ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾

ヘルマンリクガメ屋外飼育繁殖を目指して…

真夏の野草採集は大変です

2019年08月21日 | アルダブラゾウガメ
梅雨が明け、30度超えの日々が続いています。
それでも愛かめたちの野草採集をさぼるわけにはいきません。
最も暑いお昼前後に野草採集に出かけます。
夕方涼しくなってから出かければいいと思いますが、夕方だといや~な蚊が大量に発生します。蚊は大嫌いです!
ですから、暑いのを我慢して気温の一番高い時間に野草採集に出かけるのです。
それと皆さんも経験があると思いますが・・・。
野草を採っていると良く通行人から声をかけられます。
「こんにちは」とか。挨拶程度だといいのですが、たまに「ご苦労様」とか言われます。多分、地域貢献で雑草を刈っているんだど思われているのでしょう。
一番困るのは、「ペットのエサですか?ウサギのエサ?」って声をかけられる時です。
その時は「ハイ!」って答えます。
以前、「カメのエサです」って答えたときに「えっ?」「カメって草を食べるんですか?」とか言われました。そこからが大変です。説明するのに時間がかかり野草の採集どころではなくなってしまいました。
それからはウサギのエサを採っていることにしています。

今日の収穫です。
タンポポです。
タンポポは根を残して根元から刈り取ります。
そうすればまたすぐに葉を出してくれます。

他に桑の葉、オオバコ、やぶがらしを採って来ました。



コメント   この記事についてブログを書く
« アルダ君にキウイフルーツ | トップ | 毎日のように咲くハイビスカス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アルダブラゾウガメ」カテゴリの最新記事