










コメント (4)

部屋の名前

2015年02月18日 | 育児真剣勝負
先週、ヴァイとメロンの部屋のドアに緑のテープが張ってあった。
何か書いてあるようだ。


「許可無しに入るべからず」と。
どこでこういうセリフ拾ってくるんやろう?


で、ゲストルームにも何かある。


『デニスの部屋。
サンタクロース、ハッピーバレンタインデー』


別のゲストルームにも
『入り口
ゲスト用、ハッピーバレンタイン』


ゲストのバスルームにも
「ゲスト用バスルーム、ハッピーバレンタイン」


そして俺と妻の寝室にも
『マミーとダディの部屋、
ハッピーバレンタイン』


こういうことをするのが楽しい年頃なのだろうか。
面白いヤツだ。


コメント

日本を愛したアメリカ人

2015年02月16日 | ゴスペル
日本人伝道の巨匠デニスピーターズ師匠です。
191センチ、120キロ(推定)のこの大男が毎年数回我が家に泊まりにきます。


今回は彼が責任者だったRJC開催のためです。
デニスが来ると我が家の娘たちは大喜びであります。オモロイおっさんだからでしょう。

今回カンファレンスが終わり、彼も全て任務が果たせた翌日、肩の荷がやっと降りてゆっくりした時間を夕食時に持ちました。
心から「お疲れ様でした」と言いたい。
で、食事が終わりに近づいた頃、デニスぽつり、「じゃ皆でアイスクリームを食べに行きましょう」と。
普段ならば日曜日の夕食後家族でアイスクリームなんて食べに行かないが、この日ばかりはOKということで。



この信仰の巨人、日本へ宣教師として17年間、日本で日本人の魂の救済の為に遣え、
現在はサクラメントを拠点にこちらで日本人にアウトリーチしています。
彼のようなアメリカ人が日本人のために人生を捧げて献身している姿を間近で見ると心が燃やされます。


コメント

バラバラバレンタイン

2015年02月14日 | 育児真剣勝負
今日も妻はRJCのカンファレンス最終日に朝から晩まで参加。
世の中はバレンタインですが我が家は家族バラバラのバレンタインです。
こうなる事はわかっていたので昨晩の内に家族でバレンタインディナー食べました。
妻が買って来た肉を家で焼いて。つうか妻が何より肉が食いたいタイプ。
平日では今年に入ってなんとまだ2回目の家族4人だけの夕食。

さて、ですが子供はアメリカの大切な行事なのでバレンタインらしいこと学校でやってます。
まず娘達二人とも学校でクラスメイト全員に配るためのカード作り。



で学校ではそのお返しにクラスメイト全員からバレンタインのカードやキャンディを貰ってきました。
半分強制じゃないかと思う所もあるんですが、もう完全に学校の慣習になっている模様。



結局妻も居ない俺と子供だけのバレンタインなのでめっちゃ地味に一日過ごした。
きっと娘達は「うちのダディは地味」と徐々に感じているに違いない。。。



コメント

世のお母さんは偉い

2015年02月13日 | 育児真剣勝負
妻がRJCのカンファレンスに朝から晩まで参加のため子供の世話は俺の担当に。
今日も元気に会社休んで子供と過ごします。
で今日は初めて俺が子供の学校の送り向かいを朝から晩まで全部引き受けます。

1.早朝、娘の弁当を作り、それを持たせて、靴を履かせて、



2.午前7時15分。ヴァイとメロンを学校に連れて行く。
ヴァイ小学校1年生、メロン幼稚園
幸いにも二人の学校は同じ敷地内にある。幼稚園から中学校まで一貫の公立校。助かる。。。



俺一人、家に帰ってきて、やり残した仕事の続き。。。
でもこの静かな時間はあまり長く続かない。



3.午前11時30分。
とりあえず午前中だけで終わったメロンをまた学校へ迎えにいく。



4.午後12時。
家に帰ってきて、自分とメロンでランチを食べる。
昨日の残りモノ。 メロンに食べさせるのに時間がかかる。うー。


5.午後1時。
今日は早めに終わったヴァイを再度学校に迎えにいく。
もうこれで今日学校くるの3回目だよ。



今日のロサンゼルスは30度超。


6.娘たちも「プール連れてって」攻撃の応酬。
うるさいので裏庭のホースで今日も水遊びで済ませた。



7.午後4時半
ヴァイとメロンを風呂に入れさせる。
今晩はヴァイを教会のバイブルスタディに連れて行かなければならない。
その前にやっておかなければならないことがいくつかあって。
今日の暗唱聖句のチェックをヴァイにしてみたら結構あやふや。あ”-。


