ホラ吹きな日々

つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくホラ吹き事を、そこはかとなく書きつくれば・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バグパイプ

2005年01月31日 | 音楽・楽器
昨日は何もない日曜日、の予定だったが、パイオニア所沢吹奏楽団の演奏会を聴きに行くことになった。
このパイオニア、自宅の真後ろにあり、夏場は盛大なお祭りがあったりで普段から身近な存在だったが、吹奏楽団の演奏を聴くのは初めてだった。

場所は所沢文化センター“ミューズ”の大ホール。
ちょっと早めに会場に到着したが、すでに開場待ちの列が出来ていた。
まぁ大ホールだから座れるだろうと思い、子どもの一輪車に付き合って開場を待った。
お客さんの入りはまあまあ。というより満席状態。(うらやましい(市民音楽祭の時にもこれぐらい入ってくれたら))

曲が始まる。
なかなか良いサウンドだな~と思った。(さすがパイオニア、とか思ったり)
ただ、大ホールの残響に負けないぐらいの、もうちょっと明快な音が欲しかったかなとか、木管楽器もうちょっと音量が欲しいとか、偉そうな事を思ったりしたりして・・・。
でも職場の忙しい最中に、これだけの人数で練習するのは大変な苦労があっただろう割には、すばらしい演奏だったと思います。
本当に音楽が好きな方々ばかりなんだろうなと、私も同じような環境で音楽しているのでうれしく思いました。

さて本題ですが、私はバグパイプの生の音を聞いたのは生まれて初めてでした。
それゆえに、すっげ~(すばらしく)感動してしまいました。
バグパイプバンドが入場してくる時からウルウルしてしまい、吹奏楽団との競演も「スコットランド・ブレイブ」「ハイランド・キャセドラル」アンコールの時の「アメージングレース」には、感動感動また感動。
最近緩みっぱなしの涙腺が大開放状態でした。
こんなに感動したのは、初めて生のオーケストラの演奏を聞いた時以来かも知れない。(ん~何十年前かな?)
演奏が終わるたびに、ウンウンうなづきながら拍手をしてしまいました。

いや~本当にすばらしい演奏会でした。
パイオニア吹奏楽団のみなさん、今後の演奏会も期待してますよ!

コメント (4)   トラックバック (3)

ケータイたまごっち

2005年01月28日 | Weblog
ケータイたまごっちの新色が今日発売だとか。
先日子どもにせがまれて、やっとこさネットで予約でき、今日到着しました。
下記の“イーショップ・トイズ”で予約しました。
次回の予約開始は2/4正午だそうです。

イー・ショッピング・トイズ

祝 ケータイかいツー!たまごっちプラス

たまごっち関連商品

コメント (835)

アフィリエイト初売り上げ

2005年01月26日 | アフィリエイト
アフィリエイトで初売り上げがありました
何と下記のCDを買ってくださった方がいらっしゃったんですね。
感謝感激雨あられ!ありがとうございま~す。
さて初売り上げはというと145円也!!
よ~し、これからもどんどん売るぞ~!
って買ってもらえなきゃ話しにならないが・・・

ジュピター
アレキサンダー・ホルン・アンサンブル・ジャパン
インディペンデントレーベル

このアイテムの詳細を見る


コメント (2)

物思いにふける

2005年01月25日 | Weblog
伊藤守さんの1/24のブログを読んでいたら、昔のことを思い出してしまった。

むかしむかし(といっても15年ぐらい前)、ワンゲルの学生達と南アルプスの北岳(日本で2番目に高い山)に行きました。
広河原ルートで入山し白根御池小屋で一泊、二日目に北岳登頂、その後北岳山荘でキャンプをしました。
その時の話しで、就寝する前に学生達と車座になっていろいろな話しをしていた折りに、“饅頭”の話しになりました。
“饅頭”のあんはつぶあんが良いか、ねりあんが良いか。

某学生「わたしはつぶあんが良い」
某学生2「オレは練りあんのまったり感が良い」

といった具合で、標高3,000mの地でこの“饅頭”な話題は尽きることを知りませんでした。
話しは発展し、地方のお雑煮の話題、お菓子の話題、ご当地味自慢、地酒。
そんな話しをしていると、とうに就寝時間を過ぎてしまってあわててテントに入った記憶があります。

今でもちょくちょく山登りはしますが、よ~く考えてみると山登りしている時って食べ物にまつわる話題が多くなると感じます。
やっぱり体が自然と欲しているのかなと思います。

コメント

Mr.インクレディブル

2005年01月23日 | 映画・ビデオ・ドラマ
今日は子どもたちと一緒に映画を見てきた。
前から見たかったMr.インクレディブル。
いや~楽しかった。
さすがPIXARですな。
それにしても、インクことボブ・パーが勤めていた保険会社上司役はイッセー尾形に似ていた。
それと悪役のシンドロームはくりーむしちゅーの片割れに似てた。
それはそうと、トイ・ストーリーのウッディーとかファインディングニモのサメとかが、どこかの場面に出ていたらいいのだが全然分からなかったな。
DVDが出たらもう一回見て確かめてみよ。

コメント

ブログペット

2005年01月19日 | Weblog
ブログペットを飼い始めた。

黒猫なんだけど、名前はとりあえず“ブー”と名付けた。

何だかがらくたを集めるのが趣味のようで、猫なのに日記まで付けている。

彼(一応オス)のサイトはこちらです。

コメント

昨日の弁当箱

2005年01月13日 | パソコン・インターネット
昨日はMac miniの発売の話題で持ちきりだったが、ここまで来たらもっと小さなMacも開発して欲しいな。

たとえば、一辺が5cmぐらいのキューブ型のとか。
そういやキューブはあんまり売れなかった?のかな?

