ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾

ヘルマンリクガメ屋外飼育繁殖を目指して…

8月生まれのヘルマン孵化仔です

2019年09月21日 | 孵化仔
水槽生活を送っているヘルマン1号19孵化仔たちです。
陽の光が水槽に当たると床材の中からのこのこと出てきます。
エサを置くと一斉にエサに駆け寄ってきます。

まだまま小さいですが食欲は旺盛です。
リクガメは甲羅の大きさほどの量を食べると言いますがベビーは甲羅の大きさの2倍も3倍ものエサを食べます。
だから成長が早いのですね。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 今日も水浴で涼んでます。 | トップ | 成長しないニシヘルマンリクガメ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鹿児島)
2019-09-22 12:05:53
かわいい😍ですネ
1年でどれくらい大きくなるんですか?
私の飼っているヘルマンリクガメはH26生まれの男の子なのですが、体重は200グラムしかありません。
今はエサはしっかりあげていて、たくさん食べるのですが…
この子はショップで売り残っていた子で、すごい弱っていて…ショップの棚の片隅に置かれた小さなケースにライトもせずに、もう在庫処分みたいな感じで販売されていてかわいそうだったので購入しました。ほとんど動かず死にかけていました。なので立て直すのに半年くらいかかりました💦
その後もエサはあまり食べなかったので、ギリシャと一緒にしたら食欲旺盛になりました。
ただ最近発情し始めたようで、ギリシャにちょっかいを出し始めたので、ギリシャを出して一回り大きい、ヒョウモンを入れました。
ヒョウモンにもちょっかいを出しますが、あまりヒョウモンも気にしていないようなので、このままでいこうと思います。
H26生まれでまだ200グラムしかないというのは、成長が遅すぎませんか?
ただゆっくりと育っているので、甲羅がとてもきれいです。
この子は今から成長していくのでしょうか?
それともこのまま焦らずゆっくりと育てていっていいでしょうか?
鹿児島さんへ (chika)
2019-09-22 20:44:04
いつもコメント頂きありがとうございます。
ヒガシヘルマンの成長は個体によって全く違いますが、うちで生まれた仔の例で言うと・・・
誕生時  14g  35㎜
1歳児 120g  80㎜
2歳児 240g 110㎜
3歳児 320g 120㎜
4歳児 400g 130㎜
5歳児 500g 140㎜

ヒガシヘルマンオスだとメスに比べて成長は遅いですが、鹿児島さんのヘルマンですと5歳ですので500gにはなっているはずです。

うちのリクガメたちはblogでも紹介していますが基本、野草を中心に育てていますので野菜とか配合飼料で育てているリクガメに比べて成長はゆっくりです。それでも上記くらいには成長します。
ですので鹿児島さん家のヘルマンは極端に成長が遅いと思います。
エサをたくさん食べているのであれば大丈夫だと思います。
成長しない個体としてゆっくり育てていけば良いと思います。
Unknown (鹿児島)
2019-09-22 20:51:47
ありがとうございます😊
エサはたくさん食べるので、これから成長していってくれると信じています。
ただギリシャのメスに後ろから乗ったりしているので、もう成熟しきっているようです。
ゆっくり育てた方が味がでるので(^◇^;)💦これからの成長をゆっくりと見守っていきたいと思います。

コメントを投稿

孵化仔」カテゴリの最新記事