8.午後5時半
ヴァイとメロンに夕食を食べさせる。
妻が朝のうちに作ってくれていて助かった。


9.午後6時30分
ヴァイを教会のバイブルスタディに連れて行く。
最初はダンスと賛美でスタート。子供のエネルギー恐るべし。



10.午後8時15分
教会にヴァイをピックアップにいく。
こんな時間でも200人以上の小学生が元気にアクティビティしてます。



忙しい日に見えるが、これがお母さんが普通にやっていること。
因みに今日やらなかったこと

1.昼食を作る。。。昨日の残りを食べた。
2.夕食を作る。。。妻が朝のうちに作ってくれていた
3.子供の宿題を見る。。。子供やる気無し。
4.洗濯。。。 パス
5.掃除。。。 パス
6.買い物。。。パス
7.聖書読む。。。あちゃー
8.絵本の読み聞かせ。。。もう疲れとるっちゅうねん


その他普通のお母さんたちがやらなきゃならないことは沢山あるんでしょう。
世の中のお母さんはほんとうに偉大です。
世の中のお父さん方、奥さんナメたらアンタは大馬鹿者です。
俺も今日は反省材料満載でした。

コメント

うなぎ

2015年02月10日 | 育児真剣勝負
ヴァイの弁当。
今日はうなぎにしてやった。おうおう、贅沢な奴だ。
そーだよ。小学校1年生がお弁当にうなぎ。 身分不相応だ。



コスタメサに新しい日系のマーケットが出来、そこで安売りしていたらしい。
8,9ドルだっただろうか。家族4人で一匹購入。かわいいでしょ。

うなぎは夕食の手巻き寿司のネタの一つとして買った。
シーチキン、かにかまぼこ、納豆、アボガド、玉子、きゅうり。。。経済的手巻き寿司。 
子供達は自分の分のうなぎは勿論ぺろりと食べた。
お父さんは長女の大好物がうなぎであることを知っている。
で、翌日のお弁当のおかずにするため自分の分は食べずにこっそりこのために取っておいたのだ。

うー、泣ける。。。 昭和。。。



PS)ヴァイのクラスのアメリカ人達は、ほぼ全員うなぎなんて食べたことないだろう。
気持ち悪い、と思う奴も沢山いるだろう。でも娘は人目を気にせずニコニコしながら
自分の大好物を食べたと思う。容易に想像できる。
コメント

チャイニーズチェッカー

2015年02月05日 | 育児真剣勝負
チャイニーズチェッカーってわかるでしょうか?
こんな感じのゲーム。最近ファミリーでやってます。
自分の陣地から反対方向に自分の駒を全部完全に動かすもので早く終わらせた人が勝ち。



この写真、これからゲームが始まるように見えるけれど、実はゲームが終わったところ。30分ぐらいやってたと思う。
で、勝者なし。俺が黒、妻が緑。ヴァイが赤で、メロンが白だ。
よく見て欲しい。赤が他の色の陣地に一個ずつ邪魔しているのが見える。

そう、この子供が赤の持ち主。


なんと自分が単に勝つことよりも、相手を勝たさないことに興味がある。
そのため、自分以外の3人の陣地に先に自分の駒を動かしたのだ。
勿論、そんなことしていたら自分は勝てない。
しかしヴァイにはそれが面白いらしい。
6歳にしてこのふてぶてしさ。
誰に似たんだろうねぇ。

邪魔された3歳メロンは泣いてます。

こちらはかなり負け嫌い。
ゲームが始まるとついつい白熱してしまうが、一番弱い者に勝たせねば。忘れやすいです。




コメント

混入物

2015年02月03日 | とんでもはっぷん
我が家ではたまに朝パンを焼く。
この自家製のパンに混入物発見。



なんとパン焼き機のこねる部分がそっくりそのままパンの中に入ったままであった。
日本でも最近マックの中に何かが入っていたとニュースになったよね。

こんなものが入っていた我が家のパンもなかなか家の中でニュースになるで。
最初に発見したのは俺であるが、パンを半分に切ったら切り口にいきなりこんなものが見えたら結構驚くよ。
でも笑った。。。

コメント