それとB5サイズのiBookも欲しいな~。

もっと欲を言えば背広の胸ポケットにでも入りそうなぐらいなの・・・

iMacがちっちゃくなったのも欲しいな~。


逆にiPodの巨大版とか・・・

デカたまごっちみたいにコンビニとかファーストフードに設置されていて通信すんの。
ん?なんの通信?

うぅ~それにしても物欲は尽きないな~。


コメント

弁当箱とチューインガム

2005年01月12日 | パソコン・インターネット
マックから弁当箱チューインガムが新発売!!

欲し~い

コメント (3)

たまごっち騒動

2005年01月07日 | Weblog
初代たまごっちが登場したのが1996年。
私が初めてたまごっちという言葉を聞いたのは、たしか、今は無き深夜番組のトゥナイトだったな。

当時爆発的にヒットして、たまごっちブームが巻き起こり社会現象にまでなった。
おもちゃ店は常に在庫切れの状態で、いついつ入荷されるという噂が立つと夜中から店先に行列が出来ていた。
通勤途中にこんな光景を見てあきれかえった覚えたある。
在庫不足も手伝ってか、裏では相当な値段で売り買いもされていたと記憶する。

そんなブームも3年ぐらいで陰を潜めたが、昨年また、たまごっちブームが復活した。
こんどは赤外線通信でコミュニケーション出来るのがウリのようで、これまたすぐに在庫不足状態が。
ちょうどターゲット世代のウチの子が見逃すはずもなく、買ってくれの連呼の嵐。
自分の小遣いで買うという約束でやっとのこと手に入れたようだったが、そうこうしている内にまたなんと、今度は携帯電話を介して買い物が出来るなどという機能が付いた「ケータイたまごっち」が発売されるとかなんとか。
ウチの子もしばらくはおとなしくしていたが、やっぱり欲しいのには変わりなくお年玉で買うからということで納得させられる。

だがしかし、時すでに遅く、というか売り切れるのが早すぎ。
発売日の一ヶ月後には、どのお店にもまったく無かったようで、我が家のように正月過ぎてから買おうなんてのは無謀な考えのようだった。

インターネットでいろいろと調べても、どこも完売。
ネットオークションでとも思ったが、たかだか2500円程度の物が倍の値段に跳ね上がっているのが腑に落ちなかったのでやめた。

今はネットショップの入荷通知待ちである。

なんだかな~、良いように踊らせれているような気がしてならん~。

コメント (2)

厄払い

2005年01月06日 | Weblog
明日から仕事ということで、冬休み最終日の今日、東京の神田明神へ行ってきた。

神田明神へは毎年初詣に出かけているが、今年は大厄ということもあり、厄払いも兼ねてお参りしてきた。
なぜ神田明神かというと、結婚したのが神田の式場で、神田明神の御祭神だったから。
神様もわざわざ式場まで出張されていたんですね。

神田明神には大黒様と恵比寿様が祀られており、商売繁盛の御利益もあることから、会社関係の人も大勢お払いを受けていた。
あと、平将門公も祀られていて、江戸東京の守護神とされているそうだ。

境内にはなぜか銭形平次の顔抜き看板もあったりする。
銭形平次は小説の中の架空の人物だが、神田明神の近くに住んでいたということからか、御社殿脇には銭形平次の碑もあった。

無事お払いをして頂き、なんだかすっきりしたような気分になった。
でも、おみくじを引いてみると、末吉で病気事故の災い多しと出た。
やっぱり、今年一年はおとなしくすごそう。

コメント (2)

セカチュウDVD

2005年01月05日 | アフィリエイト
『世界の中心で、愛をさけぶ』

昨年のTVドラマで一番泣けたドラマがDVDになった。
映画が上映されている頃はあんまり関心が無かったが、TVドラマになるということで見てみたところ、はまってしまった。

朔太郎と亜紀の初々しさには、自分の高校時代の頃を思い出される。
と言っても、あんな恋愛には無縁でしたが。
だからよけいに自分が朔太郎になりきってしまって、亜紀から「朔ちゃん好きよ」なんて言われた日にゃぁ~

打って変わってドラマ後半は、切なさ一杯で泣けた。
音楽がよけい切なさを際だたせた。

世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


コメント

2005年

2005年01月05日 | Weblog
今年のブログ初投稿です。
昨年暮れから福島の実家へ帰省していました。
今冬は暖冬で雪も少ないと言われていましたが、お正月に雪が有ったのは最近にしては珍しかったです。
おかけでスキー三昧でした。
さて、今年はどんな年になることでしょう。

コメント